EDGEの記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:EDGE

EDGEのタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-12-20 カップ麺
「EDGE」シリーズの新商品「チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」 今回のカップ麺は、エースコックの「タテ型 EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」。「驚き&やりすぎ」をコンセプトとした「EDGE」シリーズの新商品です。前回食べた「タテ型 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」と同時発売となっています。今回はチーズかけすぎのチリトマト味ラーメン。前回の「辛節」入れすぎに比べると味のインパクトは弱そうで、相当チー...

記事を読む

2017-12-20 カップ麺
「驚き&やりすぎ」をコンセプトにした「EDGE」シリーズの新商品 今回のカップ麺は、エースコックの「タテ型 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」。「驚き&やりすぎ」をコンセプトとした「EDGE」シリーズの新商品です。今まではビッグタテ型サイズやどんぶり型サイズで商品を出してきたシリーズですが、今回はノーマルサイズのタテ型。価格も安くなりました。同じエースコックの「MEGA」シリーズとコンセプトが被ることに加え、今まで...

記事を読む

2016-02-23 カップ麺
どうもオサーンです。前々から書いている気がしますが、私にとって天下一品のラーメンは最強です。この前、健康診断の後で羽目を外して天下一品でこってりラーメンとチャーハンを食べたんですが、いやーラーメン★10、チャーハン★9.5って感じでホント大満足でした。食べ過ぎでしばらく調子悪かったですけど。まぁこういう味覚の奴がこのブログを書いているということでw、そんな感じでこのブログを見てやってもらえればと思います...

記事を読む

2015-12-11 カップ麺
どうもオサーンです。テレビでニュースを見てたら、清水寺で盗撮行為をして逮捕された人の押収されたカメラが写っていました。そのカメラ、私が風景撮影で本気の時に使うカメラと同じ型で、ちょっと微妙な気分になりました。いや、私は当然やってませんよ。 今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン」。昨年の同じ時期にも背脂入れすぎの商品が出ています。昨年は大絶賛した記憶がありますが、今年...

記事を読む

2015-07-23 カップ麺
どうもオサーンです。500系新幹線とエヴァンゲリオンがタッグを組んで、今秋から500系新幹線がエヴァ初号機のデザインで走るそうですね。私はエヴァ全部見てこそいるもののそれほどハマったわけでもないですが、500系新幹線はホント大好きなので楽しみ。ハンサム氏なんて500系もエヴァも両方好きなので相当興奮しているのではないでしょうかw 今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼辛アブラそば」。「『驚き』と『やりす...

記事を読む

エースコック 「タテ型 EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」



「EDGE」シリーズの新商品「チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」

今回のカップ麺は、エースコックの「タテ型 EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」。「驚き&やりすぎ」をコンセプトとした「EDGE」シリーズの新商品です。前回食べた「タテ型 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」と同時発売となっています。今回はチーズかけすぎのチリトマト味ラーメン。前回の「辛節」入れすぎに比べると味のインパクトは弱そうで、相当チーズを入れすぎなければ「やりすぎ」にはならないのではないかと思いますが、果たしてどんな味になっているのでしょうか。「辛節」がなかなかすごかったが故にハードルが上がっています。食べる順番逆にすれば良かったかな。



商品概要

品名:タテ型 EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2017年12月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(ふりかけ)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「タテ型 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」



「驚き&やりすぎ」をコンセプトにした「EDGE」シリーズの新商品

今回のカップ麺は、エースコックの「タテ型 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」。「驚き&やりすぎ」をコンセプトとした「EDGE」シリーズの新商品です。今まではビッグタテ型サイズやどんぶり型サイズで商品を出してきたシリーズですが、今回はノーマルサイズのタテ型。価格も安くなりました。同じエースコックの「MEGA」シリーズとコンセプトが被ることに加え、今まで出た商品のデキの良さも「MEGA」シリーズが大きく上回っていたように感じていたので、今回のサイズ&価格変更は住み分けできて良い判断なのではないかと思います。今回食べる「辛節かけすぎカレーうどん」とともに「チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」も同時発売されており、そちらも近いうち食べる予定です。まずはより気になったこちら「辛節かけすぎカレーうどん」から食べてみたいと思います。「辛節」というのは魚介粉と唐辛子の混合物で、カップ麺ではあの名作「辛辛魚」が思い浮かびますね。年に1回しか発売されない「辛辛魚」の禁断症状が出ている方にはうってつけの商品かもしれませんね。今回カレーうどんなのでだいぶ毛色が違いますけどね。



