日清ラ王の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:日清ラ王

日清ラ王のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-01-10 カップ麺
1992年の「日清ラ王」復刻版を現行の「日清ラ王 背脂コク醤油」と食べ比べ 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 復刻版しょうゆ」。「日清ラ王」シリーズの新商品です。「日清ラ王」が最初に発売された1992年当時の味を再現したとのこと。当時は生タイプ麺でしたが、今回はその生タイプ麺をノンフライ麺で再現したとのことで完コピではないですが、それでも当時の味を再び食べられるのはうれしいことです。とは言っても、当時...

記事を読む

2017-08-08 カップ麺
日清ラ王焼そばは1992年に発売されていた商品の復刻 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焼そば」。日清ラ王発売から25周年記念の復刻ラ王第2弾で、今回は焼そば!このブログで勝手に言っているノンフライ汁なし麺のブームに乗り、汁なし麺の代表選手である焼そばが登場しました。1992年に出た商品ですが、当時はノンフライ麺ではなく生タイプ麺でした。私は当時の記憶全然ないんですけどね。ノンフライ麺の焼そばは以前にな...

記事を読む

2017-08-08 カップ麺
日清ラ王と正麺カップの食べ比べ対決は2勝2杯2分でまったくの五分! 6回に渡って日清ラ王と正麺カップの対決が終わったのでまとめておこうと思います。最後に食べたとんこつでの日清ラ王の勝利で通算2勝2敗2分。まったくの互角で終焉しました。価格差を考えると正麺カップの健闘が光りますが、最後のとんこつでの差はかなり大きいものがありました。しょうゆ、みそならどちらを選んでもよく、しおととんこつなら日清ラ王、担々麺...

記事を読む

2017-08-07 カップ麺対決食べ比べ
日清ラ王と正麺カップの食べ比べ対決ラストを飾るのはとんこつラーメン! 今回は、日清食品の「日清ラ王 濃熟とろ豚骨」と東洋水産の「マルちゃん正麺カップ 濃厚とろ豚骨」を食べ比べます。今まで、日清ラ王と正麺カップを、しょうゆ味、みそ味、しお味、豚骨醤油味、担々麺で比較してきましたが、今回が今のところのラスト、とんこつ味での比較となります。どちらもこのブログでは既食なので、いつもご覧頂いている方なら結末は...

記事を読む

2017-07-31 カップ麺対決食べ比べ
今回の食べ比べは日清ラ王と正麺カップの担々麺対決! 今回は、日清食品の「日清ラ王 芳醇コク担々麺」と東洋水産の「マルちゃん正麺カップ うま辛担担麺」を食べ比べます。日清商品と東洋水産のそれぞれノンフライ麺商品の看板を担う、日清ラ王と正麺カップを、しょうゆ味、みそ味、しお味、そして豚骨醤油味を比較してきました。今回は担々麺。どちらもシリーズの中でも評判の高い一杯となっており、どのような違いがあるのか、...

記事を読む

日清食品 「日清ラ王 復刻版しょうゆ」を現行品の「日清ラ王 背脂コク醤油」と食べ比べ



1992年の「日清ラ王」復刻版を現行の「日清ラ王 背脂コク醤油」と食べ比べ

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 復刻版しょうゆ」。「日清ラ王」シリーズの新商品です。「日清ラ王」が最初に発売された1992年当時の味を再現したとのこと。当時は生タイプ麺でしたが、今回はその生タイプ麺をノンフライ麺で再現したとのことで完コピではないですが、それでも当時の味を再び食べられるのはうれしいことです。とは言っても、当時話題になっていた「日清ラ王」を食べて、幼い時の味覚ながら正直私はあまりおいしいと感じませんでした。生タイプ麺が私の舌には合わず、麺が伸びているように感じたのと、麺の水っぽさでスープがうすく感じたのをハッキリ覚えています。今回の復刻版は果たしてどんな味なのか、せっかくなので現行の「日清ラ王 背脂コク醤油」と食べ比べながらレポしていきたいと思います。


左が「日清ラ王 復刻版しょうゆ」で右が「日清ラ王 背脂コク醤油」。

商品概要

品名:日清ラ王 復刻版しょうゆ
メーカー:日清食品
発売日:2018年1月8日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別220円
取得価格:税込237円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清ラ王 焼そば」



日清ラ王焼そばは1992年に発売されていた商品の復刻

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焼そば」。日清ラ王発売から25周年記念の復刻ラ王第2弾で、今回は焼そば!このブログで勝手に言っているノンフライ汁なし麺のブームに乗り、汁なし麺の代表選手である焼そばが登場しました。1992年に出た商品ですが、当時はノンフライ麺ではなく生タイプ麺でした。私は当時の記憶全然ないんですけどね。ノンフライ麺の焼そばは以前になかったわけではなく、とかち麺工房の富士宮焼そばの名店「うるおい亭」の再現商品や、明星究麺の焼そばなんかは、強烈においしかったです。しかし最近はノンフライ麺の焼そばは全然出なくなってしまい、寂しい思いをしていました。今回を機に他社からもどんどんノンフライ麺焼そばを出してもらいたいですが、まずは今回の商品をしっかり楽しみたいと思います。食べる前からかなり期待してしまっています。



商品概要

品名:日清ラ王 焼そば
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月7日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別220円
取得価格:税込181円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【まとめ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【食べ比べ】

日清ラ王と正麺カップの食べ比べ対決は2勝2杯2分でまったくの五分!

6回に渡って日清ラ王と正麺カップの対決が終わったのでまとめておこうと思います。最後に食べたとんこつでの日清ラ王の勝利で通算2勝2敗2分。まったくの互角で終焉しました。価格差を考えると正麺カップの健闘が光りますが、最後のとんこつでの差はかなり大きいものがありました。しょうゆ、みそならどちらを選んでもよく、しおととんこつなら日清ラ王、担々麺と豚骨醤油なら正麺カップというのがこのブログでの結論です。正麺カップの多加水麺は優れた麺であるのは間違いないのですが、どの味にもほぼ同じ形の麺が用いられており、こってり系のスープには抜群の相性を示す一方、しおやとんこつなどでは威力は発揮できない麺だと感じます。一方の日清ラ王の麺は正麺ほど多加水麺ではなく融通が利くことに加え、最後のとんこつのように他の味とはまったく違う極細麺を使うフットワークの軽さもあり、きちんとスープと麺の相性を考えていることがわかります。

自分で食べ比べていてなかなか面白かったので、今後もいろいろ食べ比べてみたいなと思っています。日清麺ニッポン vs 凄麺あたりやってみたいけど、商品の入手がかなり難しそうです。

日清ラ王 vs 正麺カップの戦歴

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【醤油味】

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【味噌味】

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【塩味】

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【豚骨醤油味】

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【担々麺】

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【とんこつ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【とんこつ】



日清ラ王と正麺カップの食べ比べ対決ラストを飾るのはとんこつラーメン!

今回は、日清食品の「日清ラ王 濃熟とろ豚骨」と東洋水産の「マルちゃん正麺カップ 濃厚とろ豚骨」を食べ比べます。今まで、日清ラ王と正麺カップを、しょうゆ味、みそ味、しお味、豚骨醤油味、担々麺で比較してきましたが、今回が今のところのラスト、とんこつ味での比較となります。どちらもこのブログでは既食なので、いつもご覧頂いている方なら結末は想像つくかと思いますが、実際食べ比べてみて見えることもあるのではないかと思っています。うちの近所だと、どちらもあまり店頭に置いておらず、北海道でのとんこつラーメンの立場の弱さを感じてしまいます。しょうゆ、みそ、担々麺は比較的どこにでもあるんですよね。パッケージが大きいからそんな何種類も置けないのは理解できますが、私はとんこつラーメンがそれらの味より好きなので、どうしても不遇のとんこつラーメンに悲しみを覚えます。この前福岡に行った時にいくつかスーパーを覗いてみましたが、そのあまりのとんこつラーメンのラインナップの多さに驚愕してしまいました。地域によって店頭に置かれる定番商品の種類って違うもんですね。コンビニでもぜんぜん違うんですよ。福岡でメジャーな商品でも札幌では置いていなかったり、その逆も然りです。さてさて余談が長くなってしまいましたが、早速食べていきたいと思います。



商品概要

品名:日清ラ王 濃熟とろ豚骨
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・焼豚・紅生姜)
定価:税別220円
取得価格:税込213円(イオン)

品名:マルちゃん正麺カップ 濃厚とろ豚骨
メーカー:東洋水産
発売日:2016年3月7日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込210円(ビッグハウス)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【食べ比べ】 日清ラ王 vs マルちゃん正麺カップ 【担々麺】



今回の食べ比べは日清ラ王と正麺カップの担々麺対決!

今回は、日清食品の「日清ラ王 芳醇コク担々麺」と東洋水産の「マルちゃん正麺カップ うま辛担担麺」を食べ比べます。日清商品と東洋水産のそれぞれノンフライ麺商品の看板を担う、日清ラ王と正麺カップを、しょうゆ味、みそ味、しお味、そして豚骨醤油味を比較してきました。今回は担々麺。どちらもシリーズの中でも評判の高い一杯となっており、どのような違いがあるのか、そしてどちらがおいしいのか、それなりに需要がありそうな内容かなと思っております。どちらもスーパーに行けば売っていることが多いので、目にする機会は結構あるんじゃないでしょうか。最近は広島汁なし担々麺が元気ですが、ノーマルな担々麺も人気の味なので、食べ比べるのが楽しみです。



商品概要

品名:日清ラ王 芳醇コク担々麺
メーカー:日清食品
発売日:2016年10月17日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別220円
取得価格:税込213円(イオン)

品名:マルちゃん正麺カップ うま辛担担麺
メーカー:東洋水産
発売日:2016年1月18日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込210円(ビッグハウス)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加