日清食品の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:日清食品

日清食品のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-10-06 カップ麺対決食べ比べ
ロングセラー商品「江戸そば」と「京うどん」がこのブログ初登場! 今回のカップ麺は、日清食品の「日清の江戸そば」と「日清の京うどん」の2品。2016年8月22日にリニューアルされている「日清のこだわり素材シリーズ」の商品です。リニューアルからだいぶ経ってしまっているので新商品ではないですが、今週は新商品の発売が少なく、またこの「日清のこだわり素材シリーズ」の商品をこのブログでは食べたことがなかったので、この...

記事を読む

2018-10-02 カップ麺
あの「麺屋一燈」の鶏白湯スープを再現したカップ麺 今回のカップ麺は、日清食品の「麺屋一燈 ホタテ鶏油の濃厚魚介ラーメン」。2018年10月2日発売の、ローソン限定発売のの新商品です。東京新小岩にある超行列店「麺屋一燈」の味を再現したカップ麺です。 「麺屋一燈」は、東京では言わずと知れた名店中の名店で、いつ行っても行列が絶えない超人気店です。私もぜひとも一度訪れたいと思っているのですが、出張時の限られた時...

記事を読む

2018-10-01 カップ麺
「どん兵衛」新商品は汁なしタイプのすき焼きうどん 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 汁なし牛すき風うどん」。2018年10月1日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。今回は湯切りして食べる汁なしタイプのうどん商品となっています。 「日清のどん兵衛」シリーズは、これまでにも「焼うどん」で汁なし商品を発売していますが、今回は「焼うどん」ではなく「汁なしうどん」で、純粋な汁なしうどんは今...

記事を読む

2018-09-24 カップ麺
日本で人気の「バターチキンカレー」がカップヌードル化! 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル インド風バターチキンカリー」。2018年9月24日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。「トムヤムクンヌードル」や「シンガポール風ラクサ」と同じ、「カップヌードル エスニックシリーズ」のカップ麺となっています。 「バターチキンカリー」は、ここ数年で日本でもすっかり定番化したインドカレーです。無...

記事を読む

2018-09-23 カップ麺
トムヤムクンの「ナムサイ」を再現した「パクチーワイルド」 今回のカップ麺は、日清食品の「スパイスキッチン トムヤムクンフォースープ パクチーワイルド」。2018年9月10日発売の、「スパイスキッチン」シリーズの新商品です。「スパイスキッチン トムヤムクンフォースープ」は以前から続いている商品ですが、今回は「パクチーワイルド」と「スパイスキッチン トムヤムチキンフォースープ ココナッツマイルド」の2種類が同時発...

記事を読む

「日清の江戸そば」と「日清の京うどん」を食べてみました!「日清のこだわり素材シリーズ」の2品



ロングセラー商品「江戸そば」と「京うどん」がこのブログ初登場!

今回のカップ麺は、日清食品の「日清の江戸そば」と「日清の京うどん」の2品。2016年8月22日にリニューアルされている「日清のこだわり素材シリーズ」の商品です。リニューアルからだいぶ経ってしまっているので新商品ではないですが、今週は新商品の発売が少なく、またこの「日清のこだわり素材シリーズ」の商品をこのブログでは食べたことがなかったので、この機会に食べてみたいと思います。このシリーズ実はもう1種類、「日清の咖喱うどん」という商品もあるのですが、今回記事を書くにあたり見つけられなかったので、2種のみで記事にします。いずれレポしようと思っています。

さてこの商品、オープン価格で普通サイズとしては小さいカップと麺量(50g)の商品となっています。オープン価格商品は基本的にスーパーやドラッグストアで扱われることが多いですが、この商品はローソンで店頭に並んでいる場合が多く、コンビニでも安く手に入れやすいありがたい商品です。コンビニPB商品と競合しているように思います。

このブログではこれまで扱ってこなかったものの、このブログの開設以前から続くロングセラー商品なので、コスパの良いデキに期待したいです。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



商品概要



左が「江戸そば」で右が「京うどん」。「江戸そば」にはカップいっぱいの大きさの天ぷらが、「京うどん」にはたくさんのきざみ揚げが入っていて、オープン価格の商品と考えると具はかなり充実しているようん見えます。さすがロングセラー商品ですね。

品名:日清の江戸そば
メーカー:日清食品
発売日:2016年8月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:オープン価格
取得価格:ラーメンフェスタ購入品(5個税込500円)

品名:日清の京うどん
メーカー:日清食品
発売日:2016年8月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:オープン価格
取得価格:ラーメンフェスタ購入品(5個税込500円)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの「麺屋一燈」のカップ麺がローソン限定で再登場!!「麺屋一燈 ホタテ鶏油の濃厚魚介ラーメン」



あの「麺屋一燈」の鶏白湯スープを再現したカップ麺

今回のカップ麺は、日清食品の「麺屋一燈 ホタテ鶏油の濃厚魚介ラーメン」。2018年10月2日発売の、ローソン限定発売のの新商品です。東京新小岩にある超行列店「麺屋一燈」の味を再現したカップ麺です。

麺屋一燈」は、東京では言わずと知れた名店中の名店で、いつ行っても行列が絶えない超人気店です。私もぜひとも一度訪れたいと思っているのですが、出張時の限られた時間では並ぶことが容易ではないため、泣く泣く諦めている状況です。お店の看板商品は「濃厚魚介つけ麺」で、濃厚な鶏白湯に魚介を組み合わせた一杯です。今回のカップ麺はその「濃厚魚介つけ麺」をスープのあるラーメンに転じさせた「濃厚魚介ラーメン」で、こちらもお店ではかなり人気を博しているようです。

麺屋一燈」はカップ麺としても幾つか発売されており、いずれも今回と同じ日清食品製です。まずは2012年に発売された「日清 有名店が推す一杯 麺屋一燈 芳醇香味塩そば」で、こちらはタテ型の油揚げ麺を使用した商品でしたが、鶏白湯スープが今ほど脚光を浴びていない中で濃厚な鶏のスープは衝撃でした。続いてはローソン限定で「麺屋一燈 芳醇香味塩そば」が2014年に発売され、こちらは鶏白湯ではなく淡麗しお味の、「(塩)芳醇香味そば」を再現した一杯でした。こちらもスッキリしたスープの中で鶏と魚介が見事なハーモニーを奏でており、かなりおいしかったです。同名商品は2015年にも発売されていました。今回はそれ以来の商品で、どんぶり型ノンフライ麺商品としては初めての鶏白湯スープとなっています。

今回は「特製ホタテ鶏油」が別添されていることを大きな売りにしているようですが、果たしてどんな一杯に仕上がっているのか、とても楽しみです。



商品概要





チャーシューにメンマ、粉末スープにネギが入っているオーソドックスな構成です。麺はやや平打ちの中太麺のようです。

品名:麺屋一燈 ホタテ鶏油の濃厚魚介ラーメン
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月2日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・ホタテ鶏油)
定価:税込258円
取得価格:税込258円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すき焼き味の汁なし麺!!日清食品 「日清のどん兵衛 汁なし牛すき風うどん」



「どん兵衛」新商品は汁なしタイプのすき焼きうどん

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 汁なし牛すき風うどん」。2018年10月1日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。今回は湯切りして食べる汁なしタイプのうどん商品となっています。

「日清のどん兵衛」シリーズは、これまでにも「焼うどん」で汁なし商品を発売していますが、今回は「焼うどん」ではなく「汁なしうどん」で、純粋な汁なしうどんは今年2018年5月に出ていた「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」以来となります。「釜たま風うどん」は「特製まろやかたまごタレ」を使ったインパクトのある一杯でおいしかったですが、今回は果たしてどうでしょうか。

日清食品からはすき焼き味の商品は多く発売されており、「カップヌードル」シリーズからは「カップヌードル スキヤキ ビッグ」が、「日清焼そばUFO」からは「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース」が、今回と同じ「日清のどん兵衛」シリーズからも「日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」が発売されていました。さらには、ごはん商品で「日清 日本めし スキヤキ牛めし」なんていうのもあります。どの商品にも共通して言えることとして、すき焼きの味をかなり極端に表現しているのが特徴で、強い牛肉の風味とともに、かなリの甘さがあります。他社のすき焼き味はそこまで甘くはないので、日清食品のすき焼き味の大方針なんだと思われます。おそらく今回の商品も同じ傾向にあると思われるため、甘いすき焼きが苦手な人は覚悟して食べる必要がありそうです。

それではどんな一杯なのか食べてみたいと思います。



商品概要





今回、牛肉は使用されておらず、牛肉を模した大豆加工品が用いられています。「牛すき風」なのでまさに文字通りなんでしょうが、今回は結構大きめのカットで入っているので、本物の牛肉とは食感の差が大きく出てしまいそうです。

品名:日清のどん兵衛 汁なし牛すき風うどん
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体つゆ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のバターチキンカリーがカップヌードルに!!日清食品 「カップヌードル インド風バターチキンカリー」



日本で人気の「バターチキンカレー」がカップヌードル化!

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル インド風バターチキンカリー」。2018年9月24日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。「トムヤムクンヌードル」や「シンガポール風ラクサ」と同じ、「カップヌードル エスニックシリーズ」のカップ麺となっています。

バターチキンカリー」は、ここ数年で日本でもすっかり定番化したインドカレーです。無印良品のレトルトカレーがかなり有名で、それに追随する形でコンビニや飲食店がこぞってバターチキンカリーを製品化、メニュー化してきた経緯があります。私はレトルトカレーやカレーバイキングのお店で数種類を何度か食べたことがありますが、口当たりのやわらかい甘くて食べやすい味で、私はその甘さがちょっと苦手だったりします。インドカレーなら辛さとかスパイス感を求めたいんですよね。バターチキンカリーはそういうインドカレー的な本格感とはちょっと離れたカレーではないかと思っています。

カップヌードル エスニックシリーズ」は「トムヤムクンヌードル」を始めとして、完成度の高い商品が多く、今回の「インド風バターチキンカリー」にも大いに期待ができそうです。限定登場したものがそのままレギュラー化している商品もあり、今回の商品にも定番商品になるような完成度に期待したいです。それではどんな味なのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



「カップヌードル エスニックシリーズ」ではおなじみの、別添小袋が付きます。今回は「バターフレーバーオイル」。濃厚な甘みとバターの香りのスープになっているのでしょうか。

品名:カップヌードル インド風バターチキンカリー
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(バターフレーバーオイル)
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「スパイスキッチン トムヤムクンフォースープ パクチーワイルド」



トムヤムクンの「ナムサイ」を再現した「パクチーワイルド」

今回のカップ麺は、日清食品の「スパイスキッチン トムヤムクンフォースープ パクチーワイルド」。2018年9月10日発売の、「スパイスキッチン」シリーズの新商品です。「スパイスキッチン トムヤムクンフォースープ」は以前から続いている商品ですが、今回は「パクチーワイルド」と「スパイスキッチン トムヤムチキンフォースープ ココナッツマイルド」の2種類が同時発売となっています。

日清食品のホームページによれば、本場のトムヤムクンには「"ナムサイ" という辛味と酸味が強いクリアなトムヤムスープ」と「"ナムコン" というココナッツミルクを加えたクリーミーなトムヤムスープ」の2種類あって、「パクチーワイルド」が「ナムサイ」を、「ココナッツマイルド」が「ナムコン」を再現しているそうです。私の周辺では「パクチーワイルド」は多くの店で見かけましたが、「ココナッツマイルド」が全然売っておらず、本当は両方食べたかったのですが、今回は「パクチーワイルド」単体でのレポとなってしまいました。私の好みでは「ナムコン」の方が気になっていたんですけどね。パワプロよりファミスタが好きですし。ぴのとか。本当は燃えプロがいちばん好きです。「ホーナー」や「クロマテ」のバントホームラン懐かしい。あまりにおっさんネタすぎて見ている方の誰もわからいかもしれませんすいません。私が愛してやまない、外国食品のお店で売っているタイの袋麺「ヤムヤム」のトムヤムラーメンでも、クリアータイプとクリーミータイプが出ていて、私はクリーミータイプをよく食べています。

初期の「スパイスキッチン」で出ていたトムヤムクンは本格的すぎて誰もついていけないんじゃないかと心配になる強烈なパクチー味でしたが、最近は多少食べやすくなり、またパクチーが社会権を得て、メーカーと購入者の双方の歩み寄りが見られます。今回も「パクチーワイルド」なんていうまるで脅しのような迫力の商品名であっても、きっとそれなりの味に仕上がっているのではないかと思われます。果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要





かやく入り粉末スープを開けた状態。トムヤムクンらしい橙色の粉末に加え、えび、そして大量のパクチーが入っているのがわかります。これだけでもかなり本格的な商品なのがわかります。

品名:スパイスキッチン トムヤムクンフォースープ パクチーワイルド
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:ノンフライ麺(フォー)
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・本格ペースト)
定価:税別170円
取得価格:税込184円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加