スーパーカップの記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:スーパーカップ

スーパーカップのタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-09-18 カップ麺
定番「大盛りいか焼そば」と「ブタキムラーメン」を融合した「スーパーカップ」新商品 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば」。2018年9月17日発売の、大盛カップ麺の大定番、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。 今回の商品はシリーズ30週年を迎える「スーパーカップ」シリーズが誇る2つの人気フレーバー、「大盛りいか焼そば」と「ブタキムラーメン」を融合したカップ焼そばです...

記事を読む

2018-08-26 カップ麺
同時発売された「スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ」3品のうちのひとつ 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 担担麺 超やみつきスパイス仕上げ」。2018年8月27日発売の、大盛りカップ麺の定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。ちょっとフライングで発売前のレポとなります。 8月27日に、「スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ」として3つの商品が同時に発売され、今回の「担担麺」はそ...

記事を読む

2018-08-01 カップ麺
「明治エッセルスーパーカップ」に対抗??バニラ風のスーパーカップ登場!! 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」。2018年7月30日発売の、大盛商品の大定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。バニラ風味のカップ麺がついに登場してしまいました。今週最大の注目商品かと思われます。 世の中の人が「スーパーカップ」と聞いて思い浮かべるものは、「...

記事を読む

2018-07-07 カップ麺対決食べ比べ
今度はみそ味で30年前のスーパーカップ復刻版と現行スーパーカップの食べ比べ 今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の発売当初1988年の味を復刻させた商品で、しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が同時に復刻されました。 4種の復刻版のうち、「復刻版 スーパーチャーシ...

記事を読む

2018-07-05 カップ麺対決食べ比べ
30年前のスーパーカップいか焼そばは現行品よりいかの味が強いのだろうか 今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 大盛りいか焼そば」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の、1988年発売当時の味を復刻した商品とです。しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が復刻されており、このブログでは先日「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立...

記事を読む

スーパーカップ人気フレーバーの共演!エースコック 「スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば」



定番「大盛りいか焼そば」と「ブタキムラーメン」を融合した「スーパーカップ」新商品

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば」。2018年9月17日発売の、大盛カップ麺の大定番、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。

今回の商品はシリーズ30週年を迎える「スーパーカップ」シリーズが誇る2つの人気フレーバー、「大盛りいか焼そば」と「ブタキムラーメン」を融合したカップ焼そばです。一見、「大盛いか焼そば」によく似たパッケージですが、赤字に黄色で縁取られた「キムチ」の文字が入っています。どちらの商品も大定番商品で、おそらくご覧の多くの方は両者とも食べたことがあると思われますが、なかなかこの2つを組み合わせる発想には至らないのではないでしょうか。ただ、キムチ味の焼そばというのはそれほど突飛なイメージではないので、味の想像はできそうですね。

ここのところの「スーパーカップ」シリーズは、30週年を迎えることでかなり攻めてきています。今年1月に発売された「ボンカレーラーメン」と「ボンカレーうどん」を皮切りに、7月には復刻版が、今月には中華レストラン「バーミヤン」との初コラボ「スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺」も発売されました。今後もどんどん新商品が期待できそうです。

それでは、定番味を組み合わせた新しいカップ焼そば、早速食べてみたいと思います。



商品概要





お世を入れる前、かやくを開けた状態。「大盛いか焼そば」とそれほど変わらなそうな量のいかに加え、少量ながらキムチが入っていることがわかります。「大盛いか焼そば」と「ブタキムラーメン」がかやくでもしっかり融合できていました。

品名:スーパーカップ 大盛りいかキムチ焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(焼そばソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別230円
取得価格:税込210円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「超やみつきスパイス」入りの担々麺!!エースコック 「スーパーカップ1.5倍 担担麺 超やみつきスパイス仕上げ」



同時発売された「スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ」3品のうちのひとつ

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 担担麺 超やみつきスパイス仕上げ」。2018年8月27日発売の、大盛りカップ麺の定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。ちょっとフライングで発売前のレポとなります。

8月27日に、「スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ」として3つの商品が同時に発売され、今回の「担担麺」はそのうちのひとつになります。他の2つの商品は「豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ」と「たっぷり野菜タンメン 超やみつきペッパー仕上げ」で、この2つも後日食べてレポしたいと思っています。今回は担々麺で「超やみつきスパイス仕上げ」ということなので、激しい花椒や唐辛子の味が期待できるのでしょうか。

今回発売の3品は、「超やみつき」パックが別添されるのとともに、スーパーカップおなじみの「カドメン」譲りの食感の強さを持ちつつも、「のど越しの良さとスープとのマッチングを追求した新開発のめんを採用」しているとのことで、麺にも注目して食べてみたいと思います。果たして本当に超やみつきになる一杯なのかどうか、エースコックは担々麺を作るのが得意なので、大いに期待できそうです。



商品概要



品名:スーパーカップ1.5倍 担担麺 超やみつきスパイス仕上げ
メーカー:エースコック
発売日:2018年8月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込212円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バニラ風のお菓子系カップ麺!!エースコック 「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」



「明治エッセルスーパーカップ」に対抗??バニラ風のスーパーカップ登場!!

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」。2018年7月30日発売の、大盛商品の大定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。バニラ風味のカップ麺がついに登場してしまいました。今週最大の注目商品かと思われます。

世の中の人が「スーパーカップ」と聞いて思い浮かべるものは、「アイス」と「カップ麺」に二分されるかと思います。即ち、カップアイスの定番商品「明治エッセルスーパーカップ」か、大盛カップ麺のパイオニア「スーパーカップ1.5倍」のどちらか。「明治エッセル」が「スーパーカップ」と冠し始めたのが1994年なのに対し、我らがカップ麺の「スーパーカップ」は1988年の登場で、歴史はエースコックが上回るのですが、アイスとカップ麺では商品カテゴリが異なっているので、商標的な問題は生じなかったものと思われます。そもそも「スーパーカップ」というありふれた名称での商標登録は難しいことに加え、アイスの方はあくまで「明治エッセルスーパーカップ」で「明治エッセル」の方がメインのようです。

両者とも「スーパーカップ」として知名度のある定番商品ですが、今回は先輩であるカップ麺の「スーパーカップ」が「バニラ風」という、アイスを想起させる味で登場しました。バニラ風のラーメンなんて普通は存在しないので、これは「明治エッセルスーパーカップ」に対して何らかのアクションを起こしているというか、名称が同じなのを面白がって商品化したのは間違いないところでしょう。

お菓子系カップ麺の歴史

お菓子系の味をカップ麺で使用するのは、以前に「チョコ」を使った一連の商品がありました。私の知る限り最初のカップ麺は、今はなきとかち麺工房から2010年に発売された「麺屋武蔵 味噌ガーナ」かなと思います。強いみそ味の中でチョコをうまく制御できており、なかなかおいしい一杯だったと記憶しています。その後は明星食品から「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(2016年)、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(2017年)、まるか食品からは「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」(2017年)という商品が出ていましたが、いずれも斬新さはあっても味が伴っておらず、悪ふざけの印象が強い商品でした。

また、明星食品からは2016年に「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」という商品も出ていたものの、これもひどい味でした。

チョコでもショートケーキでも、今回のバニラでも、きちんとおいしいと感じられる味が伴っていなければ、それは作ってはいけない商品のように思います。遊び心と悪ふざけは別物です。食べ物で遊んではいけないと小さい頃に教えられました。その点で、真面目にチョコを入れて味の向上を図った「麺屋武蔵 味噌ガーナ」以外は、私の中であまり存在意義を認めたくない商品でした。今回の「バニラ風」は果たしてどうなのか、非常に気になるところです。ちょっとこわいです。



商品概要



品名:スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・後入れ粉末スープ)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て」



今度はみそ味で30年前のスーパーカップ復刻版と現行スーパーカップの食べ比べ

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の発売当初1988年の味を復刻させた商品で、しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が同時に復刻されました。

4種の復刻版のうち、「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」と「復刻版 大盛りいか焼そば」はすでにブログでレポしました。どちらについても復刻版より現行品の方が明らかにデキが良く、さすが30年の時代が過ぎた進化を感じました。

今回は「復刻版みそラーメン」を現行品である「スーパーカップ1.5倍 みそラーメン」と比較していきます。このブログではスーパーカップシリーズを数多く食べてきており、実に118回も食べているのですが、その中で通常のレギュラー商品はあまり食べておらず、今回の「スーパーカップ1.5倍 みそラーメン」は実に2009年以来となります。2009年のスーパーカップはまだ「カドメン」ではなく「3Dめん」という麺を使用していました。ホント久々のスーパーカップみそラーメンです。



商品概要


左が復刻版で、右が現行のスーパーカップ。

品名:復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

どちらも内容物が2袋なのは共通ですが、液体スープが単独であり、復刻版はその他にかやく入り粉末スープ、現行品は単体のかやくが別添されています。復刻版に「生みそ仕立て」と付いているのはおそらく液体スープが使用されているためだと思われますが、粉末スープが併用されています。現行品は液体スープのみなので、むしろ生みそ仕立て度が高いのは現行品の方です。



左が復刻版で、右が現行品。今までレポした「しょうゆ味」と「いか焼そば」同様、復刻版より現行品の方が太い麺になっています。どちらも「かやく入り粉末スープ」もしくは「かやく」を入れた状態で、どちらも共通してコーンが入っています。量も似たようなものかな。復刻版には細かい肉とよくわからない粒上の具が、そして現行品は同じく細かい肉と緑の野菜がたくさん入っています。具は現行品の方が多めです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「復刻版 大盛りいか焼そば」と現行いか焼そばを食べ比べてみました!!



30年前のスーパーカップいか焼そばは現行品よりいかの味が強いのだろうか

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 大盛りいか焼そば」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の、1988年発売当時の味を復刻した商品とです。しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が復刻されており、このブログでは先日「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」をレポ済です。

今回復刻版と比較していくのは、「スーパーカップ いか焼そば」。現行の「いか焼そば」は、日清焼そばUFOやペヤングと並ぶカップ焼そばの大定番商品ですが、以前に比べていかの味がしないぞと思っている人が多いように思います。かくいう私も、以前ほどいかの味を感じず物足りないと感じていました。今回はスーパーカップ発売当初の味ということで、ルーツを辿ることでいかの味の変遷を感じられるかもしれません。

以前このブログで、現行「いか焼そば」と「金ちゃんソースいか焼そば」とのいか焼そば比較を行ったことがありますが、その時は、現行いか焼そばのいかの味が弱くなったとは思いつつも、比較上では金ちゃん焼そばよりもいかの味を強く感じました。今回は始祖との比較でどうなるのかとても楽しみです。

それでは早速比較していきたいと思います。




左が復刻版で、右が現行いか焼そば。

品名:復刻版 大盛りいか焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(焼そばスープ・かやく・ふりかけ)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

液体ソース、かやく、ふりかけ(現行品はめちゃうま!ふりかけ)という構成は両者同じでした。かやく袋に入っている具もいかとキャベツで共通ですが、復刻版の方がいかが大きく、量も少し多いように見えます。キャベツは現行品の方が多く見えました。



左が復刻版の麺で、右が現行いか焼そばの麺。「しょうゆ味」の時と同じように、復刻版の方が麺が細いです。現行いか焼そばは他の「スーパーカップシリーズ」で使われる「カドメン」と銘打たれていませんが、それでも復刻版と比べると太く厚みのある麺です。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加