寿がきや食品の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:寿がきや食品

寿がきや食品のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-09-22 カップ麺
白えびラーメンは富山ではそれほど一般的なメニューではなさそう 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」。「全国麺めぐり」シリーズの商品です。このブログ2回目の登場で、前回は2015年4月発売でした。今回は麺が新しくなり、かやくも見直されたとのこと。白えびのラーメンは富山県でもそれど供されているお店は見当たらず、一般的な認知を得ている種類のラーメンではないようですが、富山グラッ...

記事を読む

2017-08-23 カップ麺
「人生餃子」は名古屋にある台湾ラーメン・皿台湾と餃子の人気店 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「八剱ROCK人生餃子 汁なし台湾ラーメン」。「人生餃子」は、名古屋にある餃子とラーメンの人気店で、特に台湾ラーメンと台湾まぜそばの皿台湾というメニューが人気のようです。今回再現しているのはその「皿台湾」。ネットで皿台湾の画像を確認してみましたが、これはかなりうまそう。今回のカップ麺もかなり期待できそうです。...

記事を読む

2017-07-27 カップ麺
広島汁なし担々麺でノンフライ麺とくれば、もうおいしいのは約束されたようなもの 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 広島汁なし担担麺」。先週7月17日発売の商品ですが、うちのあたりでは今週になって店頭に置かれ始めたので食べてみることにしました。ラーメン業界を席巻している広島汁なし担々麺で、しかもノンフライ麺とあっては期待せずにはいられません。今月発売されこのブログでも記事にしたヤマダイの「ニ...

記事を読む

2017-06-23 カップ麺
ドゥエイタリアンはイタリアンとラーメンの融合をコンセプトとしたミシュランガイド掲載店 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。東京市ヶ谷にある有名店「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」監修による、お店のメニュー「れもんらぁ麺」の再現商品です。イタリアンとラーメンの融合をコンセプトとした「ドゥエイタリアン」は、女性客が8割にも及ぶお店...

記事を読む

2017-05-25 カップ麺
銀座香味徳ってどんなお店? 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。全国的に知名度が上がってきている鳥取牛骨ラーメンの商品です。 銀座香味徳(かみとく)は、銀座一丁目にある鳥取牛骨ラーメン専門店で、鳥取の本店は60年続く名店です。銀座のお店は本店とは多少メニューが違うようで、看板メニューである「香味徳ラーメン」の別名が今回の...

記事を読む

2017-03-26 カップ麺
今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 和歌山特濃中華そば」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。このシリーズはスープがなかなか秀逸なので楽しみなんですが、発売頻度が低いのが難点ですね。前回の発売商品はおそらく1年前の富山白えびラーメンだったんじゃないかと思います。もうちょっと頻繁に全国の麺をめぐってもらいたいですね。久々の麺めぐりで今回は和歌山ラーメン!和歌山ラーメン結構好きな味なので楽し...

記事を読む

2017-01-31 カップ麺
今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」。ついに今年も辛辛魚の季節がやってきました!ネット上でも、自分の実生活上でも、この商品を心待ちにしている人が多いです。年1商品でここまでの認知度というのはそうそうないんじゃないでしょうか。私も楽しみにしていました。ただオサーンさん年々胃が弱くなってきているので、食べた後が心配ではあるんですけどねw でも3個買いましたよ~! ...

記事を読む

2016-10-25 カップ麺
今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん」。目黒の学芸大学にあるラーメン店で、元せたが屋で修行して店長をやってた方が独立して開いたお店だそうです。せたが屋も2年くらい前に日清の有名店シリーズでカップ麺になっていましたね。あれすごくおいしかった。今回も期待して食べたいと思います。 品名:麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん メーカー:寿がきや食品 発売日:2...

記事を読む

2016-09-22 カップ麺
今回のカップ麺は、寿がきや食品の「カップ赤からラーメン赤5番」。久々の赤からカップ麺、今回は5番ということで、いつもより辛い商品です。お店の赤から鍋は辛さが赤0番から赤10番まで選ぶことができ、人気はピリ辛レベルの赤3番だそうです。今回は赤5番なので中辛程度でしょうかね?今回の寿がきや食品はあの「辛辛魚」を出しているメーカーなので、そのうち赤10番でも商品化してもらいたいですね。私は昨年赤からのお店に初め...

記事を読む

2016-06-17 カップ麺
どうもオサーンです。またモンハンクロスの話。ネット界隈では今作最難関と言われているクエスト「沼地酔夢譚」をソロクリアしました。このクエストを難しくしているのは3頭出てくるうちの1頭、獰猛化ショウグンギザミに隙がなさすぎることなんですが、私オサーンはその前に出てくるフルフルがモンハン4時代からずっと苦手でして、それが獰猛化として出てきて、かなり苦戦しました。本来なら一番格上と思われる獰猛化ライゼクスが...

記事を読む

寿がきや食品 「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」



白えびラーメンは富山ではそれほど一般的なメニューではなさそう

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」。「全国麺めぐり」シリーズの商品です。このブログ2回目の登場で、前回は2015年4月発売でした。今回は麺が新しくなり、かやくも見直されたとのこと。白えびのラーメンは富山県でもそれど供されているお店は見当たらず、一般的な認知を得ている種類のラーメンではないようですが、富山グラックで有名な「麺処いろは」には、「ブラック」の対する「白」のメニューとして存在しているようです。今回の商品がそこのラーメンをイメージしているのかはわかりませんが、前回のこの商品からどう変化しているのか楽しみです。



品名:全国麺めぐり 富山白えびラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年9月18日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れかやく入スープ・かやく)
定価:税別218円
取得価格:税込235円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「八剱ROCK人生餃子 汁なし台湾ラーメン」



「人生餃子」は名古屋にある台湾ラーメン・皿台湾と餃子の人気店

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「八剱ROCK人生餃子 汁なし台湾ラーメン」。「人生餃子」は、名古屋にある餃子とラーメンの人気店で、特に台湾ラーメンと台湾まぜそばの皿台湾というメニューが人気のようです。今回再現しているのはその「皿台湾」。ネットで皿台湾の画像を確認してみましたが、これはかなりうまそう。今回のカップ麺もかなり期待できそうです。前回のわかめラーメンの記事でちょっと書いたので一応触れておきますが、この商品の製造は加ト吉水産。テーブルマークのカップ麺製造を行っている子会社で、カネボウフーズのカップ麺製造を担ったノンフライ麺製造の老舗工場です。



品名:八剱ROCK人生餃子 汁なし台湾ラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年8月21日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別227円
取得価格:税込245円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「全国麺めぐり 広島汁なし担担麺」



広島汁なし担々麺でノンフライ麺とくれば、もうおいしいのは約束されたようなもの

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 広島汁なし担担麺」。先週7月17日発売の商品ですが、うちのあたりでは今週になって店頭に置かれ始めたので食べてみることにしました。ラーメン業界を席巻している広島汁なし担々麺で、しかもノンフライ麺とあっては期待せずにはいられません。今月発売されこのブログでも記事にしたヤマダイの「ニュータッチ 広島汁なし担担麺」と同様、こちらも「広島汁なし担担麺推進委員会」公認の商品となっております。広島汁なし担々麺を再現したノンフライ麺商品としては、サンヨー食品の「サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺」に続いての登場となります。汁なし担々麺でノンフライ麺となれば、もうおいしいのは約束されたようなものですが、念のため(と言いながらノリノリでウハウハ)食べてみたいと思います。



品名:全国麺めぐり 広島汁なし担担麺
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年7月17日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・あとのせかやく)
定価:税別227円
取得価格:税込245円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺」



ドゥエイタリアンはイタリアンとラーメンの融合をコンセプトとしたミシュランガイド掲載店

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。東京市ヶ谷にある有名店「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」監修による、お店のメニュー「れもんらぁ麺」の再現商品です。イタリアンとラーメンの融合をコンセプトとした「ドゥエイタリアン」は、女性客が8割にも及ぶお店で、ミシュランガイドにも3年連続掲載されています。なんだか最近はカップ麺業界ではミシュランガイド掲載店の奪い合いみたいな様相を呈していますね。「ドゥエイタリアン」は以前にも「日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ」で2015年にカップ麺化されていました。今回はメーカーが日清食品から寿がきや食品に、味もチーズからレモンに、そして油揚げ麺からノンフライ麺商品になっています。商品ページに「※ 大変酸っぱいラーメンです。酸味が苦手な方はご注意ください。」との記載が確認でき、この書き方は人気商品「辛辛魚」での辛さの注意書きと似ているため、ひょっとするとこの商品、酸味版の辛辛魚を目指しているのかもしれませんね。



品名:ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年6月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別250円
取得価格:税込270円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」



銀座香味徳ってどんなお店?

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。全国的に知名度が上がってきている鳥取牛骨ラーメンの商品です。

銀座香味徳(かみとく)は、銀座一丁目にある鳥取牛骨ラーメン専門店で、鳥取の本店は60年続く名店です。銀座のお店は本店とは多少メニューが違うようで、看板メニューである「香味徳ラーメン」の別名が今回の「鳥取ゴールド」です。5の付く日と雨の日に500円でラーメンが食べられるワンコインサービスを実施しているようです。結構行列になっちゃう人気店みたいですよ。

牛骨ラーメンは、カップ麺では以前にも今回と同じ寿がきや食品の全国麺めぐりシリーズで出ていました。また、エースコックがそれ以前から出していました。また、牛骨ラーメンという名前ではないですが、最近では牛テールスープとして日清食品がカップヌードルリッチで発売したのが記憶に新しいところ。牛を使ったラーメンはまだまだ数が少ないですが、豚や鶏がラーメン界で幅を利かせているのに牛が少ないのは不自然ですよね。多分今後もいっそう広まっていくのではないかと思っています。



品名:銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年5月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別227円
取得価格:税込245円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「全国麺めぐり 和歌山特濃中華そば」



今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 和歌山特濃中華そば」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。このシリーズはスープがなかなか秀逸なので楽しみなんですが、発売頻度が低いのが難点ですね。前回の発売商品はおそらく1年前の富山白えびラーメンだったんじゃないかと思います。もうちょっと頻繁に全国の麺をめぐってもらいたいですね。久々の麺めぐりで今回は和歌山ラーメン!和歌山ラーメン結構好きな味なので楽しみです。



品名:全国麺めぐり 和歌山特濃中華そば
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年3月20日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入スープの素・かやく)
定価:税別227円
取得価格:税込245円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」 (8回目・2017年)



今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」。ついに今年も辛辛魚の季節がやってきました!ネット上でも、自分の実生活上でも、この商品を心待ちにしている人が多いです。年1商品でここまでの認知度というのはそうそうないんじゃないでしょうか。私も楽しみにしていました。ただオサーンさん年々胃が弱くなってきているので、食べた後が心配ではあるんですけどねw でも3個買いましたよ~!



品名:麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年1月30日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく入スープの素)
定価:税別256円
取得価格:税込214円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん」



今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん」。目黒の学芸大学にあるラーメン店で、元せたが屋で修行して店長をやってた方が独立して開いたお店だそうです。せたが屋も2年くらい前に日清の有名店シリーズでカップ麺になっていましたね。あれすごくおいしかった。今回も期待して食べたいと思います。



品名:麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん
メーカー:寿がきや食品
発売日:2016年10月17日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別250円
取得価格:税込270円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「カップ赤からラーメン赤5番」



今回のカップ麺は、寿がきや食品の「カップ赤からラーメン赤5番」。久々の赤からカップ麺、今回は5番ということで、いつもより辛い商品です。お店の赤から鍋は辛さが赤0番から赤10番まで選ぶことができ、人気はピリ辛レベルの赤3番だそうです。今回は赤5番なので中辛程度でしょうかね?今回の寿がきや食品はあの「辛辛魚」を出しているメーカーなので、そのうち赤10番でも商品化してもらいたいですね。私は昨年赤からのお店に初めて行ってすっかりハマってしまったんですが、もう正直、鍋は赤から鍋と博多もつ鍋を交互に食べるだけでいいとすら思ってしまうほどおいしいです。シメはいつも雑炊かチーズリゾットなので、今回のラーメン楽しみです。



品名:カップ赤からラーメン赤5番
メーカー:寿がきや食品
発売日:2016年9月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく入粉末スープ)
定価:税別245円
取得価格:税込265円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「なごやめし 夏限定!台湾ラーメン」



どうもオサーンです。またモンハンクロスの話。ネット界隈では今作最難関と言われているクエスト「沼地酔夢譚」をソロクリアしました。このクエストを難しくしているのは3頭出てくるうちの1頭、獰猛化ショウグンギザミに隙がなさすぎることなんですが、私オサーンはその前に出てくるフルフルがモンハン4時代からずっと苦手でして、それが獰猛化として出てきて、かなり苦戦しました。本来なら一番格上と思われる獰猛化ライゼクスがもうただの癒しにしか見えませんでした。最初の獰猛化フルフルで2乙食らった上でクリアするのに20分針を要してしまったので絶対クリアできないと思ったんですけどね。獰猛化ショウグンギザミは他の人ほど苦手ではないようです。嫌いですけど。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「なごやめし 夏限定!台湾ラーメン」。これから「なごやめし」ってシリーズがどんどん出てくるんですかね。味噌煮込み、きしめん、あんかけスパ、鉄板スパ、カレーうどん(これは豊橋か)などなど麺類多いし、名古屋コーチン出汁のラーメンもありですね。なんなら手羽先をからめてきても面白そう。かくいう私オサーンの一番好きな名古屋名物はういろうなんですけどね。あの食感たまんね~。あーあとえびせんべいもおいしいですね!





スープは、「鶏ガラしょうゆスープに、唐辛子の辛味、ニンニク、ひき肉の旨味を加えた激辛スープ」とのこと。激辛と書いていますがそこまで辛くはないかな。ピリ辛以上ではありますが、同社の辛辛魚やセブンの中本みたいな辛さではないです。ほどほど。他社の台湾ラーメンに比べてしょうゆの味を強く感じます。ニンニクが強いのに対して甘みが少なく、本格的な味なんでしょうが、やや一本調子に感じてしまう味でもありました。

は、「しっかりとしたコシと粘りのある口当たり滑らかなノンフライ中太めん」とのこと。いつもの寿がきやの麺比べると加水が多く、細めの麺です。それほど主張してくる麺ではないため、辛さやニンニクのあるスープに比べてだいぶ負けてしまっている印象。いつもの麺でまったく問題なかったんじゃないかと思います。いや、単に私オサーンがいつもの寿がきやの麺が好きだってことが大きいだけなのかもしれませんが。

は、「ひき肉、ニラ、唐辛子、フライドガーリック」とのこと。挽肉とニラが結構たくさん入っています。挽肉は特に多く、味自体はある意味カップ麺らしい不自然な挽肉なんですが、多いは正義ですね。台湾ラーメンらしさをきちんと演出しています。また、フライドガーリックも結構たくさん入っていて、ガッツリ食べたい時には大きな力になってくれる反面、これだけ入っていると、食べた後の予定をきちんと考えて食べないといけませんね。唐辛子もたくさん入っています。辛さに大きく寄与していました。いつもの寿がきやのカップ麺だと最大の欠点は具の貧弱さなんですが、今回は結構具だくさんな印象で、ここは素直に評価して良いところなんじゃないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具だくさんな台湾ラーメンとしては評価できる反面、スープが高価格帯商品にしてはやや一本調子な感があり、この評価にしました。まずいわけではないので、もっと安ければ良かったんですけどね。ただ夏の暑さを吹き飛ばすには軽く汗をかける商品で、これからの季節にいいんじゃないでしょうか。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます