サンヨー食品の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:サンヨー食品

サンヨー食品のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-07-07 カップ麺対決食べ比べ
同時発売された「サッポロ一番」のしお系袋麺に辛味をつけたアレンジカップ麺2品 今回は、今週サンヨー食品から同時発売された、「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ」と「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ」の2品を食べてみたいと思います。ともに2018年7月2日発売の、定番袋麺「サッポロ一番」をアレンジした商品です。どちらもしお系スープに辛味をつけたカップ麺でかなりキャラが被っています。...

記事を読む

2018-06-28 カップ麺
昨年も発売されていた「タフク 辛口お好みソース味焼そば」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば」。2018年6月25日発売の、サンヨー食品による「オタフクソース」カップ麺シリーズの新商品です。 。 昨年7月にも同じ名前の商品が発売になっています。この商品には数ある「オタフクソース」の種類のうち、「お好みソース 大人の辛口」を使用しており、燻製したハラペーニョの燻...

記事を読む

2018-06-23 カップ麺対決食べ比べ
カルディオリジナルの爽やかなイメージな瀬戸内レモン味カップ麺2品 今回は、カルディで買えるカップ麺のうち、瀬戸内レモンの商品のコーナーにある、カルディオリジナル商品「瀬戸内レモン 塩ラーメン」と「瀬戸内レモン 塩やきそば」の2品を食べてみたいと思います。「瀬戸内レモン 塩ラーメン」は昨年6月に発売された商品の再販、「瀬戸内レモン 塩やきそば」は2018年6月18日に発売された新商品となっています。この時期のカル...

記事を読む

2018-06-20 カップ麺
昨年発売時よりほたて風かまぼこの厚みが増したという「ほたてバター風」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」。2018年6月18日発売の「サッポロ一番BESTレシピ」の新商品です。昨年2017年3月にも同名商品が発売されていました。 「サッポロ一番BESTレシピ」シリーズは、サッポロ一番袋麺の味をベースにアレンジを加えた商品で、今回で6商品めとなります。ここ...

記事を読む

2018-06-07 カップ麺
「豚骨カプチーノ」と称される「泡」が特徴の「博多一双」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「博多一双 豚骨カプチーノ」。2018年6月5日発売のローソン限定発売の新商品です。昨年6月にもローソン限定で「サッポロ一番 博多一双 濃厚豚骨ラーメン」の商品名で「博多一双」のカップ麺が発売されていました。昨年からの変化として、お店の特徴である「豚骨カプチーノ」と呼ばれる大量の「泡」の再現に力を入れているようで、商品名...

記事を読む

同時発売の「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛」と「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛」を食べ比べ



同時発売された「サッポロ一番」のしお系袋麺に辛味をつけたアレンジカップ麺2品

今回は、今週サンヨー食品から同時発売された、「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ」と「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ」の2品を食べてみたいと思います。ともに2018年7月2日発売の、定番袋麺「サッポロ一番」をアレンジした商品です。どちらもしお系スープに辛味をつけたカップ麺でかなりキャラが被っています。それなら一緒に食べて違いを見ていこうと思い立ちました。

写真左の商品、「サッポロ一番 塩らーめん」は定番中の定番の袋麺で、今回はその定番袋麺に青唐辛子の辛みを加えているそうです。なんか容易に味が想像できますね。おいしそう。

一方写真右が、袋麺の「サッポロ一番 塩とんこつらーめん」にコチュジャンの辛みを加えた商品。「サッポロ一番 塩とんこつらーめん」は2015年1月に発売された「サッポロ一番」袋麺の末っ子的な商品で、知名度はそれほどないですね。「サッポロ一番」袋麺の取り扱いのあるスーパーでも「塩とんこつらーめん」は売っていない場合も多いです。今回、「サッポロ一番 塩らーめん」と抱き合わせることで、実は「塩とんこつらーめん」って商品もありますよというメーカーの販促活動なのではないかとちょっと推測しています。

実はこの両者、袋麺で食べ比べてみると全然味違うんですが、それは置いておいて、しお系スープで辛味のついた商品という括りとして、メーカーの意図通り?ゴリ押しで同じ記事内で抱き合わせて書いてみたいと思います。



内容物の比較



左が「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ」で右が「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ」。しお系スープで辛味がついているという共通項で無理矢理括りましたが、中の具や麺はまったく異なっています。具は「塩らーめん」の方がかなりボリュームがありますが、「塩らーめん」が肉そぼろなのに対し、「塩とんこつらーめん」はコストがかかりそうな細切れチャーシューを使用しています。画像からは少し見にくいですが、「塩らーめん」に比べて「塩とんこつらーめん」の麺は黄色味が強いです。

商品概要

品名:サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

品名:サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

どちらも同じサイズで同じ価格。「塩とんこつらーめん」の方がスープにコストがかかっているため具が少ないのかもしれませんが、そのあたりは食べているだけの私にはよくわかりません。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば」 (2回目 2018)



昨年も発売されていた「タフク 辛口お好みソース味焼そば」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば」。2018年6月25日発売の、サンヨー食品による「オタフクソース」カップ麺シリーズの新商品です。 。

昨年7月にも同じ名前の商品が発売になっています。この商品には数ある「オタフクソース」の種類のうち、「お好みソース 大人の辛口」を使用しており、燻製したハラペーニョの燻臭による辛みが大きな特徴です。昨年バージョンの「オタフク 辛口お好みソース味焼そば」にはマヨネーズが入っていましたが今年は入っておらず、オタフクソースならではの甘みとマヨの組み合わせが非常に良かったので今年バージョンはパワーダウンがちょっと心配になります。基本的に甘い味の「オタフクソース」頼みではカップ焼そばの味としては少し厳しいように思うのですがどうなんでしょうか。

ネガティブ発言から入ってしまいましたが、ハラペーニョの激辛に期待したいです。どんな味に仕上がっているのでしょうか。





商品概要

品名:サッポロ一番 オタフク 辛口お好みソース味焼そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年6月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース)
定価:税別180円
取得価格:税込135円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルディで買える瀬戸内レモンのカップ麺2種類を食べてみました!!