商品概要

品名:タテ型 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん
メーカー:エースコック
発売日:2017年12月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(スパイス)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」



どうもオサーンです。前々から書いている気がしますが、私にとって天下一品のラーメンは最強です。この前、健康診断の後で羽目を外して天下一品でこってりラーメンとチャーハンを食べたんですが、いやーラーメン★10、チャーハン★9.5って感じでホント大満足でした。食べ過ぎでしばらく調子悪かったですけど。まぁこういう味覚の奴がこのブログを書いているということでw、そんな感じでこのブログを見てやってもらえればと思います。

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」。今回のEDGEシリーズは、シリーズ初のシビレですね。パッケージのラムちゃんとタッグを組んで、我々をどうシビレさせるのか注目です。





スープは、「ポークベースの味噌スープに、激辛スパイスと激辛調味油で仕上げる、見た目にも味にもインパクトのあるやみつきになる一杯」とのこと。これは強烈なシビレです。おそらく花椒かと思われますが、今までのシビレ系商品の中でもダントツでしょうねこれは。辛さも強く、EDGEの名の通り物凄いことになっています。ここは素直に評価すべきところ。反面、スパイスの強さに比してベースのスープのほうがちょっと弱く、スパイスが前に出すぎている印象を受けました。このバランスの悪さはある程度スパイスを食べてしまうことで解決しますが、この商品はスパイスを完全に混ぜ切ってから食べる方がいいでしょうね。よく味わうと魚粉系の味が感じられ、一応いろいろやろうとしているのですが、とにかくシビレでよくわかりません。

は、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めんで」、「適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。エースコックのタテ型ではよく見る太い油揚げ麺です。結構主張の強い麺のはずですが、今回の強烈スパイスのスープの前では非力です。もうちょっと麺の主張があったほうが良いんじゃないかと思えるくらいです。ただこんなスープに張り合える麺なんておそらくないのでしょうがないことですね。

は、「シャキシャキとした食感のキャベツ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。甘いキャベツが激辛スープの中で一服の清涼剤になっている・・・といいたいところですが、シビれが強すぎてキャベツの味がよくわからないw でもこの商品のコンセプト的にこれは勲章ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
EDGEシリーズ今までいろいろ出てきましたが、今回のシビレは最強クラス間違いないと思います。ホント凄いです。よくここまでやるなぁと感心してしまいます。反面、シビレが強すぎて他の味がついてこれないところが欠点ですかね。みその味も魚介の味も完全にシビレに圧されてしまっています。ただ、この商品のやりたかったことはしっかりやりきったんじゃないかなぁと感じられる思いきった商品で好感持てました。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン」



どうもオサーンです。テレビでニュースを見てたら、清水寺で盗撮行為をして逮捕された人の押収されたカメラが写っていました。そのカメラ、私が風景撮影で本気の時に使うカメラと同じ型で、ちょっと微妙な気分になりました。いや、私は当然やってませんよ。

今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン」。昨年の同じ時期にも背脂入れすぎの商品が出ています。昨年は大絶賛した記憶がありますが、今年は私オサーン1年加齢しているわけでして、油に対する考え方がちょっと変化しております。その辺の事情も含めて読んでいただけたらと思います。





スープは、「ポークをベースにした豚骨醤油ラーメンに、背脂をやりすぎなくらい使用したスープに仕上げ」、「アブラを20%増量し、より脂の旨味・甘みが感じられる商品となってい」るとのこと。とにかく油です、背脂はどろどろで、それに加えて透明な油まで加えます。豚脂ではあるんですが、大量の油を入れる割には味としてはホントただ油が入っているだけな感じ。とんこつ臭は感じないけど味の濃いとんこつしょうゆのスープに大量の油、徹底的なのは認めるところだけど、食べる人の健康のことは一切考えられていないですよね。EDGEというコンセプトで油というのはちょっとどうなんだろうと思わなくはないです。そして前回から油が増量されているにもかかわらず、油の量が味的に帰結していないように感じられるのもちょっと残念でした。どうせ大量の油を摂取しなきゃいけないなら、せめてもっと豚脂の風味が強く効かせられるようなものが良かったですね。

は、「しっかりとした噛み応えのある太めんで」、「めんに適度な味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。中太の油揚げ麺です。スープの味が濃くて大量の油まで加わっているので、麺自体の味はそれほど感じませんでした。そして、大量の油のスープに加えて油揚げ麺!というところもまた、ちょっとどうなんだろうと思ってしまいます。

は、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、風味の良い揚げ玉、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。いやはやここにも揚げ玉という油がw こんなに油が入っていると揚げ玉だか背脂だか味なんかわかりませんよ。まぁでもやりすぎるくらいにやるというところは評価できます。全体油だらけのカップの中で、キャベツが唯一のオアシスでした。ただ油もちょっと甘いしキャベツも甘いんですよね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
大量の背脂に加えて追加のよくわからない油、そして具に揚げ玉まで入って(ついでに油揚げ麺!)、とにかく徹底的に油だらけの一杯でした。コンセプト的にはEDGEのコンセプト通りでとても評価できると思います。反面、これだけ全面的に油というのは、ちょっとメーカーは食べる人の健康の事考えてくれているのかな、と心配になってしまいもします。徹底的なのは認めますが、EDGEのコンセプトに油というのは向いてないんじゃないかなと感じました。

追伸:食べ終わって胸焼けになりましたw

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「EDGE 鬼辛アブラそば」



どうもオサーンです。500系新幹線とエヴァンゲリオンがタッグを組んで、今秋から500系新幹線がエヴァ初号機のデザインで走るそうですね。私はエヴァ全部見てこそいるもののそれほどハマったわけでもないですが、500系新幹線はホント大好きなので楽しみ。ハンサム氏なんて500系もエヴァも両方好きなので相当興奮しているのではないでしょうかw

今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼辛アブラそば」。「『驚き』と『やりすぎ』でEDGEを効かせたブランド」との「EDGE」シリーズの新作です。前作「タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン」がおいしかったので今回も楽しみです。





スープは、「しょうゆに、ポークエキス、ガーリックなどを加えることで、チャーシューだれのようにほんのりと甘みのあるしょうゆだれに仕上げ」、「別添の激辛スパイスを加えることでガツンと辛みが利いた美味しさが楽しめ」るとのこと。しょうゆベースのたれに唐辛子と魚粉の入った激辛スパイスがのるという構成ですが、「鬼辛」というほど辛くはないというのが一番の印象でした。前作の鬼辛はかなり辛かったんですが、今回ももちろん辛いのが苦手な人が食べても大丈夫というような辛さではないものの、特別に辛いという感じはしなかったです。そして油そばとしてのしょうゆだれですが、激辛スパイスと良さを消しあってしまっている感じがして、単にしょうゆだれに唐辛子がのっているだけで、たれの豚脂やガーリック、スパイス中の魚粉が前に出てきていないように思いました。普通に辛いものを食べたいと思うなら悪い商品ではないと思いますが、これはEDGEであり鬼辛であり油そばだということを考えると、もうちょっと作りこみが必要なのんじゃないかと感じられました。

は、「しっかりとしたコシと弾力を併せもつ太めん」とのこと。太い油揚げ麺で硬め、弾力があります。油揚げ麺臭は盛大ですが、濃いたれと激辛スパイスの存在感が大きいため、太麺との相性はバッチリでした。これくらい太くないと麺の存在は消えてしまうんじゃないかと思います。

は、「程良く味付けしたメンマ、彩りの良いなると、唐辛子」とのこと。具は非常に少ないです。オマケ程度です。メンマの風味はたれとよくあっていますが、もっと量が欲しかったですね。ただこの商品の場合、唐辛子と魚粉のスパイスが具のようなものなので、そう考えると量としてはしょうがないのかなと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
今回のEDGEも唐辛子と魚粉のスパイスが入っていましたが、しょうゆだれとこのスパイスを潰し合いをしている印象を受け、ちょっと残念な商品でした。前作のとんこつスープはそれができていたのでおいしかったしコンセプトをきちんと活かしていましたが、今回は油そば要素も激辛要素も魚粉要素も中途半端でした。ただ、おいしくないわけではないので、ネタとして食べてみるのは悪くない選択だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加