寿がきや食品の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:寿がきや食品

寿がきや食品のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-10-17 カップ麺
「味噌麺処花道」のメニュー「煮干し辛味噌ラーメン」を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「花道 煮干し辛味噌ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年10月15日発売の新商品で、東京野方にあるラーメン店「味噌麺処花道」監修によるカップ麺です。「味噌麺処花道」監修のカップ麺は、2010年あたりから寿がきや食品から毎年発売されています。 「味噌麺処 花道」は、東京野方にあるみそラーメン専門店で、お店の...

記事を読む

2018-08-28 カップ麺
あの「辛辛魚」の姉妹商品「辛辛豚」がファミマ限定で登場!! 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「スパイシー辛辛豚らーめん」。製造は加ト吉水産。2018年8月28日発売の、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定の新商品です。寿がきや食品の年に1回のお楽しみ、あのカップ麺のロングセラーにして名作中の名作、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の姉妹商品です。 あの「辛辛魚」の「麺屋井の庄」と、その「麺屋井の...

記事を読む

2018-08-09 カップ麺
名古屋屈指の人気店「らぁ麺 紫陽花」の味を再現!! 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」。製造は加ト吉水産。2018年8月6日発売の新商品で、名古屋の人気ラーメン店「らぁ麺紫陽花」の一杯を再現したカップ麺です。 「らぁ麺紫陽花」は、名古屋に2015年にオープンしたお店で、ご自身を「元らヲタ」だとしている方のお店です。ラーメン好きが高じて自分のお店を開いてしまうなんてすごいことですよね...

記事を読む

2018-07-13 カップ麺
「HEY!たくちゃん」のラーメン店「鬼そば藤谷」のカップ麺第2弾 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年7月9日発売の新商品です。東京渋谷の「鬼そば藤谷」監修によるカップ麺です。 「鬼そば 藤谷」は、東京渋谷にある、ものまねタレントの「HEY!たくちゃん」さんが経営するラーメン店で、単に芸能人が経営しているという枠を超え、名店の評価を得ているお店です。...

記事を読む

2018-06-21 カップ麺
町田のしおラーメンの名店「町田汁場 進化」の味を再現したカップ麺! 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「町田汁場 しおらーめん進化」。製造は加ト吉水産。2018年6月18日発売の新商品です。寿がきや食品の名店再現系ラーメンは「全国麺めぐり」シリーズとして発売されることが多いのですが、今回は特にシリーズとして発売されたわけではないようです。 「町田汁場 進化」は、東京町田市にあるしおラーメンのお店です。界隈で...

記事を読む

魚介+激辛で「辛辛魚」の再来か!?寿がきや食品 「花道 煮干し辛味噌ラーメン」



「味噌麺処花道」のメニュー「煮干し辛味噌ラーメン」を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「花道 煮干し辛味噌ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年10月15日発売の新商品で、東京野方にあるラーメン店「味噌麺処花道」監修によるカップ麺です。「味噌麺処花道」監修のカップ麺は、2010年あたりから寿がきや食品から毎年発売されています。

味噌麺処 花道」は、東京野方にあるみそラーメン専門店で、お店の看板メニューである「味噌ラーメン」をはじめ、「辛味噌ラーメン」や「味噌つけめん」、みそ味の「あえ麺」といった、みそ味のバリエーションを中心に展開しています。野方は私の大学時代に友人が住んでいたのでよく行ったことがあって、その当時は野方でラーメンと言えば「野方ホープ」でしたね。背脂系のラーメンの出始めあたりの頃で、結構行列ができているのを何度か目にしました。今も野方は結構なラーメン激戦区のようで、今回の「味噌麺処花道」を始め、人気店が軒を連ねています。あの「無鉄砲」のつけ麺専門店もあるそうです。

これまでにも「味噌麺処花道」のカップ麺では、辛味噌ラーメンなど辛い商品が出ていましたが、今回はお店にあるメニューの「煮干し辛味噌ラーメン」を再現。お店のメニューであると同時に、寿がきや食品の大ヒット商品「辛辛魚」にも寄せてきている気配を感じます。なにせ激辛+魚介ですからね。毎年だいたい1~2月発売の「辛辛魚」から半年間を空けての同系商品で、新たなヒットを狙っている感じがします。お店の「煮干し辛味噌ラーメン」はこの夏に新しく加わったメニューとのことで、カップ麺用に用意されたメニューなんじゃないかとついつい勘ぐってしまいますが、流石にカップ麺側からしか見ていない人間による浅はかな考えでしょうか。

それでは激辛と魚介の組み合わせの新商品、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要





品名:花道 煮干し辛味噌ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく入スープの素)
定価:税別260円
取得価格:税込281円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの「辛辛魚」の姉妹商品!!ファミマ限定 「スパイシー辛辛豚らーめん」



あの「辛辛魚」の姉妹商品「辛辛豚」がファミマ限定で登場!!