カルディオリジナルの爽やかなイメージな瀬戸内レモン味カップ麺2品

今回は、カルディで買えるカップ麺のうち、瀬戸内レモンの商品のコーナーにある、カルディオリジナル商品「瀬戸内レモン 塩ラーメン」と「瀬戸内レモン 塩やきそば」の2品を食べてみたいと思います。「瀬戸内レモン 塩ラーメン」は昨年6月に発売された商品の再販、「瀬戸内レモン 塩やきそば」は2018年6月18日に発売された新商品となっています。この時期のカルディはレモンを強力に推しているようで、結構たくさんレモン関係の商品が並んでいました。あんまり気候の良い時期ではないので、レモン食べて爽やかな気分になろうということでしょう。

昨年発売された「瀬戸内レモン 塩ラーメン」の製造を担当しているのはカナヤ食品で、サンヨー食品やエースコックのカップ麺の製造を請け負っている会社です。「サッポロ一番」シリーズの商品を製造するなど、結構重要な役割を担っています。「瀬戸内レモン 塩やきそば」の製造は太平食品工業という会社が担当していますが、こちらはサンヨー食品のグループ会社で、サンヨー食品の製品を製造しています。要はどちらも事実上のサンヨー食品製の商品ということになります。

カルディの商品を買う時に、製造国、製造元をチェックする人は多いかと思います。そんな時に「カナヤ食品」とか「太平食品工業」とか、一般的にはあまりピンとこないメーカー製だと買うのを躊躇う場合もあるかと思います。今回はどちらもメーカーも昔からインスタント麺を作り続けている老舗メーカーで、サンヨー食品の商品の製造を行っていると考えれば、比較的安心して買えるのではないでしょうか。

というわけで製造メーカーがしっかりしているので安心して購入できる今回のカルディの両商品、パッケージの爽やかさに見合う、ジメジメした気持ちを吹き飛ばす一杯に仕上がっているのかどうか、食べるのが楽しみです。



今年発売の「瀬戸内レモン 塩やきそば」の方が少し高い


左が昨年発売の「瀬戸内レモン 塩ラーメン」。右が今年発売された「瀬戸内レモン 塩焼きそば」。どちらも白地に青文字、レモンの絵が描かれていて、共通したイメージとなっています。

品名:瀬戸内レモン 塩ラーメン
メーカー:キャメル珈琲(カナヤ食品製造)
発売日:2017年6月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込162円
取得価格:税込162円(カルディコーヒーファーム)

品名:瀬戸内レモン 塩やきそば
メーカー:キャメル珈琲(太平食品工業製造)
発売日:2018年6月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(ソース・調味油)
定価:税込194円
取得価格:税込194円(カルディコーヒーファーム)

今年発売された「瀬戸内レモン 塩やきそば」の方が高い価格設定となっています。パッケージの大きさが違うし、中身も焼そばの方が麺量が多いです。また、具については共通の色合いですが、卵がない以外は焼そばの方が量が多そうです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地味に名作カップ麺だった!!サンヨー食品 「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」



昨年発売時よりほたて風かまぼこの厚みが増したという「ほたてバター風」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」。2018年6月18日発売の「サッポロ一番BESTレシピ」の新商品です。昨年2017年3月にも同名商品が発売されていました。

サッポロ一番BESTレシピ」シリーズは、サッポロ一番袋麺の味をベースにアレンジを加えた商品で、今回で6商品めとなります。ここまで「サッポロ一番みそラーメン」が3品、「サッポロ一番塩らーめん」が2品で、今回で両者並びます。「サッポロ一番 しょうゆ味」のBESTレシピがひとつもないのが少し気になりますね。袋麺でもいちばん地味な存在ではあるのですが。

今回は、昨年出ていた同名商品に比べて、ほたて風味かまぼこの厚みが増しているとのこと。もともとかまぼことしてはとても良くほたての味と食感を再現していましたが、それがパワーアップしていると思うと楽しみです。今回の「ほたてバター風」はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。





商品概要

品名:サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年6月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「博多一双 豚骨カプチーノ」 (ローソン限定商品)



「豚骨カプチーノ」と称される「泡」が特徴の「博多一双」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「博多一双 豚骨カプチーノ」。2018年6月5日発売のローソン限定発売の新商品です。昨年6月にもローソン限定で「サッポロ一番 博多一双 濃厚豚骨ラーメン」の商品名で「博多一双」のカップ麺が発売されていました。昨年からの変化として、お店の特徴である「豚骨カプチーノ」と呼ばれる大量の「」の再現に力を入れているようで、商品名もそれに合わせて「豚骨カプチーノ」に変更になっています。

私は昨年6月に九州に出張で赴き、その間いろいろとんこつラーメンをたくさん食べてきましたが、食べた中で最も印象に残ったのがこの「博多一双」のラーメンで、泡はもちろんのこと、太いとんこつ臭とクセのある魚介の味の虜になりました。さすが新進気鋭のお店の中でも評価の高いお店の一杯でした。お店の一杯を食べてしまったので、今回のカップ麺への評価は厳しくなってしまうかもしれませんが、お店で食べてから再びこの商品食べるのはとても楽しみでした。お店の味を再現できているのか注目です。



商品概要

品名:博多一双 豚骨カプチーノ
メーカー:サンヨー食品(ローソン限定商品)
発売日:2018年6月5日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加