出前一丁の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:出前一丁

出前一丁のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-09-03 カップ麺
「出前一丁」をまぜそばにアレンジした一杯 今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁まぜそばカップ」。8月14日に発売された商品で2週間前のものとなりますが、最近やっと見つけたので食べてみたいと思います。袋麺の定番「出前一丁」のカップ麺版として、今までもいろいろとアレンジされた商品が出てきました。今回は「まぜそば」にアレンジした一杯となります。以前にも「からっ! 出前一丁まぜそば」という商品が出ていたようで...

記事を読む

2017-05-18 カップ麺
今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油」。出前一丁の新味で、袋麺とともに発売されました。出前一丁はゴマ油の風味が特徴で、担々麺もゴマが使われているので親和性高そうですが、でも担々麺のスープが本気を出せはゴマ油の風味なんてどっかふっとんでしまいそうでちょっと不安です。果たして出前一丁らしくいられているのか注目して食べたいと思います。 商品概要 品名:出前一丁...

記事を読む

2016-05-25 カップ麺
どうもオサーンです。エイシンヒカリのイスパーン賞、驚くほど強かったですね。10馬身差ですか。私が競馬にはまり込んでいたピークの時代に、シーキングザパールやタイキシャトルがヨーロッパでようやくG1を勝利することができ、そこから時を経て、ついに10馬身、それもかつてモーリス・ド・ギース賞をシーキングザパールで勝った武豊騎手騎乗とか、もう涙モノです。 今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁ビッグカップ 肉大...

記事を読む

2016-02-27 カップ麺
どうもオサーンです。生活している中でこのブログの冒頭文章に書くことをいろいろ考えているのですが、いざPCに向かって書こうとすると何も頭に浮かんでこない。よく冒頭文章なしで本文始めちゃうことがありますが、決して楽しようとしているわけではなく、常に悩む時間の末に思い浮かばなかっただということをご理解いただけると嬉しいです。ってか、関係ない文章なんて要らないという意見は以前から頂いてるんですけどねw 今...

記事を読む

2015-02-05 カップ麺
どうもオサーンです。先日節分だったので素煎り大豆を買ってきて食べたんですが、買ったのはよくわからないメーカーの安い大豆と、その安い大豆の2倍の値段のするでん六の大豆。食べ比べてみると一目瞭然、断然でん六の方がおいしかったです。食感が軽くて風味がいいんですよね。さすが節分シーズンには圧倒的な存在感で節分コーナーで幅を利かせるでん六商品ですね。ちなみにうちの近所のスーパーでは、節分コーナーにでん六商品...

記事を読む

2014-08-16 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、日清食品の「焼出前一丁カップ」。 オススメ度(標準は3です) ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3) 出前一丁の味に仕上げたしょうゆ味ソースの焼そばですが、出前一丁らしさはゴマ油ぐらいでしたかね。それにしてもそんな強く効いているわけではないので、出前一丁の焼そばだという感じはほとんどしなかったです。カップ焼そばに飽きて変わり種のものが食べたくなったらこれの選択肢もあるかなっ...

記事を読む

2009-01-10 カップ麺
ここのとこ毎日カップ麺を食べるようになってからは、スッカリ袋麺とはご無沙汰になってしまいました。以前よく食べていたのは、「明星 チャルメラ しょうゆラーメン」、「マルちゃん 屋台十八番 しょうゆ」(北海道限定)、「出前一丁」などでした。どれもしょうゆ味ですが、ひとクセあっておいしかったですね。 今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁 受験生応援カップ」。袋麺でよく食べていたので絶対食べてやろうと思っ...

記事を読む

日清食品 「出前一丁まぜそばカップ」



「出前一丁」をまぜそばにアレンジした一杯

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁まぜそばカップ」。8月14日に発売された商品で2週間前のものとなりますが、最近やっと見つけたので食べてみたいと思います。袋麺の定番「出前一丁」のカップ麺版として、今までもいろいろとアレンジされた商品が出てきました。今回は「まぜそば」にアレンジした一杯となります。以前にも「からっ! 出前一丁まぜそば」という商品が出ていたようですが、このブログでは未食です。出前一丁と言えばごまラー油の味が特徴的で、今までのカップ麺商品もそこは大事にされてきているので、今回のまぜそばでごま油がどう活かされているのか、楽しみに食べたいと思います。



商品概要

品名:出前一丁まぜそばカップ
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月14日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・特製ごまラー油・仕上げのお酢)
定価:税別180円
取得価格:税込113円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油」



今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油」。出前一丁の新味で、袋麺とともに発売されました。出前一丁はゴマ油の風味が特徴で、担々麺もゴマが使われているので親和性高そうですが、でも担々麺のスープが本気を出せはゴマ油の風味なんてどっかふっとんでしまいそうでちょっと不安です。果たして出前一丁らしくいられているのか注目して食べたいと思います。



商品概要

品名:出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油
メーカー:日清食品
発売日:2017年5月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(辛ごまラー油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「出前一丁ビッグカップ 肉大盛りごまラー油」



どうもオサーンです。エイシンヒカリのイスパーン賞、驚くほど強かったですね。10馬身差ですか。私が競馬にはまり込んでいたピークの時代に、シーキングザパールやタイキシャトルがヨーロッパでようやくG1を勝利することができ、そこから時を経て、ついに10馬身、それもかつてモーリス・ド・ギース賞をシーキングザパールで勝った武豊騎手騎乗とか、もう涙モノです。

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁ビッグカップ 肉大盛りごまラー油」。最近定期的に新商品が出る出前一丁カップシリーズの新作です。今回は肉とニンニクが特徴の一杯のようです。





スープは、「コクのあるしょうゆベースにニンニクを利かせたスープ」で、「食欲をそそる特製『ごまラー油』」が別添とのこと。基本的には出前一丁のごまラー油の効いたしょうゆスープに、強めのニンニクを効かせた構成。出前一丁ニンニクバージョンということですが、コッテリ感が相当増しています。反面、ちょっと遊びのない味になってしまっている印象を受けました。ノーマル出前一丁にはある、甘さというか、ゆるさというか、そういうのがないので、ちょっと窮屈な味でした。詰まるところ、もうちょっと甘みを感じられる方が味に幅が出て良かったかなぁと感じる次第でした。好みの問題なんでしょうが。

は、「スープによく絡む中細ウェーブ麺」とのこと。中細の油揚げ麺なんですが、印象的にはもっと細いかなぁと思います。油揚げ麺ですが油揚げ麺的な味の主張はあまりなく、スープの邪魔はしていません。逆に、濃いスープに比してちょっと弱いくらいですかね。ただ、出前一丁らしい細麺ののどごしが心地よかったです。細麺で麺量が多いというのは何とも食べ応えがありますね。最近あまり食べられなくなっている私オサーンには全部食べるのがちょっと大変でした。

は、「豚肉、豚ミンチ、かきたま、ネギ、炒りごま」とのこと。大きめのダイスミンチが大量に入っています。商品名の「肉大盛り」に偽りなし、これだけで食べる価値のある一杯だと思います。もう1種類肉が入っていますが、そっちはダイスミンチに比べると目立ってなかったです。他の具もダイスミンチに比べると相対的に目立ってなかったですが、炒りゴマの風味はごまラー油とともに風味に彩りを加えていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
とにかく肉な一杯でした。正直、あまりスープは好みではなかったんですが、肉だけで余裕で平均以上に持っていってしまう凄みがありました。これだけ肉が入っていれば特に出前一丁である必要もないんですが、肉だけのために買っていい商品だと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風」



どうもオサーンです。生活している中でこのブログの冒頭文章に書くことをいろいろ考えているのですが、いざPCに向かって書こうとすると何も頭に浮かんでこない。よく冒頭文章なしで本文始めちゃうことがありますが、決して楽しようとしているわけではなく、常に悩む時間の末に思い浮かばなかっただということをご理解いただけると嬉しいです。ってか、関係ない文章なんて要らないという意見は以前から頂いてるんですけどねw

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風」。チキンラーメンの変わり種はよく発売されていましたが、最近は出前一丁も定番商品らしくアレンジ商品が多く出てきましたね。今回はチキンラーメンと同時発売ということでしたが、私が行った中では店頭で多く見かけた出前一丁の方を食べてみたいと思います。





スープは、「『台湾ラーメン』の特徴であるしょうゆベースのスープに赤唐辛子でアクセントをつけた辛さの中にもしっかり旨みを感じるスープ」で、「ヒハツエキス、ショウガ入り」、別添で「辛さをアップした特製ごまラー油」とのこと。出前一丁といえばごまラー油の風味が特徴ですが、今回はそれの辛さが強くなっています。出前一丁のイメージの割には結構辛くて、ピリ辛以上はあるんじゃないかと思います。ただ、辛くなった出前一丁以上のものではなく、スープからはあんまり台湾ラーメンらしさは伝わってこなかったですかね。辛さが苦手じゃなければ出前一丁の延長線上にあると捉えて問題ないんじゃないでしょうか。

は、「出前一丁のスープによく絡む、中細ウェーブ麺」とのこと。カップ出前一丁のいつもの中細で縮れた油揚げ麺です。袋麺のイメージを崩すことのない、やわらかくて無難な麺ですね。スープとの相性も当然問題なく、出前一丁らしさがしっかり感じられました。

は、「肉ミンチ、ニラ、赤唐辛子、炒りごま」とのこと。なるほど台湾ラーメンらしさは具にありましたか。ダイスミンチにニラで、ここはしっかり台湾ラーメンしていました。味的にはニラはそれほど強いわけではなく、炒りゴマあたりは出前一丁っぽさの方が強いですね。価格相応の安っぽさですが、それでこそ出前一丁なのかな。悪い感じはしませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具に台湾ラーメンのイメージがありましたが、基本的にはちょっと辛い出前一丁という認識でいいと思います。無理矢理台湾ラーメンっぽくした感は否めませんが、無難に食べられる味なのはさすが出前一丁といったところでしょうか。あんまり期待せずに、スーパーで安く売られてるならば買ってもいいかなといった印象でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」



どうもオサーンです。先日節分だったので素煎り大豆を買ってきて食べたんですが、買ったのはよくわからないメーカーの安い大豆と、その安い大豆の2倍の値段のするでん六の大豆。食べ比べてみると一目瞭然、断然でん六の方がおいしかったです。食感が軽くて風味がいいんですよね。さすが節分シーズンには圧倒的な存在感で節分コーナーで幅を利かせるでん六商品ですね。ちなみにうちの近所のスーパーでは、節分コーナーにでん六商品が14種類置いてありました。おそるべし。

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」。カップ麺じゃないですが。すっかり日清の定番品となったごはんモノの新作です。今回は出前一丁をモチーフとしています。







味付けは、「しょうゆ味をベースに、たまごとチャーシューを炒めた風味を加え、チャーハンの香ばしさを再現し」、「出前一丁ならではの、焙煎したごまの風味が香ばしい『秘伝のごまラー油」』」が別添とのこと。炒めた風味があるので味は確かにチャーハンっぽいんですが、別添のごまラー油が一人勝ちしている味でした。私はゴマ油が好きなので香ばしくて良かったですが、全体の味として考えるともうちょっとごまラー油の味が弱い方が良かったのかなと思います。もちろん、本家出前一丁の味の一番の特徴はごまラー油なのでしょうがないですけどね。

ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。最近日清のごはんといえばカレーメシばかり食べていたので普通のごはんを食べるのは久しぶりだったのですが、ルーのあるカレーメシよりも今回の方がごはんとしてのデキは良いんじゃないですかね。硬さのムラが少なかった印象です。それでもやはり、規定のレンジ時間に加えて蒸らす時間を作ったほうがおいしく食べられると思います。

は、「コロ・チャー、かきたまフレーク、ナルト、ネギ」とのこと。カップヌードルに入っているコロチャーですが、これはしっかりチャーハンらしさを演出していておいしかったです。たまごにナルトも存在感あって具は結構賑やかでしたね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
出前一丁らしさを出しつつチャーハンとして成立させている無難なデキでした。ちょっとゴマ油風味が強すぎるのでもうちょっと弱いと良かったかなと感じました。出前一丁のごまラー油が好きならばオススメできる一杯です。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「焼出前一丁カップ」



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、日清食品の「焼出前一丁カップ」。





オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
出前一丁の味に仕上げたしょうゆ味ソースの焼そばですが、出前一丁らしさはゴマ油ぐらいでしたかね。それにしてもそんな強く効いているわけではないので、出前一丁の焼そばだという感じはほとんどしなかったです。カップ焼そばに飽きて変わり種のものが食べたくなったらこれの選択肢もあるかなってところだと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「出前一丁 受験生応援カップ」



ここのとこ毎日カップ麺を食べるようになってからは、スッカリ袋麺とはご無沙汰になってしまいました。以前よく食べていたのは、「明星 チャルメラ しょうゆラーメン」、「マルちゃん 屋台十八番 しょうゆ」(北海道限定)、「出前一丁」などでした。どれもしょうゆ味ですが、ひとクセあっておいしかったですね。

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁 受験生応援カップ」。袋麺でよく食べていたので絶対食べてやろうと思っていた商品です。「出前一丁」といえば、ごまラー油の香りを一辺倒で売りにしている商品で、さすがに他の袋麺とはひと味違いました。カップ麺ではどんな感じなんでしょうか。





スープは、控えめなしょうゆ味で、後で加えるごまラー油の味と香りを最大限に際立たせています。基本的には袋麺のスープと共通部分が多いですが、袋麺に比べて多少あっさり風味に感じました。当たり障りのない味でちょっと残念でしたね。

麺は、カップヌードルの麺をちょっと太くしたような油揚げ麺ですが、袋麺に比べるとコシがなかったです。強火で煮立てられる袋麺よりもやわらかい造りになるのは致し方ないところですが、今回の物足りない麺を食べて、袋麺の出前一丁のおいしさは麺のコシが重要な役割を果たしているんだなと改めて思いました。

具は、細切れのチャーシューと、キャベツ、ニンジン、コーン、ネギ。カップヌードルよりも小さいカップの中にたくさん具が入っていてお得感があり、チャーシューの甘い味付けが淡白なスープの中で映えていておいしかったです。コーンやキャベツの甘みも良かったですね。

カップ麺の「出前一丁」は初めて食べましたが、袋麺に比べると味ではだいぶ落ちる感じでしたね。具が入っていて手軽なところがカップ麺のウリなので、具に力を入れたのは良かったと思います。カップが小さくて量も少ないので、夜中に受験生が勉強の合間に食べるのにはちょうど良いかもしれません。味とは関係ないですが、疲れた頭に頭の体操をとか言ってパッケージに載せているパズルはいかがなものかと。かえって頭が疲れませんかね?

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具を中心にしっかりまとまっている良品とは思うが、袋麺の「出前一丁」の味に比べるとインパクトが小さいのでこの評価。出前一丁らしい麺のコシが欲しかった。

品名:出前一丁 受験生応援カップ
メーカー:日清食品
発売日:2009年1月5日(月)
カロリー:322kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(ごまラー油)
定価:税別170円
取得価格:税込168円(ファミリーマート)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます