凄麺の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:凄麺

凄麺のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-10-08 カップ麺対決食べ比べ
ご当地ラーメン「麺ニッポン」vs「凄麺」の第4弾は、「博多とんこつ」対決! 今回は、日清食品の「日清麺ニッポン 博多とんこつラーメン」と、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ」を食べ比べます。「日清麺ニッポン」と「ニュータッチ凄麺」のご当地ラーメン対決は今回で4回目となり、今回は「博多とんこつ」での比較になります。凄麺の熟炊きとんこつといえばノンフライとんこつラーメンの中では古豪的な存在で...

記事を読む

2017-09-30 カップ麺
以前は「手緒里庵」シリーズだった「凄麺」のノンフライ蕎麦 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば」。「凄麺」シリーズに新たにラインナップされたお蕎麦2品のうちのひとつで、どちらも以前は「手緒里庵」シリーズで出ていた商品です。「手緒里庵」時代には未食だったので、今回きちんと食べてみたいと思います。それにしてもこのお蕎麦2品、ぜひとも食べてみたいと思っていたのに全然見つけられ...

記事を読む

2017-09-23 カップ麺対決食べ比べ
「麺ニッポン」vs「凄麺」のご当地ラーメン対決、今度は「長崎ちゃんぽん」! 今回は、日清食品の「日清麺ニッポン 長崎ちゃんぽん」と、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 長崎ちゃんぽん」を食べ比べます。「日清麺ニッポン」と「ニュータッチ凄麺」のご当地ラーメン対決、前回は「札幌味噌」で比較しましたが、今回は「長崎ちゃんぽん」。どちらもリニューアルではなく、今年7月に発売された新しめの商品となっています。長崎ちゃ...

記事を読む

2017-09-23 カップ麺対決食べ比べ
「麺ニッポン」vs「凄麺」のご当地ラーメン対決、第1ラウンドは「札幌味噌」 今回は、日清食品の「日清麺ニッポン 札幌味噌ラーメン」と、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン」を食べ比べます。「日清麺ニッポン」と「凄麺」はともに、ご当地ラーメンの再現を主眼に置いたシリーズで、個人的には、スーパー等で強い「凄麺」シリーズに対し、「日清麺ニッポン」は日清食品が打倒「凄麺」を目標に誕生させたシリー...

記事を読む

2017-09-21 カップ麺
「極み」と名のつく「凄麺」シリーズの商品は2つめ 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み」。ヤマダイの「凄麺」シリーズの新作で、「中華そばの極み」に続く商品名に「~の極み」と付く商品です。凄麺シリーズには「~の逸品」もあり、なんだかキャラが被ります。どういう意図で商品名つけているのかよくわかりませんが、「極み」と言われてしまうとかなりおいしそうで食べたくなってしまいます。全...

記事を読む

2017-08-30 カップ麺
レトルトメンマ使用でメンマにこだわった一杯 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 メンマの逸品」。こだわってレトルトメンマを使用したしょうゆ味の一杯で、メンマ大好きな私オサーンとしては、こういう商品を心待ちにしていました。今のところカップ麺業界でメンマ最強なのはセブンプレミアムの「地域の名店シリーズ もちもちの木」だと思いますが、それを超えるメンマに期待したいところ。価格帯がだいぶ違うの...

記事を読む

2017-05-04 カップ麺
今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン」。凄麺シリーズの新作です。今回はこれからの夏に向けた辛い商品となっています。ネギがたくさんでおいしそうです。 商品概要 品名:ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン メーカー:ヤマダイ 発売日:2017年5月1日(月) 麺種別:ノンフライ麺 かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく2袋) 定価:税別230円 取得価格:税込248円(ロ...

記事を読む

2017-01-07 カップ麺
よくこの商品を食べて欲しい、あの商品を食べてレビューしてくれ、というようなリクエストをもらうのですが、なかなか期待に応えられていません。まずこのブログが新商品のレビューをするブログだということがひとつ、そしてメーカーによってカップ麺の販売地域が異なっており、私の住む地域ではなかなか手に入らないということがひとつ。サンポー食品とか九州では大メジャーなカップ麺メーカーですが、私の住む地域の人にとっては...

記事を読む

2016-12-12 カップ麺
今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 15周年記念ねぎみその逸品」。凄麺シリーズ15周年を記念して発売された、通常の「ねぎみその逸品」よりネギの量が30%増量された商品です。以前この商品を食べたのが随分昔で、そして記事にもしていないので、今回の30%増量の今までとの比較はできないですが、食べてみたいと思います。この「ねぎみその逸品」ですが、何を隠そう私オサーンの盟友であるハンサム氏が愛してやまない商品だったり...

記事を読む

2016-08-16 カップ麺
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 京都背脂醤油味(四代目)」。背脂とネギという、京都ラーメンの特徴を押さえていることがパッケージからわかる商品ですね。新福菜館というよりはますたに系のラーメンかと思われます。この商品は、ブログでは過去2度登場しており、いずれもハンサム氏が食べています。今回は私オサーンが食べてみたいと思います。 商品概要 品名:凄麺 京都背脂醤油味(四代...

記事を読む

【ご当地ラーメン対決】 日清麺ニッポン vs ニュータッチ凄麺 【博多とんこつ】



ご当地ラーメン「麺ニッポン」vs「凄麺」の第4弾は、「博多とんこつ」対決!

今回は、日清食品の「日清麺ニッポン 博多とんこつラーメン」と、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ」を食べ比べます。「日清麺ニッポン」と「ニュータッチ凄麺」のご当地ラーメン対決は今回で4回目となり、今回は「博多とんこつ」での比較になります。凄麺の熟炊きとんこつといえばノンフライとんこつラーメンの中では古豪的な存在で、もう何度もリニューアルが繰り返されてきました。一方の麺ニッポンは昨年9月に新発売され、価格、味の系統、具の構成から、完全に凄麺を意識して開発された商品と思われます。どちらもこのブログではレポ済ですが、改めて食べ比べてみたいと思います。



商品概要

品名:日清麺ニッポン 博多とんこつラーメン
メーカー:日清食品
発売日:2016年9月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・焼豚)
定価:税別220円
取得価格:税込203円(ラルズ)

品名:ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ
メーカー:ヤマダイ
発売日:2016年12月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・紅生姜)
定価:税別210円
取得価格:税別198円(卸売スーパー)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば」



以前は「手緒里庵」シリーズだった「凄麺」のノンフライ蕎麦

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば」。「凄麺」シリーズに新たにラインナップされたお蕎麦2品のうちのひとつで、どちらも以前は「手緒里庵」シリーズで出ていた商品です。「手緒里庵」時代には未食だったので、今回きちんと食べてみたいと思います。それにしてもこのお蕎麦2品、ぜひとも食べてみたいと思っていたのに全然見つけられなくて、食べるの諦めていましたが、たまたま立ち寄った普段行かないスーパーで「かき揚げ天ぷらそば」だけ発見することができました。ノンフライ麺のお蕎麦の威力がどんなものなのか、非常に期待しています。



商品概要

品名:ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年9月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・先入れかやく入り粉末スープ・かき揚げ天ぷら)
定価:税別210円
取得価格:税込203円(ラルズマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご当地ラーメン対決】 日清麺ニッポン vs ニュータッチ凄麺 【長崎ちゃんぽん】



「麺ニッポン」vs「凄麺」のご当地ラーメン対決、今度は「長崎ちゃんぽん」!

今回は、日清食品の「日清麺ニッポン 長崎ちゃんぽん」と、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 長崎ちゃんぽん」を食べ比べます。「日清麺ニッポン」と「ニュータッチ凄麺」のご当地ラーメン対決、前回は「札幌味噌」で比較しましたが、今回は「長崎ちゃんぽん」。どちらもリニューアルではなく、今年7月に発売された新しめの商品となっています。長崎ちゃんぽんが両シリーズにこれまでなかったのは意外ですよね。さて、どちらも新発売の時期を逃すとなかなか店頭で手に入りにくい商品なのですが、凄麺の方は調達本部長のハンサム氏に送ってもらって手に入れることができました。「札幌味噌」の対決では僅差で麺ニッポンに軍配を上げましたが、今回「長崎ちゃんぽん」対決では果たしてどうなるでしょうか。ちなみに麺ニッポンの方はすでにこのブログでレポ済で、★5の評価をしています。凄麺がそれ以上の評価になるのかどうか、楽しみに食べたいと思います。



商品概要

品名:日清麺ニッポン 長崎ちゃんぽん
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月24日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく2袋)
定価:税別220円
取得価格:税込189円(イオン)

品名:ニュータッチ 凄麺 長崎ちゃんぽん
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年7月17日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ粉末スープ・かやく・調理油)
定価:税別210円
取得価格:税込224円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご当地ラーメン対決】 日清麺ニッポン vs ニュータッチ凄麺 【札幌味噌】



「麺ニッポン」vs「凄麺」のご当地ラーメン対決、第1ラウンドは「札幌味噌」

今回は、日清食品の「日清麺ニッポン 札幌味噌ラーメン」と、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン」を食べ比べます。「日清麺ニッポン」と「凄麺」はともに、ご当地ラーメンの再現を主眼に置いたシリーズで、個人的には、スーパー等で強い「凄麺」シリーズに対し、「日清麺ニッポン」は日清食品が打倒「凄麺」を目標に誕生させたシリーズのように感じています。いつか両者を比較したいと思っていましたが、今回「札幌味噌」のリニューアル時期が両者重なったので、良い機会だと思い食べ比べすることにしました。凄麺は先月の、麺ニッポンは今週のリニューアルとなっています。



商品概要

品名:日清麺ニッポン 札幌味噌ラーメン
メーカー:日清食品
発売日:2017年9月18日
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・かやく・おろししょうが)
定価:税別220円
取得価格:税込237円(セイコーマート)

品名:ニュータッチ 凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年8月21日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:(後入れ液体スープ・かやく・調理済具材)
定価:税別210円
取得価格:税込224円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み」



「極み」と名のつく「凄麺」シリーズの商品は2つめ

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み」。ヤマダイの「凄麺」シリーズの新作で、「中華そばの極み」に続く商品名に「~の極み」と付く商品です。凄麺シリーズには「~の逸品」もあり、なんだかキャラが被ります。どういう意図で商品名つけているのかよくわかりませんが、「極み」と言われてしまうとかなりおいしそうで食べたくなってしまいます。全部「極み」にしちゃえば良いんじゃないですかね。すでに「凄麺」シリーズでは「横浜とんこつ家」というとんこつしょうゆスープの商品があり、それときちんと差別化できているのかも気になります。ちょっとやそっとの魚介の効かせかたでは差別化はできないのではないかと、老婆心ながら心配しています。「中華そばの極み」と「メンマの逸品」の例もありますしね。さてさてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の極み
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年9月18日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・後入れかやく入り粉末スープ・かやく・焼のり)
定価:税別240円
取得価格:税込248円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 メンマの逸品」



レトルトメンマ使用でメンマにこだわった一杯

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 メンマの逸品」。こだわってレトルトメンマを使用したしょうゆ味の一杯で、メンマ大好きな私オサーンとしては、こういう商品を心待ちにしていました。今のところカップ麺業界でメンマ最強なのはセブンプレミアムの「地域の名店シリーズ もちもちの木」だと思いますが、それを超えるメンマに期待したいところ。価格帯がだいぶ違うので超えるのは難しいかと思いますが、どこまで迫れるのか期待したいです。そしてメンマにあうスープなのかも注目したいところ。鶏ガラベースのしょうゆ味だとメンマとの相性の良さも高まります。さてさてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:ニュータッチ 凄麺 メンマの逸品
メーカー:ヤマダイ
発売日:2016年8月28日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・レトルト調理品)
定価:税別210円
取得価格:税別178円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン」



今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン」。凄麺シリーズの新作です。今回はこれからの夏に向けた辛い商品となっています。ネギがたくさんでおいしそうです。



商品概要

品名:ニュータッチ 凄麺 麻辣ねぎラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年5月1日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく2袋)
定価:税別230円
取得価格:税込248円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「凄麺 仙台辛味噌ラーメン」



よくこの商品を食べて欲しい、あの商品を食べてレビューしてくれ、というようなリクエストをもらうのですが、なかなか期待に応えられていません。まずこのブログが新商品のレビューをするブログだということがひとつ、そしてメーカーによってカップ麺の販売地域が異なっており、私の住む地域ではなかなか手に入らないということがひとつ。サンポー食品とか九州では大メジャーなカップ麺メーカーですが、私の住む地域の人にとってはそれが会社名から食べ物を作るメーカーなんだろうなということしかわかりませんw 徳島製粉も西日本では金ちゃんブランドでかなり幅を利かせているメーカーですが、東日本だとせいぜい100円ショップで売られているのをたまに見かけるくらいだと思います。そんなわけで、局地的に展開するカップ麺と局地的に住んでいる私オサーンとの相性が悪くてなかなか期待に応えられなかったんですが、これからは新商品の合間にぼちぼち食べていこうかなと思っています。まずは私の住む地域でも手に入りやすいヤマダイからいってみたいと思います。

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 仙台辛味噌ラーメン」。凄麺シリーズの中でも名作に数えられる商品で、今の商品が10代目とのこと。凄麺シリーズはねぎみその逸品という大エースがみそ味ですが、こちらもみそ味。意気込んで食べてみたいと思います。



商品概要

品名:凄麺 仙台辛味噌ラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2016年6月20日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・調理済具材)
定価:税別210円
取得価格:税込198円(卸売スーパー)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマダイ 「凄麺 15周年記念ねぎみその逸品」



今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 15周年記念ねぎみその逸品」。凄麺シリーズ15周年を記念して発売された、通常の「ねぎみその逸品」よりネギの量が30%増量された商品です。以前この商品を食べたのが随分昔で、そして記事にもしていないので、今回の30%増量の今までとの比較はできないですが、食べてみたいと思います。この「ねぎみその逸品」ですが、何を隠そう私オサーンの盟友であるハンサム氏が愛してやまない商品だったりします。最近ハンサム氏は本業が忙しくてなかなかこちらのブログで記事を書いてもらうことはできていませんが、そのうち復帰できると思います。



商品概要

品名:凄麺 15周年記念ねぎみその逸品
メーカー:ヤマダイ
発売日:2016年12月5日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・やくみ)
定価:税別210円
取得価格:税込224円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【質実剛健コスパ最強!】 ヤマダイ 「凄麺 京都背脂醤油味(四代目)」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 京都背脂醤油味(四代目)」。背脂とネギという、京都ラーメンの特徴を押さえていることがパッケージからわかる商品ですね。新福菜館というよりはますたに系のラーメンかと思われます。この商品は、ブログでは過去2度登場しており、いずれもハンサム氏が食べています。今回は私オサーンが食べてみたいと思います。



商品概要

品名:凄麺 京都背脂醤油味(四代目)
メーカー:ヤマダイ
発売日:2016年8月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・後入れかやく)
定価:税別210円
取得価格:税込224円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます