東洋水産の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:東洋水産

東洋水産のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-08-09 カップ麺
商品名に「RED」が入る、唐辛子を効かせた「でかまる」の汁なし担々麺 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺」。2018年8月6日発売の、「でかまる」シリーズの新商品です。来週発売の「RED旨辛とんこつラーメン」とともに、唐辛子を効かせた「RED」がテーマの商品となっています。なんだかAppleの商品みたいですね。 2週連続で発売される「でかまる」の「RED」をテーマとした商品で、まず今週は...

記事を読む

2018-08-05 カップ麺
青森のご当地ラーメン「津軽煮干しラーメン」を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」。2018年6月11日にリニューアル発売された「日本うまいもん」シリーズの商品です。リニューアル発売から時間が経過してしまいましたが、発売中の現行商品なので食べてみたいと思います。「日本うまいもん」シリーズの現行品には、この商品の他に「旭川正油ラーメン」やタ...

記事を読む

2018-08-03 カップ麺
「中華そば しば田」は「中華そば」に続き「煮干しそば」もカップ麺化 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 中華そば しば田 煮干しそば」。2018年7月30日発売の新商品で、東京調布の名店「中華そば しば田」の「煮干しそば」を再現した商品です。 「中華そば しば田」とは? 「中華そば しば田」は、東京都調布市にあるラーメン店で、鴨だししょうゆ味の「中華そば」と「煮干しそば」が2枚看板のお店です。京王線の...

記事を読む

2018-08-02 カップ麺
これまで地味な印象だった「中華風」のカップ焼そば 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば」。2018年7月23日発売の、「昔ながらのソース焼そば」シリーズの新商品です。発売1週遅れですが食べてみたいと思います。 私の周辺では、発売週にどこの店にも置いておらず諦めていましたが、翌週になってドンキで見つけて購入、その後にスーパーでも見かけるようになりました。ドンキではかなりデ...

記事を読む

2018-07-28 カップ麺
イトーヨーカドーで手に入れたセブンでは見かけない廉価カップ焼そば2点 今回は、セブンプレミアムの廉価カップ焼そば2点、「セブンプレミアム ソース焼そば」と「セブンプレミアム 塩焼そば」を食べ比べてみたいと思います。どちらも2018年7月16日にリニューアル発売された商品で、製造は東洋水産が担当しています。セブンプレミアムの商品ですが、セブンイレブンで見かけたことはなく、今回はイトーヨーカドーで入手しました。...

記事を読む

「RED」を冠した汁なし担々麺!!東洋水産 「マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺」



商品名に「RED」が入る、唐辛子を効かせた「でかまる」の汁なし担々麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺」。2018年8月6日発売の、「でかまる」シリーズの新商品です。来週発売の「RED旨辛とんこつラーメン」とともに、唐辛子を効かせた「RED」がテーマの商品となっています。なんだかAppleの商品みたいですね。

2週連続で発売される「でかまる」の「RED」をテーマとした商品で、まず今週は人気のフレーバーである「汁なし担々麺」から。大盛カップ麺の「でかまる」なので、汁なし担々麺を大盛の麺量で食べられる貴重な商品となっています。辛さに加え、シビレも重要な要素となる汁なし担々麺で、「RED」と商品名に入り、パッケージも真っ赤で、ご丁寧に唐辛子の絵まで描かれています。そうなると相当辛くて刺激的な味を想像してしまいますが、「でかまる」シリーズだと購買層のレンジが広いため、なかなか極端な辛さにはし難いイメージもあり、果たしてどちらなのでしょうか。



商品概要



品名:マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺
メーカー:東洋水産
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・粉末ソース・レトルト調理品)
定価:税別220円
取得価格:税込214円(コープ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」



青森のご当地ラーメン「津軽煮干しラーメン」を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」。2018年6月11日にリニューアル発売された「日本うまいもん」シリーズの商品です。リニューアル発売から時間が経過してしまいましたが、発売中の現行商品なので食べてみたいと思います。「日本うまいもん」シリーズの現行品には、この商品の他に「旭川正油ラーメン」やタテ型の「吉田のうどん」、東北限定の「青森味噌カレーミルクラーメン」があります。

青森県にはいくつか特徴のあるラーメンが存在し、今回の「津軽煮干しラーメン」は青森市を含む広義の津軽地方で食べられているラーメンです。煮干しの効いたスープが特徴で、味はしょうゆ、しお、みそといろいろあるようです。今回のカップ麺はしょうゆ味です。青森県には他にも青森市の「味噌カレー牛乳ラーメン」や、五所川原市の「しじみラーメン」という特徴的なラーメンがあります。前者はカップ麺で、後者は桃鉄のお店でも有名ですよね。

このブログではこの商品を2014年4月にも1度食べているので、今回約4年ぶりの再会となります。当時は今ほど煮干しのカップ麺が浸透していなかったですが、今では有力な味のひとつになっています。今回の一杯は果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要



品名:マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ
メーカー:東洋水産
発売日:2018年6月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別240円
取得価格:税込259円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中華そばしば田」は東京調布の名店!!東洋水産 「マルちゃん 中華そば しば田 煮干しそば」



「中華そば しば田」は「中華そば」に続き「煮干しそば」もカップ麺化

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 中華そば しば田 煮干しそば」。2018年7月30日発売の新商品で、東京調布の名店「中華そば しば田」の「煮干しそば」を再現した商品です。

「中華そば しば田」とは?

中華そば しば田」は、東京都調布市にあるラーメン店で、鴨だししょうゆ味の「中華そば」と「煮干しそば」が2枚看板のお店です。京王線の仙川駅から徒歩10分ほどの距離で、それほど交通の便が良いわけではありませんが、行列の絶えないようです。「中華そば」の方はすでに今回と同じ東洋水産から2度カップ麺化されており(1回目 2回目)、今回はもう一方の看板メニュー「煮干しそば」の再現となります。「TRYラーメン大賞2017-18」の「名店部門 にぼし」で1位を獲得したことによるカップ麺化です。

以前出ていた「中華そば しば田 中華そば」はかなりおいしい商品でしたが、今回の「煮干しそば」は果たしてどうでしょうか。楽しみな一杯です。



商品概要



品名:マルちゃん 中華そば しば田 煮干しそば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年7月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別210円
取得価格:税込224円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば」



これまで地味な印象だった「中華風」のカップ焼そば

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば」。2018年7月23日発売の、「昔ながらのソース焼そば」シリーズの新商品です。発売1週遅れですが食べてみたいと思います。

私の周辺では、発売週にどこの店にも置いておらず諦めていましたが、翌週になってドンキで見つけて購入、その後にスーパーでも見かけるようになりました。ドンキではかなりディスカウントされて売られており、初動の売れ行きが良くなくて卸値を下げたのかなと勘ぐってしまいましたが実際どうなんでしょうか。

「中華風」のカップ焼そばは今までにも「UFO」や「やき弁」、「ペヤング」などからも発売されてきましたが、ソース焼そばに比べるとどうにも地味な印象で、私なんかはあまり食指が動きません。「餃子の王将」の東日本のメニューでは焼そばの味に「ソース」と「醤油」がありますが、中華風な「醤油」よりもついつい「ソース」を選んでしまいます。王将の場合、「ソース」でも結構中華っぽくて、ちょっと高額な「極王焼そば」だとソース焼そばのイメージに近くなります。焼そばはどうしても中華のイメージよりもお祭りの屋台とかお好み焼きと同じ鉄板で調理されるソース焼そばのイメージが強いんですよね。

今まで出てきた「中華風」のカップ焼そばも総じて地味な味で、カップ麺らしくもっと極端に中華っぽくする方が面白いのになと感じたことが多かったように思います。今回の商品では、わかりやすく「中華風」を表現してくれることに期待したいです。



商品概要



品名:マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税別70円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムのカップ焼そば2種を食べ比べ 「ソース焼そば」と「塩焼そば」



イトーヨーカドーで手に入れたセブンでは見かけない廉価カップ焼そば2点

今回は、セブンプレミアムの廉価カップ焼そば2点、「セブンプレミアム ソース焼そば」と「セブンプレミアム 塩焼そば」を食べ比べてみたいと思います。どちらも2018年7月16日にリニューアル発売された商品で、製造は東洋水産が担当しています。セブンプレミアムの商品ですが、セブンイレブンで見かけたことはなく、今回はイトーヨーカドーで入手しました。おそらくコンビニでは売られず、スーパー等の限定商品なのではないかと思います。この商品に限らず、スーパーでしか見かけないセブンプレミアムの商品は多く、逆にセブンでしか見ないセブンプレミアムも多いです。

今回の2つの商品がコンビニで並ばないのはおそらく、税込95円という価格設定により他の商品の売り上げを食ってしまうからだと思われます。さすがにコンビニでカップ焼そばが95円で置かれてしまうと、他の焼そばの売れ行きに大きく影響しそうですよね。他社PB商品と同じくらいの価格設定で、且つ「セブンプレミアム」というブランド力は大きいので、セブンに置いてしまうのはなかんか厳しいように思います。逆に他のスーパーチェーンに対しては、95円で買える「セブンプレミアム」カップ焼そばというのは大きなアドバンテージかと思われます。名前はあげませんが他のスーパーのPBブランドに比べて「セブンプレミアム」のイメージは絶大ですよね。

関係ない話に脱線しますが、この記事はカフェで書いていて、実は窓の向こうの目の前で地域の夏祭りが絶賛開催されています。いやーすごい人だかりです。浴衣着た人とか走り回る子供とか。夏祭りでの食事といえば「焼そば」が当然想起されるもので、目の前で食べている人もいます。私は人混みは嫌いだけどあの焼そばは食べたい!目の前で本物の夜店の焼そばが買える状況で、カップ焼そばの記事を書くにはなんだかアウェーな環境の気がしてきましたが、しっかり書きたいと思います。



内容物の比較



左が「ソース焼そば」で、右が「塩焼そば」。どちらも小袋は3つずつですが、「やき弁」や「バゴォーン」のようなスープの素はついていません。「ソース焼そば」が中細麺で「塩焼そば」が細麺を使用しており、「ソース焼そば」の麺はしょうゆが練り込まれていてちょっと黒っぽいです。また、どちらもかやくは野菜が中心で肉は入っておらず、具のクオリティは他社のPB商品並のように見えます。

商品概要

品名:セブンプレミアム ソース焼そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産製造)
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース+ふりかけ・かやく・特製油)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(イトーヨーカドー)

商品概要

品名:セブンプレミアム 塩焼そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産製造)
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・スパイス)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(イトーヨーカドー)

「セブンプレミアム」の商品でどちらも税込95円なのは、お得感があります。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加