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「スパイシー辛辛豚らーめん」。製造は加ト吉水産。2018年8月28日発売の、ファミリーマートサークルKサンクス限定の新商品です。寿がきや食品の年に1回のお楽しみ、あのカップ麺のロングセラーにして名作中の名作、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の姉妹商品です。



あの「辛辛魚」の「麺屋井の庄」と、その「麺屋井の庄」出身の店主が開いた南阿佐ヶ谷のラーメン店「麺処一笑」によるコラボ商品で、「辛辛魚」と、「一笑」の基本メニューである「濃厚トンコツ」の合体のようです。「合体」・・・また、1万年と2千年前からとか、今回はやりませんよ!「麺処一笑」のとんこつスープをメインに据え、今回は「辛辛魚」ではなく「辛辛豚」とのこと。「辛辛魚」はただ辛いだけではなく魚粉が強く効いているからこそおいしい一杯で、それが「豚」に置き換わることで、二匹目のドジョウが果たして存在しているのかどうか注目です。

ただ普通に考えると、「辛辛魚」では、主張の強い魚介だからこそ激辛と張り合えるのであり、これがとんこつになってしまうと辛さの前に一方的に押しやられてしまうのではないかと想像してしまいます。「魚」を「とんこつ」に置き換えるのはなかなか難しいのではないかと。しかし今回の商品、「辛辛魚」の金看板を完全に背負っての登場ですから、これがコケると「辛辛魚」のイメージの低下にもつながり、メーカーとしては軽々しくそんな商品を出してくるとも思えません。なので、とんこつで本当に大丈夫か?という不安半分と、メーカーへの信頼で期待半分といったところです。

それでは「麺処井の庄」と「麺処一笑」による「辛辛魚」の姉妹カップ麺、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:スパイシー辛辛豚らーめん
メーカー:寿がきや食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年8月28日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・後入れかやく入粉末スープ)
定価:税込278円
取得価格:税込278円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋屈指の人気ラーメン店の味を再現!!寿がきや食品 「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」



名古屋屈指の人気店「らぁ麺 紫陽花」の味を再現!!

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」。製造は加ト吉水産。2018年8月6日発売の新商品で、名古屋の人気ラーメン店「らぁ麺紫陽花」の一杯を再現したカップ麺です。

らぁ麺紫陽花」は、名古屋に2015年にオープンしたお店で、ご自身を「元らヲタ」だとしている方のお店です。ラーメン好きが高じて自分のお店を開いてしまうなんてすごいことですよね。食べてあーだこーだ言うことと、実際作ることはまったく別の問題で、私なんかおそらくメーカーの人よりたくさんカップ麺食べていますが、どうやって作るのかは工場見学レベルくらいでしか理解していません。どこでお店お開き、スープを作って、タレをあわせて、麺は自家製かメーカーに委託するか、材料はどこで調達するか、従業員をどうするか、お店を開くにあたり考えなければいけないことが多すぎて、私なんかだともう食べてるだけでいいやと絶対思ってしまいます。

お店は名古屋でも屈指の人気店で、開店前から行列ができてしまうほどの盛況ぶり。お店のメニューは今回のカップ麺が再現している「醤油らぁ麺」と、「麻辣担々麺」、そして「濃厚つけ麺」が主だったもので、特に「醤油らぁ麺」が看板メニューのようです。「台湾ラーメン」や「台湾まぜそば」、そして「スガキヤ」のお膝元である名古屋にあって、それらを意に介さず我が道を行っています。

名古屋屈指の人気店の味を再現したカップ麺、果たしてどんな味なのか、襟を正して食べてみたいと思います。



商品概要



品名:らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別238円
取得価格:税込257円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」



「HEY!たくちゃん」のラーメン店「鬼そば藤谷」のカップ麺第2弾

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年7月9日発売の新商品です。東京渋谷の「鬼そば藤谷」監修によるカップ麺です。

鬼そば 藤谷」は、東京渋谷にある、ものまねタレントの「HEY!たくちゃん」さんが経営するラーメン店で、単に芸能人が経営しているという枠を超え、名店の評価を得ているお店です。看板メニューは「鬼塩ラーメン」で、昨年2017年の10月に今回と同じサンヨー食品からカップ麺化されていました。かなり好調な売れ行きだったそうです。

今回もお店のメニューである「赤鬼ラーメン」を再現したカップ麺で、ラー油を使った真っ赤な鬼塩ラーメンとのこと。黒地に赤文字のパッケージで写っているスープの色も赤く、何しろお店のメニューでは「赤鬼」なんていうネーミングなので、かなり辛いラーメンを想像しますが、果たしてどんな味なのでしょうか。楽しみです。



商品概要



品名:鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年7月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別238円
取得価格:税込257円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼きアゴの風味がとても香ばしい!!寿がきや食品 「町田汁場 しおらーめん進化」



町田のしおラーメンの名店「町田汁場 進化」の味を再現したカップ麺!

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「町田汁場 しおらーめん進化」。製造は加ト吉水産。2018年6月18日発売の新商品です。寿がきや食品の名店再現系ラーメンは「全国麺めぐり」シリーズとして発売されることが多いのですが、今回は特にシリーズとして発売されたわけではないようです。

町田汁場 進化」は、東京町田市にあるしおラーメンのお店です。界隈でしおラーメンと言えば知らない人はいないという名店だそうで、アゴだしを使用いたスープが絶品とのこと。昨年の「TRYラーメン大賞」の名店塩部門で1位に輝いており、本来なら「TRY」とタイアップする東洋水産からカップ麺化されそうなものですが、先約だったのでしょうか、今回は寿がきや食品です。鶏とアゴだしを使っていておそらく繊細な味だと思われるので、東洋水産のタテ型油揚げ麺で製品化されるよりは寿がきや食品からノンフライ麺で出してもらう方がありがたいかもしれませんね。

しおラーメンの魅力に疎い私オサーンなので、繊細なスープの味をきちんと評価できるか怪しいですが、しっかり食べてみたいと思います。どんな一杯に仕上がっているのでしょうか。楽しみです。





商品概要

品名:町田汁場 しおらーめん進化
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年6月18日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別250円
取得価格:税込270円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加