セブンプレミアムの記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:セブンプレミアム

セブンプレミアムのタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-08-02 カップ麺
山形赤湯の名店「龍上海」カップ麺も「地域の名店シリーズ」から「銘店紀行」シリーズへ鞍替え 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2018年8月1日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「銘店紀行」シリーズのカップ麺です。 「龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店で、魚介の効いたみそ味のスープに辛みそがのるのが大きな特徴です。新横浜のラーメン博物館...

記事を読む

2018-07-28 カップ麺
イトーヨーカドーで手に入れたセブンでは見かけない廉価カップ焼そば2点 今回は、セブンプレミアムの廉価カップ焼そば2点、「セブンプレミアム ソース焼そば」と「セブンプレミアム 塩焼そば」を食べ比べてみたいと思います。どちらも2018年7月16日にリニューアル発売された商品で、製造は東洋水産が担当しています。セブンプレミアムの商品ですが、セブンイレブンで見かけたことはなく、今回はイトーヨーカドーで入手しました。...

記事を読む

2018-07-25 カップ麺
「IPPUDO」タイバンコク店の人気メニューを逆輸入でカップ麺化 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「IPPUDO タイ トムヤムクン豚骨」。製造は日清食品。2018年7月23日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「IPPUDO」シリーズの3作目の商品となります。 タイ料理の王者として日本でも知名度の高い「トムヤムクン」と、一風堂の誇る「とんこつ」スープの組み合わせは果たしてどんなものなのか。もともとトムヤムクンのカ...

記事を読む

2018-07-18 カップ麺
昨年出ていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品か 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらたっぷりねばねばうどん」。製造は東日本明星(明星食品)。発売日はわからなかったですが、最近発売された商品で間違いないと思います。以前発売されていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品と思われる、夏商戦向けの一杯です。今回商品名から「めかぶ」が抜け、「おくら」がよりクローズアップされていま...

記事を読む

2018-07-13 カップ麺
激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。 激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極...

記事を読む

「龍上海」も「銘店紀行」へ移行!!セブンプレミアム 「銘店紀行 龍上海本店」



山形赤湯の名店「龍上海」カップ麺も「地域の名店シリーズ」から「銘店紀行」シリーズへ鞍替え

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2018年8月1日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「銘店紀行」シリーズのカップ麺です。

龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店で、魚介の効いたみそ味のスープに辛みそがのるのが大きな特徴です。新横浜のラーメン博物館にも1995年からずっと出店している名店中の名店と言えます。

セブンプレミアムでは「地域の名店シリーズ」として日本各地の有名ラーメン店の味をカップ麺で再現していましたが、どんぶり型の高価格帯商品からタテ型の「銘店紀行」シリーズへと順次置き換わっていき、今回「龍上海」が「銘店紀行」シリーズで登場したことで、すべての「地域の名店シリーズ」カップ麺が「銘店紀行」へ置き換わったことになります。

他の「地域の名店シリーズ」にも言えることですが、非常に完成度の高いどんぶり型商品だったために、タテ型の「銘店紀行」に置き換わることで、安価で手軽に手に入れやすくなった反面、完成度の低下は否めないところです。低下を最小限に抑えようと頑張っている様子は窺えるものの、価格が違うので致し方ないところではあります。今回の「龍上海」も「地域の名店シリーズ」時代は非常に良くできた商品だったので、タテ型の「銘店紀行」に変更になってその質をどれくらい維持できているかが重要となってきそうです。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:銘店紀行 龍上海本店
メーカー:セブンプレミアム(明星食品製造)
発売日:2018年8月1日(水)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ特製からみそ)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムのカップ焼そば2種を食べ比べ 「ソース焼そば」と「塩焼そば」



イトーヨーカドーで手に入れたセブンでは見かけない廉価カップ焼そば2点

今回は、セブンプレミアムの廉価カップ焼そば2点、「セブンプレミアム ソース焼そば」と「セブンプレミアム 塩焼そば」を食べ比べてみたいと思います。どちらも2018年7月16日にリニューアル発売された商品で、製造は東洋水産が担当しています。セブンプレミアムの商品ですが、セブンイレブンで見かけたことはなく、今回はイトーヨーカドーで入手しました。おそらくコンビニでは売られず、スーパー等の限定商品なのではないかと思います。この商品に限らず、スーパーでしか見かけないセブンプレミアムの商品は多く、逆にセブンでしか見ないセブンプレミアムも多いです。

今回の2つの商品がコンビニで並ばないのはおそらく、税込95円という価格設定により他の商品の売り上げを食ってしまうからだと思われます。さすがにコンビニでカップ焼そばが95円で置かれてしまうと、他の焼そばの売れ行きに大きく影響しそうですよね。他社PB商品と同じくらいの価格設定で、且つ「セブンプレミアム」というブランド力は大きいので、セブンに置いてしまうのはなかんか厳しいように思います。逆に他のスーパーチェーンに対しては、95円で買える「セブンプレミアム」カップ焼そばというのは大きなアドバンテージかと思われます。名前はあげませんが他のスーパーのPBブランドに比べて「セブンプレミアム」のイメージは絶大ですよね。

関係ない話に脱線しますが、この記事はカフェで書いていて、実は窓の向こうの目の前で地域の夏祭りが絶賛開催されています。いやーすごい人だかりです。浴衣着た人とか走り回る子供とか。夏祭りでの食事といえば「焼そば」が当然想起されるもので、目の前で食べている人もいます。私は人混みは嫌いだけどあの焼そばは食べたい!目の前で本物の夜店の焼そばが買える状況で、カップ焼そばの記事を書くにはなんだかアウェーな環境の気がしてきましたが、しっかり書きたいと思います。



内容物の比較



左が「ソース焼そば」で、右が「塩焼そば」。どちらも小袋は3つずつですが、「やき弁」や「バゴォーン」のようなスープの素はついていません。「ソース焼そば」が中細麺で「塩焼そば」が細麺を使用しており、「ソース焼そば」の麺はしょうゆが練り込まれていてちょっと黒っぽいです。また、どちらもかやくは野菜が中心で肉は入っておらず、具のクオリティは他社のPB商品並のように見えます。

商品概要

品名:セブンプレミアム ソース焼そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産製造)
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース+ふりかけ・かやく・特製油)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(イトーヨーカドー)

商品概要

品名:セブンプレミアム 塩焼そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産製造)
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・スパイス)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(イトーヨーカドー)

「セブンプレミアム」の商品でどちらも税込95円なのは、お得感があります。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トムヤムクンととんこつスープの融合!!セブンプレミアム 「IPPUDO タイ トムヤムクン豚骨」



「IPPUDO」タイバンコク店の人気メニューを逆輸入でカップ麺化

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「IPPUDO タイ トムヤムクン豚骨」。製造は日清食品。2018年7月23日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「IPPUDO」シリーズの3作目の商品となります。

タイ料理の王者として日本でも知名度の高い「トムヤムクン」と、一風堂の誇る「とんこつ」スープの組み合わせは果たしてどんなものなのか。もともとトムヤムクンのカップ麺のスープは、クリーミングパウダーを使ってクリーミーな味に仕上げる場合が多く、クリーミングパウダーが一風堂のクセのないとんこつスープに置き換わってもそれほど違和感はないように思えます。今回はクリーミングパウダーも併用されているようです。

「IPPUDO」とは?

福岡大名に本店を構えるとともに日本全国に店舗を展開し、おそらくは全国的に最も有名なとんこつラーメン店のひとつとなっている「一風堂」ですが、日本のみならず世界にも多くの支店を展開しており、「IPPUDO」の名で親しまれています。「IPPUDO」はセブンプレミアムのブランドとしても今回で3作目を数え、以前にはニューヨーク店の「IPPUDO NY クラムチャウダー」や香港店の「IPPUDO 香港 スパイシー海老豚骨」を、あjの逆輸入という形で発売してきました。今回はアメリカ、東アジアに続いて今回は東南アジアのタイバンコク店からの逆輸入です。



商品概要



品名:IPPUDO タイ トムヤムクン豚骨
メーカー:セブンプレミアム(日清食品製造)
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(トムヤムクンペースト)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアム 「おくらたっぷりねばねばうどん」



昨年出ていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品か

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらたっぷりねばねばうどん」。製造は東日本明星明星食品)。発売日はわからなかったですが、最近発売された商品で間違いないと思います。以前発売されていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品と思われる、夏商戦向けの一杯です。今回商品名から「めかぶ」が抜け、「おくら」がよりクローズアップされています。

前作「おくらとめかぶのねばねばうどん」は、昆布の太いだしにかつおが効いた強いつゆで、たっぷり入ったおくらとめかぶと相まって非常に秀逸な一杯でした。あっさり系の味が多いうどん商品にあって、際立った昆布の太さが印象的でした。今回は商品名が「おくらたっぷりねばねばうどん」に変更になっていますが、引き続きめかぶも入っているようです。

ヘルシーなーメージの強い商品なので、おそらく注目度も相当高いものと思われます。今年の「おくらのうどん」はどんな一杯になっているのか、食べるのが楽しみです。



商品概要



品名:おくらたっぷりねばねばうどん
メーカー:セブンプレミアム(東日本明星製造)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込138円
取得価格:税込138円(セブンイレブン)

おくらの多さが特徴的です。他にめかぶとたまごが入っていて、定価税込138円という価格を考えるとかなり具だくさんな印象です。製造が昨年から引き続き東日本明星なので、大きな変化はないものと思われますが、果たしてどうなんでしょうか。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激辛カップ麺の最高峰が再登場!!セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」



激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。

激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極ラーメン」ですが、最近は「台湾まぜそば」や「広島式担々麺」といった、激辛商品として新たなライバルが登場しています。まぁそれでも「北極ラーメン」の名声は揺るがないですよね。個人的には「辛辛魚」と「北極ラーメン」が激辛カップ麺の2大巨頭的な存在だと思っています。今回は栄養成分に前作と大きな違いはなく、中身を弄らずに単に再販ということのようです。もうすでに完成の域ということでしょうかね。確かに、あまり文句のつけどころもなく、辛くておいしい商品でした。

蒙古タンメン中本とは?

今さら説明の必要もないかと思いますが、「蒙古タンメン中本」は、上板橋に本店を構え、東京とその近郊に20件程度のお店を展開する激辛ラーメン専門店です。看板メニューはお店の名前にもなっている「蒙古タンメン」で、味噌タンメンの上に辛子麻婆豆腐がのった名作です。そして今回の「北極ラーメン」もお店の人気メニューのひとつで、激辛揃いのメニューの中でも最も辛いラーメンとなっています。



商品概要



品名:蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカー:セブンプレミアム(日清食品製造)
発売日:2018年7月10日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(極辛オイル)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加