スーパーカップの記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:スーパーカップ

スーパーカップのタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-10-22 カップ麺
プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ麺です。先日レポした「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」との同時発売で、...

記事を読む

2018-10-16 カップ麺
プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。今回は、プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボ商品で、「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」との同時発売となっていま...

記事を読む

2018-09-29 カップ麺
「とんこつラーメン」も「MAX」化で麺量100g! 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX とんこつラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、麺量が90gから100gに増量した「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつです。「MAX」はすでに「しょうゆラーメン」と「みそラーメン」をレポ済で、今回の「とんこつラーメン」が3品のトリを飾ることになります。 実はこのブログで「スーパ...

記事を読む

2018-09-28 カップ麺対決食べ比べ
麺量100gで生まれ変わった「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつ「みそラーメン」 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX みそラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。麺量が「スーパーカップ1.5倍」の時から10g増えて100gになった、「スーパーカップMAX」の3品のうちのひとつです。週の前半で食べた「しょうゆラーメン」に続いて今回は「みそラーメン」で、明日辺りに「と...

記事を読む

2018-09-25 カップ麺対決食べ比べ
麺量が90g→100gになって生まれ変わった「スーパーカップMAX」 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX しょうゆラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。大盛カップ麺の元祖にしてド定番商品である「スーパーカップ」が、麺量10g増しの100gとなり、「スーパーカップ1.5倍」から「スーパーカップMAX」へと生まれ変わりました。これが先日記事で触れたティザーサイトに書いてあっ...

記事を読む

エースコック 「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」



プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、プリングルズ50週年スーパーカップ30週年を記念したコラボカップ麺です。先日レポした「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」との同時発売で、週末になって手に入るようになってきたので食べてみたいと思います。



今回もまずは実際の「プリングルズ ハラペーニョ&オニオン」を食べてみました。さすが、辛みよりも香りを特徴とするハラペーニョだけあり、青唐辛子らしい少し青臭い風味を感じるポテチでした。辛さは食べ進めていくうちに口に蓄積されてきて徐々にチリチリしてきますが、基本的にはピリ辛以下の辛さなのではないかと思います。オニオンは前回食べた「サワークリーム&オニオン」ほど強くはなく、味の中心はハラペーニョとポテトでしたね。ハラペーニョの青臭さが爽やかでおいしかったです。

それではこのポテチの味がカップ麺でどう再現されているのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込138円(ココカラファイン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリングルズとスーパーカップの初コラボ!!エースコック 「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」



プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。今回は、プリングルズ50週年スーパーカップ30週年を記念したコラボ商品で、「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」との同時発売となっています。何軒か店を巡ってみたもののラーメンの方は売られているのを見かけず、焼そばの方は比較的店頭に並んでいたので、まずは焼そばの方から食べてみたいと思います。

プリングルズ」といえば、ポテチ業界の中では比較的新興勢力のイメージでしたが、本家アメリカではもう50年も発売され続けてるんですね。びっくり。私の勝手なイメージではスーパーカップの方が古いイメージだったので。そして今回スーパーカップ大盛焼そばとして登場する味は「サワークリーム&オニオン」。プリングルズのフラッグシップの味ですよね。日本メーカーだとその立場は塩味とかコンソメ味とかなんですが、プリングルズだと「サワークリーム&オニオン」。だいたいサワークリームなんて私の生活ではほとんど馴染みがなくて、たまに料理に添えられているのに出くわしてもどうしたら良いのかわからず狼狽えてしまいますw

プリングルズが日本に入ってきたのは1994年で、当時はP&G商品の日本販売ライセンスを持っていた明治製菓(現明治)が販売していましたが、現在はP&Gの食品事業を買収したケロッグの日本法人である日本ケロッグ並びに森永製菓が販売を行っているそうです。実は私はポテチと言えば生粋の「チップスター」派で、プリングルズは発売当初食べた時に感じた「しょっぱい」のと「ケミカルな味」というイメージが強く、あんまり食べてきませんでした。ヤマザキナビスコ改めヤマザキビスケットのあのやる気のないブランドロゴがついた「チップスター」に愛着を持っています。



今回カップ麺を食べるにあたりそうも言ってられないので、「プリングルズ サワークリーム&オニオン」を食べてみました。自分の持っていた-メージとは全然違い、しょっぱくないしケミカルっぽくもないし、普通にポテトの味のしっかりしたおいしいポテチでした。ちょっと拍子抜け。もっと粉がいっぱいついていたイメージあったんですけどね。昔と味が変わったのか、私の味覚が変わったのかよくわかりませんが、この味なら避けて通る必要もないなと感じました。

十分に舌をプリングルズ漬けにした後に、早速カップ焼そばの方を食べてみたいと思います。



商品概要



品名:スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(後入れかやく入りシーズニング・麺ほぐし香味油)
定価:税別200円
取得価格:税込159円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAXとんこつも1.5倍と比較しました!!エースコック 「スーパーカップMAX とんこつラーメン」



「とんこつラーメン」も「MAX」化で麺量100g!

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX とんこつラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、麺量が90gから100gに増量した「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつです。「MAX」はすでに「しょうゆラーメン」と「みそラーメン」をレポ済で、今回の「とんこつラーメン」が3品のトリを飾ることになります。

実はこのブログで「スーパーカップ とんこつラーメン」を食べるのは久しぶりで、前回食べたのはまだ「カドメン」ではなく「3Dめん」だった頃の2009年8月で、実に10年近くご無沙汰してしまいました。スーパーカップからは通常商品の「とんこつラーメン」以外にも、「超スーパーカップ1.5倍 砕き豚骨ラーメン」とか「超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ増し」、「極みのスーパーカップ1.5倍 超まろ豚骨ラーメン」といった派生商品が出ていたのであまりご無沙汰な感じはしていませんでしたが、今回食べる段になってどんな味だったかな?と思い返そうとしたところ、まったく記憶がなかったので気づきました。派生のとんこつ商品は、油揚げ麺商品としてはとんこつ感を出そうとしている様子が窺えるという印象がありました。

さてここまでこのブログでは、新商品の「スーパーカップMAX」を「しょうゆラーメン」と「みそラーメン」でレポしてきました。ここまでのところ、麺量10g増の威力は絶大で、麺量が増えることで懸念された他の部分でのコストカットの影響も、「カドメン」ではなくなったという一抹の寂しさがあること以外は比較的軽微に留めてきている印象です。今回の「とんこつラーメン」では果たしてどうなっているのでしょうか。今回も旧作である「スーパーカップ1.5倍 とんこつラーメン」と比較しながら進めていきたいと思います。



商品概要



左が新商品の「スーパーカップMAX」で、右が旧商品の「スーパーカップ1.5倍」。新商品の「MAX」では旧商品「1.5倍」の粉末スープとかやくが統合されて「かやく入り粉末スープ」となり、小袋がひとつ減っています。かやくの個装では中身が見えていたものが、かやく入り粉末スープになって中身が見えなくなりました。かやくを隠したいのか?!これはなんかアヤスィ香りがしなくもないですが・・・



左の新商品「MAX」は「かやく入り粉末スープ」を、右の旧商品「1.5倍」は粉末スープとかやくをカップに開けた状態です。「MAX」のかやくが粉末まみれで何がどれくらい入っているか状況がよく掴めません。これはますます怪しい雰囲気がしてきましたよ。よっぽど隠したい何かがあるのか!?とまぁ煽りはこれくらいにしといて、粉まみれの状況でぱっと見た感じでは、「MAX」は粉末スープが増量しているのに対して、具が少しボリュームダウンしている印象を受けました。

品名:スーパーカップMAX とんこつラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・調味油)
定価:税別200円
取得価格:税込102円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スーパーカップMAX」と「1.5倍」の「みそラーメン」を比較しました!!エースコック 「スーパーカップMAX みそラーメン」



麺量100gで生まれ変わった「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつ「みそラーメン」

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX みそラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。麺量が「スーパーカップ1.5倍」の時から10g増えて100gになった、「スーパーカップMAX」の3品のうちのひとつです。週の前半で食べた「しょうゆラーメン」に続いて今回は「みそラーメン」で、明日辺りに「とんこつラーメン」もレポしたいと考えています。

ネット上ではCMの面白さも含め、なかなか話題の「スーパーカップMAX」ですが、スーパーを中心に展開されており、スーパーの中には在庫の「スーパーカップ1.5倍」が捌けるまでは店頭に並べない方針のところもあるようで、まだまだ手に入るお店は限定されている状況です。おそらくイオンやイトーヨーカドーといった大手のスーパーならば問題なく入手できるのではないかと思います。「MAX」を買うつもりで「1.5倍」を買ってしまわないようにご注意ください。

先日食べた「スーパーカップMAX しょうゆラーメン」では、麺量が10g増えたことによる他の部分でのコストカットは限定的で、「カドメン」という大きな特徴を失った以外の影響は軽微のように感じました。麺量が増えた正常進化が十分に体感でき、なかなか良いリニューアルだったのではないかと思います。今回食べる「みそラーメン」は果たしてどうなっているのでしょうか。今回も旧商品の「1.5倍」と比較しながら進めていきたいと思います。



商品概要



左が新商品の「スーパーカップMAX」で、右が旧商品の「スーパーカップ1.5倍」。液体スープとかやくの構成は両者同じでしたが、小袋を持った感じ、かやくの量が「MAX」の方がちょっと少なくなっているように感じました。「しょうゆラーメン」の時には見られなかった違いです。



写真ではわかりづらいと思いますが、やはり「MAX」の具の量が少なく、具体的にはキャベツとコーンが減っているようです。それにしてももうちょっとうまく撮れなかったかな(苦笑)

品名:スーパーカップMAX みそラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別200円
取得価格:税込102円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麺量100gで大盛カップ麺新時代へ!!エースコック 「スーパーカップMAX しょうゆラーメン」



麺量が90g→100gになって生まれ変わった「スーパーカップMAX」

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX しょうゆラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。大盛カップ麺の元祖にしてド定番商品である「スーパーカップ」が、麺量10g増しの100gとなり、「スーパーカップ1.5倍」から「スーパーカップMAX」へと生まれ変わりました。これが先日記事で触れたティザーサイトに書いてあった「破壊と再生」ってやつなのでしょうか。笑福亭鶴瓶さんを始めとするタレントや現役高校生を起用した大々的な広告を展開するようで、スーパーカップの新サイト公開後は重くてアクセスしにくい状態になっています。かなり注目を集めているようですね。

大盛商品の定番商品である「スーパーカップ」シリーズが麺量を90gから100gに増量してきたのは、かなり大きな意味があるように思います。今のところ他社含め、スーパーカップと同じバケツ型カップの大盛カップ麺は90gで横並びの状況でした。ここでスーパーカップがいち早くその慣例を破壊し100gにしてきたことで、他社にどう波及していくのか気になるところです。価格帯が同じで直接的なライバルと言える東洋水産の「でかまる」シリーズはもちろん、オープン価格である東洋水産の「ごつ盛り」シリーズや日清食品の「デカうま」シリーズ、さらにはPB商品の各種大盛商品まで波及していくのでしょうか。

今回まずは「スーパーカップMAX しょうゆラーメン」を取り上げ、旧製品からどう変化したのか見ていきたいと思います。後日、同時発売となった「みそラーメン」と「とんこつラーメン」についても、旧製品との変化を見ていきたいと思っています。サイト上で確認できる変化は、麺量が増えたことに加え、麺があのスーパーカップの代名詞だった「カドメン」から、丸刃で切った麺に変更になっているようです。「カドメン」は結構評判が良かったと思うのですが、果たして替えてしまって大丈夫なのでしょうか。そのあたりも新旧食べ比べてみたいと思っています。

前置きが長くなってしまいましたが、早速「MAX」と「1.5倍」の違いを見ていきたいと思います。果たしてどんな変化が見られるのでしょうか。楽しみです。



商品概要



左が新商品の「スーパーカップMAX」で、右が旧商品の「スーパーカップ1.5倍」。液体スープ、粉末スープ、かやくという構成は両者同じでした。個包装のデザインは違うものの、それ以外は大きな違いは見られません。



お湯を入れる前に粉末スープとかやくを入れた状態。ぱっと見でわかる違いはありませんでしたが、よく見るとメンマが新商品「MAX」の方がカットが大きく、量も多く見えます。麺については、よく見ると丸麺と角麺の違いはありますが、色合いや太さに大きな違いは見られませんでした。

品名:スーパーカップMAX しょうゆラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別200円
取得価格:税込102円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加