日清麺職人の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:日清麺職人

日清麺職人のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-09-17 カップ麺対決食べ比べ
【担々麺】での日清麺職人vsマルちゃん麺づくり対決! 今回は、「日清麺職人」と「マルちゃん麺づくり」の比較第3弾として、日清食品の「日清麺職人 担々麺」と、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 担担麺」を食べ比べます。だいぶ昔に食べ比べた時には日清麺職人の方がおいしいと判断していましたが、今回の比較ではしょうゆで引き分け、みそでは麺づくりの勝ちと判断し、麺づくりに過去とはだいぶ違う良い印象を持つようになりま...

記事を読む

2017-09-17 カップ麺対決食べ比べ
リニューアルされた日清麺職人とマルちゃん麺づくりの、今度は 【みそ味】対決! 今回は、日清食品の「日清麺職人 みそ」と、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 合わせ味噌」を食べ比べます。今週頭に【しょうゆ味】で両者を食べ比べましたが、今度はみそ味です。みそ味といえばこってり系のイメージがあり、それに対して日清麺職人やマルちゃん麺づくりは比較的あっさり味に仕上げてくるので、どうしてもみそ味とシリーズの相性が...

記事を読む

2017-09-11 カップ麺対決食べ比べ
どちらもリニューアルされた日清麺職人vsマルちゃん麺づくりの【しょうゆ味】対決! 今回は、日清食品の「日清麺職人 しょうゆ」と、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油」を食べ比べます。この両者、言わずと知れたノンフライカップ麺の売れ線商品。マルちゃん麺づくりがまず爆発的にヒットし、それを追いかけるように日清麺職人が登場しました。似たような系統の商品なのに、スーパーに行くとどちらも置いていることが...

記事を読む

2017-08-22 カップ麺
一斉リニューアルした「日清麺職人」シリーズの新作 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 柚子しお」。「日清麺職人」シリーズの全面リニューアルに合わせて新発売された商品になります。「柚子しお」味は初登場ですが、今まであった「野菜しお」味と置き換わる形となっています。今回の「日清麺職人」シリーズの全面リニューアルでは、麺が全粒粉使用のものに替わりました。日清麺職人でしお味といえば、今年6月に発売され...

記事を読む

2017-06-13 カップ麺
カロリーと脂質が少ない今回の沖縄そば 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 沖縄そば」。「日清麺職人」シリーズの新作です。前回紹介した「函館」との同時発売です。「函館」は完全新作でしたが、こちら沖縄そばは昨年にも発売されていました。各社、6月7月あたりに沖縄そばの新商品が活性化するようで、これから暑くなる季節柄、沖縄の南国イメージと相性が良いのでしょうか。夏バテで胃が弱っている時に食べるラーメン...

記事を読む

2017-06-13 カップ麺
ご当地ラーメン化が進む「日清麺職人」 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 函館しお」。ノンフライ麺の定番シリーズのひとつである「日清麺職人」の新作で、一緒に昨年発売された「沖縄そば」も改めて発売されています。今年3月には「仙台」と「広島」も発売されており、麺職人はこれからどんどんご当地ラーメン化が進んでいくのでしょうか。今回は函館のご当地ラーメンであるしおラーメン。全国的な知名度もそれなりにあ...

記事を読む

2017-05-29 カップ麺
今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 仙台辛味噌」。前回食べた広島醤油とんこつと同様、2017年3月20日に発売された商品です。 商品概要 品名:日清麺職人 仙台辛味噌 メーカー:日清食品 発売日:2017年3月20日(月) 麺種別:ノンフライ麺 かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく) 定価:税込180円 取得価格:税込149円(マックスバリュ)...

記事を読む

2017-05-28 カップ麺
広島ラーメンとは 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 広島醤油とんこつ」。2017年3月20日に発売された商品なのでもう新商品とは言えませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。広島のご当地ラーメンと言えば尾道ラーメンや福山ラーメンと並び、広島市のラーメンとしてしょうゆとんこつのラーメンは全国的に有名です。他にも広島市には魚介の入った新広島ラーメンとか汁なし担々麺があり、特に汁なし担々麺は急速...

記事を読む

2017-04-21 カップ麺
今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 わかめ醤油」。日清の定番シリーズ、「日清麺職人」の新作です。今回はわかめにクローズアップした商品ですが、見た感じどうにもエースコックのわかめラーメンと似ている気がします。「わかめ」のフォントの色もそっくりだし、わかめにコーンに白ゴマの構成もよく似ています。業界の盟主として、わかめラーメンのことはエースコックに任せておく余裕が欲しいような気がしますが、最近の...

記事を読む

2016-01-14 カップ麺
どうもオサーンです。無事ソロでHR解放できたモンハンクロスですが、その後はクエスト失敗こそないものの結構苦戦しています。普通なら5分前後で倒せるイャンクックですが、獰猛化イャンクックだと15分位かかってちょっとやばいと思い、獰猛化イャンガルルガ相手には40分弱かかり、そして得意なはずのセルレギオスも獰猛化すると40分以上かかってしまいました。これだけ時間がかかってくると気力が削がれていきますね。ソロでやっ...

記事を読む

【食べ比べ】 日清麺職人 vs マルちゃん麺づくり 【担々麺】



【担々麺】での日清麺職人vsマルちゃん麺づくり対決!

今回は、「日清麺職人」と「マルちゃん麺づくり」の比較第3弾として、日清食品の「日清麺職人 担々麺」と、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 担担麺」を食べ比べます。だいぶ昔に食べ比べた時には日清麺職人の方がおいしいと判断していましたが、今回の比較ではしょうゆで引き分け、みそでは麺づくりの勝ちと判断し、麺づくりに過去とはだいぶ違う良い印象を持つようになりました。リニューアルで見直した部分がことごとくハマっている感じがして、今回の担々麺でも期待できそうです。過去2回では特に麺の変化が顕著で、しっとりした自然な食感の多加水麺で、格段においしくなっていました。担々麺では果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:日清麺職人 担々麺
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月21日
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

品名:マルちゃん 麺づくり 担担麺
メーカー:東洋水産
発売日:2017年9月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【食べ比べ】 日清麺職人 vs マルちゃん麺づくり 【みそ味】



リニューアルされた日清麺職人とマルちゃん麺づくりの、今度は 【みそ味】対決!

今回は、日清食品の「日清麺職人 みそ」と、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 合わせ味噌」を食べ比べます。今週頭に【しょうゆ味】で両者を食べ比べましたが、今度はみそ味です。みそ味といえばこってり系のイメージがあり、それに対して日清麺職人やマルちゃん麺づくりは比較的あっさり味に仕上げてくるので、どうしてもみそ味とシリーズの相性が悪いように感じています。どちらも今回のリニューアルで、そのあたりに変化が生じているのかも楽しみにしたいと思います。それでは日清麺職人vsマルちゃん麺づくりの対決第2弾行ってみます。



商品概要

品名:日清麺職人 みそ
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月21日
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

品名:マルちゃん 麺づくり 合わせ味噌
メーカー:東洋水産
発売日:2017年9月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【食べ比べ】 日清麺職人 vs マルちゃん麺づくり 【しょうゆ味】



どちらもリニューアルされた日清麺職人vsマルちゃん麺づくりの【しょうゆ味】対決!

今回は、日清食品の「日清麺職人 しょうゆ」と、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油」を食べ比べます。この両者、言わずと知れたノンフライカップ麺の売れ線商品。マルちゃん麺づくりがまず爆発的にヒットし、それを追いかけるように日清麺職人が登場しました。似たような系統の商品なのに、スーパーに行くとどちらも置いていることが多いですよね。日清麺職人が8月に、そしてマルちゃん麺づくりが今週リニューアルされたので、これを機に食べ比べをしてみたいと思います。まずは【しょうゆ味】なんですが、しょうゆ味はだいぶ昔にこのブログで食べ比べをしています。その時は日清麺職人の圧勝で、キリッとしたスープ、麺のデキも日清麺職人が大きく上回っていると感じました。マルちゃん麺づくりは食べる必要ないという烙印すら自分の中では押したくらいです。年月が経ち、リニューアルを繰り返すことで、果たして両者の力関係が変化したのか、とても楽しみです。



商品概要

品名:日清麺職人 しょうゆ
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月21日
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・焼のり)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

品名:マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油
メーカー:東洋水産
発売日:2017年9月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:(液体スープ・かやく・焼のり)
定価:税別180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 柚子しお」



一斉リニューアルした「日清麺職人」シリーズの新作

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 柚子しお」。「日清麺職人」シリーズの全面リニューアルに合わせて新発売された商品になります。「柚子しお」味は初登場ですが、今まであった「野菜しお」味と置き換わる形となっています。今回の「日清麺職人」シリーズの全面リニューアルでは、麺が全粒粉使用のものに替わりました。日清麺職人でしお味といえば、今年6月に発売された「函館しお」味が強烈に印象に残っていて、細くて粘り気を感じる甘い味の麺は、シリーズ最高傑作かと思わせるデキの麺でした。今回は全粒粉使用ということでその麺とは違うようですが、「函館しお」に近いデキの商品を期待したいところです。



商品概要

品名:日清麺職人 柚子しお
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月21日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込113円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 沖縄そば」



カロリーと脂質が少ない今回の沖縄そば

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 沖縄そば」。「日清麺職人」シリーズの新作です。前回紹介した「函館」との同時発売です。「函館」は完全新作でしたが、こちら沖縄そばは昨年にも発売されていました。各社、6月7月あたりに沖縄そばの新商品が活性化するようで、これから暑くなる季節柄、沖縄の南国イメージと相性が良いのでしょうか。夏バテで胃が弱っている時に食べるラーメンとしては、沖縄そばはサッパリしていて油分も少なく、胃に優しいとも言えるでしょう。実際に今回の商品はカロリーが237kcalしかなく、スープに至ってはなんと9kcal!こんな低カロリーのスープ記憶にありません。脂質も1.6gしかなく、この商品は別に健康志向を謳っていないですが、カロリーと塩分だけ見ればかなりヘルシーです。塩分は普通のカップ麺並に入っていますけどね。



商品概要

品名:日清麺職人 沖縄そば
メーカー:日清食品
発売日:2017年6月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・紅生姜)
定価:税別180円
取得価格:税込159円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 函館しお」



ご当地ラーメン化が進む「日清麺職人」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 函館しお」。ノンフライ麺の定番シリーズのひとつである「日清麺職人」の新作で、一緒に昨年発売された「沖縄そば」も改めて発売されています。今年3月には「仙台」と「広島」も発売されており、麺職人はこれからどんどんご当地ラーメン化が進んでいくのでしょうか。今回は函館のご当地ラーメンであるしおラーメン。全国的な知名度もそれなりにあるご当地ラーメンの定番のひとつですね。しおラーメンとしてはどちらかというと味がハッキリ且つこってりしているイメージですが、それでもしおラーメンは油揚げ麺だとスープがぶち壊しになる場合が結構あるので、今回のようにノンフライ麺で出てくれると少し安心します。パッケージに函館の夜景写真が用いられていてなんだかオシャレなこの一杯、果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:日清麺職人 函館しお
メーカー:日清食品
発売日:2017年6月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込159円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 仙台辛味噌」



今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 仙台辛味噌」。前回食べた広島醤油とんこつと同様、2017年3月20日に発売された商品です。



商品概要

品名:日清麺職人 仙台辛味噌
メーカー:日清食品
発売日:2017年3月20日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税込180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 広島醤油とんこつ」



広島ラーメンとは

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 広島醤油とんこつ」。2017年3月20日に発売された商品なのでもう新商品とは言えませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。広島のご当地ラーメンと言えば尾道ラーメンや福山ラーメンと並び、広島市のラーメンとしてしょうゆとんこつのラーメンは全国的に有名です。他にも広島市には魚介の入った新広島ラーメンとか汁なし担々麺があり、特に汁なし担々麺は急速に知名度が広がってきている状況です。広島ってかなりのラーメン激戦区ですね。私のような巨人ファンとしては、広島で赤いカップとなると、おとなげなくワンサイドでボコってくる鯉の形をした悪夢が思い浮かんで怖さで身が震えますが、今日の試合は頑張ってくれると信じて広島ラーメンを食べる援護射撃をしようと思います。かなり後方からですが。



商品概要

品名:日清麺職人 広島醤油とんこつ
メーカー:日清食品
発売日:2017年3月20日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税込180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 わかめ醤油」



今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 わかめ醤油」。日清の定番シリーズ、「日清麺職人」の新作です。今回はわかめにクローズアップした商品ですが、見た感じどうにもエースコックのわかめラーメンと似ている気がします。「わかめ」のフォントの色もそっくりだし、わかめにコーンに白ゴマの構成もよく似ています。業界の盟主として、わかめラーメンのことはエースコックに任せておく余裕が欲しいような気がしますが、最近の日清食品は積極的に他社の強い領域に踏み込んでいってるように思います。あんまり日清食品にはとってもらいたい戦略ではないのですが、これで味がエースコックと全然違ったなら、そして全然違うのに味の完成度が高かったなら、改めて尊敬の眼差しで日清食品を見たいと思います。果たしてどんな味なのでしょうか。食べるのちょっと怖いです。



商品概要

品名:日清麺職人 わかめ醤油
メーカー:日清食品
発売日:2017年4月17日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・スパイス)
定価:税別180円
取得価格:税込125円(西友)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 柚子香るとろみ醤油」



どうもオサーンです。無事ソロでHR解放できたモンハンクロスですが、その後はクエスト失敗こそないものの結構苦戦しています。普通なら5分前後で倒せるイャンクックですが、獰猛化イャンクックだと15分位かかってちょっとやばいと思い、獰猛化イャンガルルガ相手には40分弱かかり、そして得意なはずのセルレギオスも獰猛化すると40分以上かかってしまいました。これだけ時間がかかってくると気力が削がれていきますね。ソロでやっていると同じモンスターを繰り返し倒して素材を入手するのがとても億劫になり、結局武器も防具もひとつ作ったらずっと同じものを使い続けちゃっていて、相手ごとに属性を変えられないのがが苦戦の1つの原因かもしれません。獰猛化モンスターよりさらに強い二つ名モンスターとか、これは私の腕だとソロじゃ無理っぽいですね。まだ下位にいるハンサム氏早く頼むよ(泣)

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 柚子香るとろみ醤油」。最近はちょいちょい麺職人シリーズの新作が出てうれしいですね。以前にもちょっと書いた気がしますが、このブログを始めたきっかけが麺職人のおいしさに感動したからだったので、ちょっと思い入れが強いシリーズなんですよね。その当時よりも麺は着実においしくなっています。





スープは、「昆布のだしを利かせたとろみのある和風醤油スープ」で、「柚子がほんのりと香るすっきりとした味わいに、唐辛子で辛みのアクセントを加え」たとのこと。魚介と昆布の旨みを感じるスープで、強めのとろみがあります。とろみがあることで麺とよく絡むため、いつもの麺職人に比べて濃いスープの印象を受けます。柚子の香りもしっかり感じられ、魚介と柚子のバランスがとても良いです。こりゃ180円の商品としては別格のうまさですな。このスープがこの値段で本当に良いのだろうかと思うレベルです。

は、「"まるで、生めん。" のような食感の3層ノンフライ麺」で、「とろみのある和風スープにマッチするしなやかな中細ストレート麺」とのこと。いつもの麺職人のモチっとしたノンフライ麺で、この価格帯どころか高価格帯で出してもレベルの高い麺です。麺自体の地の甘い味が強い麺でこれがまたスープとよくあいます。なんてレベルの高さなんだ!!麺の自己主張が適度でスープときちんとマッチしています。

は、「柚子の皮、白髪ネギ」とのこと。さすがにこれだけのスープと具の前ではこの価格帯だと具はしょぼいです。千切りの柚子とネギが入っていますが、そんなに量は多くないです。そして説明には書かれていませんが、赤い粒がスープに浮いており、これは唐辛子かと思われます。この唐辛子がピリ辛程度の辛さがあり、魚介と柚子のスープの中でなかなかいいアクセントとして機能しています。色合いもいいですよね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
ちょっとケチのつけようのないものすごくレベルの高い一杯でした。とろみの効果か麺職人としては濃厚なスープに仕上がっており、魚介と柚子と昆布の旨みがバランスとれておいしかったです。かねてからのこのシリーズの麺のレベルの高さやアクセントとしての唐辛子の効果も相まり、180円の商品とは思えませんでした。これは渾身のデキなんじゃないですかね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます