大黒食品工業の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:大黒食品工業

大黒食品工業のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-12-02 カップ麺
「マイフレンド」でおなじみの大黒「ビックシリーズ」の担々麺 今回のカップ麺は、大黒食品工業の「ビック 担々麺」。「マイフレンド」でおなじみの大黒食品「ビックシリーズ」の商品です。このブログは基本的にコンビニに売っているカップ麺を中心に食べているので、スーパーメインで売られている大黒食品の商品にはなかなか手が回らないのですが、今週は新商品が少なく、そしてたまたま行ったダイソーにこの商品が売っていたの...

記事を読む

2017-09-02 カップ麺
大黒食品の赤いヤツ! 今回のカップ麺は、大黒食品工業の「うま辛 麻辣麺 大盛り」。先日ドン・キホーテをフラついていて見つけた今まで見たことのなかった商品で、これは新商品か!と思い購入しましたが、新商品ではなく2016年発売の模様。パッケージが地味な大黒食品の商品としては珍しく鮮烈なパッケージで、このパッケージで思わず手に取る人は多いんじゃないでしょうか。実際私が見ている前で一人買い物かごに入れていました...

記事を読む

2016-11-21 カップ麺
今回のカップ麺は、西友のプライベートブランド、みなさまのお墨付きの「大盛焼そば」。製造は大黒食品工業。普通サイズの焼そばは製造が東洋水産だったので、それとはサイズだけじゃなくて色々別物ということになるでしょう。130gの大盛商品で、ライバルは東洋水産の「マルちゃん ごつ盛り ソース焼そば」や日清食品の「日清デカヤキ ソース焼そばからしマヨネーズ付」でしょう。からしマヨネーズが付いているところも思いっきり...

記事を読む

2016-01-01 カップ麺
どうもオサーンです。あけましておめでとうございます。本年もどうぞ昨年同様ご贔屓にお願い致します。1月1日は餅食べて数の子食べて、主に食方面でのみ満喫しましたが、明日からもう仕事なので、お正月は今日で終わり。明日からは通常営業のオサーンです。 今回のカップ麺は、大黒食品工業の「トムヤムクンヌードル」。新商品ではないですが、今年最初の一杯はこれにしてみたいと思います。この1~2年でずいぶんトムヤムラーメ...

記事を読む

2014-04-02 カップ麺
どうもー、ハンサムです。先日、付き合いでディズニー映画の「アナと雪の女王」を観てきました。一番大きいスクリーンだったんですが、ほぼ満員でした。いつもレイトショーとかでささっと観たりする時はお客さんが数名しかいないような状況で心配だったんですが、入ってる時は入ってるんですねー。ほっとしました。内容の感想に関しては、日本語吹き替えの方々がみんな上手で安心して楽しめました。特に神田沙也加さん、歌も台詞も...

記事を読む

2013-08-10 カップ麺
今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷したぬきうどん」。4種類出ている「冷しシリーズ」の1つで、他の3種はすでにこのブログで紹介しています。 オススメ度(標準は3です) ★★★★★☆☆☆☆☆(5) パッケージは涼しげでさわやかですが、味はかなりのジャンキーです。つゆと油揚げ麺臭が絶妙にマッチし、それに揚げ玉が強力に厚みを加えています。食べた後だと、パッケージの清流がまるで油の滝に見えます(あ、嘘ですよ)...

記事を読む

2013-08-02 カップ麺
どうもオサーンです。昨日に続いてアイスの話ですが、ローソンのフローズンスイーツシリーズを7味制覇しました。これは基本リッチなかき氷ですね。他の味に比べてだいぶ高いのがチョコレート味ですが、やはりこれが特にリッチな味がしておいしかったです。でも味もコスパ的にも昨日紹介したセブンの練乳氷の方がいいかな。次はファミマのパフェアイスシリーズに挑戦する予定です。 今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷し...

記事を読む

2013-07-27 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷し中華」。 オススメ度(標準は3です) ★★★★☆☆☆☆☆☆(4) 大黒食品の「冷しシリーズ」です。先週食べた「冷したぬきそば」に続いてこの「冷し中華」を食べてみました。やはり「冷し」の状態で食べるのはお湯捨て水入れを3~4回以上しなければいけないのが手間ですが、それ以外は油揚げ麺でしかも具も少ないものの意外ときちんと冷やし中華でした。油揚...

記事を読む

2013-07-20 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷したぬきそば」。長いことカップ麺のブログをやってきましたが、大黒食品の商品を食べるのはこのブログでは初めてです。大黒食品のファンのみなさま今まで無視してすいません!大黒食品の商品は基本的にスーパーにしか置いておらず、私はコンビニに売ってない商品は基本的にあまり買わないので手付かずのままでした。今後も積極的に食べるつもりはないですが、...

記事を読む

大黒食品工業 「ビック 担々麺」



「マイフレンド」でおなじみの大黒「ビックシリーズ」の担々麺

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「ビック 担々麺」。「マイフレンド」でおなじみの大黒食品「ビックシリーズ」の商品です。このブログは基本的にコンビニに売っているカップ麺を中心に食べているので、スーパーメインで売られている大黒食品の商品にはなかなか手が回らないのですが、今週は新商品が少なく、そしてたまたま行ったダイソーにこの商品が売っていたので食べてみることにしました。麺量が85gなので90gの「スーパーカップ」や「ごつ盛り」に比べるとちょっとだけ少ないですが、大盛商品に分類される商品です。



商品概要

品名:ビック 担々麺
メーカー:大黒食品工業
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・特製調味油)
定価:税別180円
取得価格:税込108円(ダイソー)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「うま辛 麻辣麺 大盛り」



大黒食品の赤いヤツ!

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「うま辛 麻辣麺 大盛り」。先日ドン・キホーテをフラついていて見つけた今まで見たことのなかった商品で、これは新商品か!と思い購入しましたが、新商品ではなく2016年発売の模様。パッケージが地味な大黒食品の商品としては珍しく鮮烈なパッケージで、このパッケージで思わず手に取る人は多いんじゃないでしょうか。実際私が見ている前で一人買い物かごに入れていました。やっぱりパッケージって大事ですよね。このブログではあまり多くレビューしていない大黒食品の商品ですが、見るからに辛そうなパッケージのこの商品、果たしてこの赤いヤツは3倍速いのか。楽しみです。



商品概要

品名:うま辛 麻辣麺 大盛り
メーカー:大黒食品工業
発売日:2016年6月1日(水)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別190円
取得価格:税込88円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまのお墨付き 「大盛焼そば」



今回のカップ麺は、西友のプライベートブランド、みなさまのお墨付きの「大盛焼そば」。製造は大黒食品工業。普通サイズの焼そばは製造が東洋水産だったので、それとはサイズだけじゃなくて色々別物ということになるでしょう。130gの大盛商品で、ライバルは東洋水産の「マルちゃん ごつ盛り ソース焼そば」や日清食品の「日清デカヤキ ソース焼そばからしマヨネーズ付」でしょう。からしマヨネーズが付いているところも思いっきり意識しているのでしょう。ちなみに私の行った西友ではこの商品の隣に日清デカヤキが陳列されていました。価格差は4円。もちろんこちらが安いのですが、強気というかなんというか。4円安ければこっちを買ってもらえると自身を持っているということなのでしょうか。相手は値段だけではなく味も伴ったコスパ最強カップ焼そばなんですけどね。



商品概要

品名:大盛焼そば
メーカー:みなさまのお墨付き
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末ソース・からしマヨネーズ)
定価:税込99円
取得価格:税込99円(西友)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「トムヤムクンヌードル」



どうもオサーンです。あけましておめでとうございます。本年もどうぞ昨年同様ご贔屓にお願い致します。1月1日は餅食べて数の子食べて、主に食方面でのみ満喫しましたが、明日からもう仕事なので、お正月は今日で終わり。明日からは通常営業のオサーンです。

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「トムヤムクンヌードル」。新商品ではないですが、今年最初の一杯はこれにしてみたいと思います。この1~2年でずいぶんトムヤムラーメンの少雨品がたくさん出るようになりましたよね。ヤムヤムやアイミーの袋麺が好きな私オサーンとしては、選択肢がいろいろ増えてくれるのはとても嬉しいです。願わくば期間限定とかじゃなくて常に手に入れられるようにして欲しいところですが、この商品にも同じ気持ちを抱けるのか、楽しみに食べたいと思います。





スープは、「『魚介エキス、チキンエキス、魚醤』ベースの『辛みと酸味』を特長とする味にココナッツミルクと独特のエスニック風スパイスで強烈なインパクトのある本格トムヤムクンスープ」とのこと。結構辛いのと強烈な酸味があり、とても派手な味に仕上がっています。特に酸味は、他社製のトムヤムラーメンよりも強いどろこか、タイのインスタントとかよりも強い印象でした。レモングラスが強くて酸味を香りからも増幅させ、エスニック感を出しています。反面、ココナッツミルクや魚醤、あとは酸味系以外のスパイスといった部分はちょっと弱く、その結果、スープの重厚感にはやや欠けるように感じられました。トムヤムラーメンの一形態としてこれは大いにアリだと思います。常日頃からトムヤムラーメンを主食wとしていると、こういう強烈な酸味が欲しい時があるんですよね。おいしかったです。

は、「本格トムヤムクンスープに良く合うしなやか麺」とのこと。平たい形状の油揚げ麺で、カップヌードルの麺に比べるとだいぶ存在感のある太さで、カップスターの麺の方が近いように思います。特にトムヤムクン用にアレンジされた麺という印象はなく、普通の麺かな。食べやすい麺なので、強烈なスープの勢いに任せているとあっという間になくなってしまいます。

は、「『ぷりぷり食感の海老、彩りの良い青葱、レッドベルペッパー』入り」とのこと。定価はともかく、大黒食品製品の実売価格を考えると、これは日清やエースコックのトムヤムクン商品比べて劣ってしまうのはやむを得ないのかなと思います。あまり存在感のないエビがかろうじて入っていますといった程度でしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
トムヤムクンの酸味が強いとか、もしくはパクチーが強いと本格的だという風潮があると(勝手に)思っていますが、今回の商品を食べるとそういう向きには本格的に映る一杯のように思います。私は日清カップヌードルのトムヤムクンの方が本格的だと感じましたが、この商品のわかりやすい酸味の強さは、これはこれで大いにアリな味だと感じられました。もっと色んなところで売ってくれないかなぁこれ。激安スーパーとか業務系スーパーにしか売ってなさそうで、しかもこの商品買ったトライアルにはもう置いてなかったので、今後手に入るのかよくわかりません。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「ビック チゲカラらーめん」

20140402_1.jpg

どうもー、ハンサムです。先日、付き合いでディズニー映画の「アナと雪の女王」を観てきました。一番大きいスクリーンだったんですが、ほぼ満員でした。いつもレイトショーとかでささっと観たりする時はお客さんが数名しかいないような状況で心配だったんですが、入ってる時は入ってるんですねー。ほっとしました。内容の感想に関しては、日本語吹き替えの方々がみんな上手で安心して楽しめました。特に神田沙也加さん、歌も台詞も本当に上手で良かったですねー。松たか子さんの歌も声質がぴったりな感じで引きこまれました。いろいろ見応えのあるシーンもたくさんあり、映画館で観る価値のある映画だったなーと大満足でした。がしかし、エンディングはなぜ松たか子さんじゃなかったのか? そこわざわざ別の人じゃなくても、もう一度エルサの歌声の方が感慨深くて良かったのになーと思いました。個人的な感想でした。

さて、今回のカップ麺は、大黒食品工業の「ビック チゲカラらーめん」です。こちらいろいろ種類があったんですが、自分の独断でこちらの商品を選びました。理由は美味しそうだったからです。

20140402_2.jpg

20140402_3.jpg

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スープはチゲっぽく辛い香辛料の風味がしっかりあります。食べるとピリ辛よりちょっと辛いぐらいの辛さに、かなり主張が強い酸味があります。酸っぱくなったキムチで鍋作った時みたいなアレです。これが自分には適度な酸っぱ辛さで美味しかったです。油揚げ麺風味もなんのその、って感じでした。麺は普通な感じですが、縮れているのでスープをよく拾って良かったです。具は、ネギ、ゴマ、わかめ、ですかね。わかめはだいぶ少量で残念。スープに良く合っていたし、もうちょっと入っていたらいいなー。いつも買っているカップ麺に比べ100円ぐらい安く買える商品ですが、十二分に美味しい一杯でした。これこそ気軽に買い溜めできる存在かも。ご飯との相性も鍋のシメ的な感じでかなり美味しかったです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「大黒 冷したぬきうどん」



今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷したぬきうどん」。4種類出ている「冷しシリーズ」の1つで、他の3種はすでにこのブログで紹介しています。





オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
パッケージは涼しげでさわやかですが、味はかなりのジャンキーです。つゆと油揚げ麺臭が絶妙にマッチし、それに揚げ玉が強力に厚みを加えています。食べた後だと、パッケージの清流がまるで油の滝に見えます(あ、嘘ですよ)。油の滝ってほどコッテリしているわけではないですが、うどんであって非なるものです。ジャンキー度で言えば同じ「冷しシリーズ」のたぬきそばと同じくらいです。私は油揚げ麺臭があまり好きではないですが、この商品は油揚げ麺臭を良い方向で活用している感じがしました。定価180円なのでその価格で取得するなら★5、でもこの商品は激安スーパー等で100円前後で売られていることが多い商品なので、その価格で取得したなら★6ですね。個人的には「冷しシリーズ」での評価は「たぬきそば」>=「たぬきうどん」>「冷し中華」>「担々麺」でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「大黒 冷し担々麺」



どうもオサーンです。昨日に続いてアイスの話ですが、ローソンのフローズンスイーツシリーズを7味制覇しました。これは基本リッチなかき氷ですね。他の味に比べてだいぶ高いのがチョコレート味ですが、やはりこれが特にリッチな味がしておいしかったです。でも味もコスパ的にも昨日紹介したセブンの練乳氷の方がいいかな。次はファミマのパフェアイスシリーズに挑戦する予定です。

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷し担々麺」。「冷しシリーズ」の商品です。このブログではシリーズ3つめです。あともう1コ「冷したぬきうどん」が残っていて、これも近々食べる予定です。





スープは、練りゴマの風味、酢の酸味、辛みが感じられ、ベースはみそ味のようです。ただどれかが勝っているわけではなく、全体的にこってりというほどではなく特に特徴がある感じでもないです。「冷し担々麺」という形状だけで十分特徴的ではあるのですが、味でもちょっと尖ったところが欲しかったです。

は、中細の油揚げ麺。やや油揚げ麺臭がスープに勝ってしまっていたように感じました。あと同じシリーズの他商品と共通していますが、「冷し」の状態にするには水を入れて捨てる作業を3~4回ほど繰り返さねばならず、これはちょっと手間です。

は、ふりかけのネギ、ゴマ、唐辛子。「担々麺」を特徴づける具としてはちょっと不足してますね。肉そぼろとか入っていると担々麺ぽくなると思うのですが。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「冷し担々麺」という形状は面白いですが、味にもうひと工夫欲しかったですね。担々麺らしさが少なく、味の特徴もあまり感じられません。180円という定価から考えてこの評価にしました。でも安く売っていることが多いと思われるので、100円程度で買えるなら★4で。このブログでは「冷したぬきそば」と「冷し中華」を食べていますが、その2つに比べるとちょっと今一歩でした。シリーズの他の商品と比べて今年出た新しい商品らしいので、今後の改良が期待されます。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「大黒 冷し中華」



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷し中華」。





オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
大黒食品の「冷しシリーズ」です。先週食べた「冷したぬきそば」に続いてこの「冷し中華」を食べてみました。やはり「冷し」の状態で食べるのはお湯捨て水入れを3~4回以上しなければいけないのが手間ですが、それ以外は油揚げ麺でしかも具も少ないものの意外ときちんと冷やし中華でした。油揚げ麺臭はタレの酸味で中和されているし、麺のコシも冷やし中華らしくしっかりしていていました。ただ先週のたぬきそばに比べるとジャンキーさはないし、普通のデキかな。カップ麺の冷やし中華なんでホント珍しいので、話の種として1回食べておくといいかもです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大黒食品工業 「大黒 冷したぬきそば」



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷したぬきそば」。長いことカップ麺のブログをやってきましたが、大黒食品の商品を食べるのはこのブログでは初めてです。大黒食品のファンのみなさま今まで無視してすいません!大黒食品の商品は基本的にスーパーにしか置いておらず、私はコンビニに売ってない商品は基本的にあまり買わないので手付かずのままでした。今後も積極的に食べるつもりはないですが、この「冷しシリーズ」は前々からスーパーで見かけて気になっていたので、最近新発売の数が少ないこともあって食べてみることにしました。





つゆは、ごく一般的と思われるそばつゆ。味自体に特徴的なものは見出せません。つけて食べるのではなく混ぜて食べるところが、ざるそばではなくたぬきそばなのでしょう。ダシの強さは控えめでしょうゆは濃いめだと思います。

は、油揚げ麺の日本そば。この商品はカップ焼そばと同じように湯切りをするのですが、湯を切った後2回以上水を通して捨てることが推奨されています。実際のところ、商品名にある「冷し」の状態にするには残念ながら水道の蛇口からの水だと2回では足りません。2回だとぬるい、3回だと常温と同じくらい、4回めでやっとちょっと冷たくなるって感じでしょうか。「冷したぬきそば」として食べるならば蛇口からの水なら4回以上、もしくは冷蔵庫等で冷やした水を使う必要があります。この点はちょっと手間ですね。そして食べた印象ですが、表面がヌルヌルしています。茹でた後に洗ってないそばを食べるかのようなぬめりです。最初こりゃ駄目だ・・・と思って食べていましたが、だんだん油揚げ麺特有の風味と相まってジャンキーな味わいを醸し出してきます。日本そばの味は確かにするんですが、この麺の魅力はそこではないように思います。なんか全然日本そばらしくないですが、これはこれでありでした。とても不思議な感覚でした。

は、揚げ玉、ネギ、七味唐辛子。揚げ玉や七味と先ほどのジャンキーな麺との相性がバツグンです。特に揚げ玉は凶器で狂気ですね。ジャンキーな麺が揚げ玉を加えることでジャンキーの権化に変化します。今回はカップ麺ブログの記事にするのでやりませんでしたが、もしフリーでこの商品を食べるなら、私はスーパーで売っている安い天カスを買ってきて大量に投入することでしょう。健康上大いに問題ある食べ物になることはとりあえず置いておいてw

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
商品名は「冷したぬきそば」ですが、冷したぬきそばなんて範疇に収まる商品ではないです。油揚げ麺のぬめり、油揚げ麺の風味、揚げ玉の織りなす冷しジャンクそばです。まぜそばを始めとして意図的なジャンクカップ麺が巷にはたくさんありますが、この商品はそうではなく、忠実に冷したぬきそばを再現しようとして意図せずたどり着いた天然ジャンクカップ麺だと思います。定価180円なのでその価格て入手するならということで★5にしましたが、大黒食品の商品はたいがい100円台前半もしくは激安スーパーならば100円を切る価格で買えてしまうので、100円台前半で入手できれば★6、100円を切れば★7でも良いと感じました。私は89円で入手しているのでこの価格なら★7です。思わぬ素晴らしい?商品に巡り合えました。このシリーズの他の3品もチェックする予定です。



追記
タイトルなど「冷したぬきうどん」になっていたのを「冷したぬきそば」に訂正しました。ご指摘いただいた方々ありがとうございます。いつも商品名は公式サイトからコピペしてくるのですが、公式サイトが間違って記載しており、それをそのまま引っ張ってきてしまいました。大変申し訳ありませんでした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加