サンヨー食品の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:サンヨー食品

サンヨー食品のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-09-09 カップ麺
東京にある宮崎辛麺のお店「辛麺屋 一輪」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 東京 一輪 旨辛麺」。2018年9月3日に発売された新商品で、東京で目黒などに3店舗構える宮崎辛麺のお店、「辛麺屋 一輪」の味を再現したカップ麺です。 宮崎辛麺とは? 「宮崎辛麺」とは、主に宮崎県のラーメン店で供されている辛いラーメンで、にんにくの旨みを効かせた唐辛子のたくさん入った辛いラーメン...

記事を読む

2018-09-03 カップ麺
「あさり」と「わかめ」が主役の「セブンプレミアム」のカップ麺新商品 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「わかめたくさん あさりだし塩らーめん」。製造は太平食品工業で、販売はサンヨー食品。2018年8月28日に新発売の「セブンプレミアム」のカップ麺です。 低価格で高品質の商品の多い「セブンプレミアム」のタテ型カップ麺ですが、今回は「わかめ」と「あさり」が主役の一杯で、どんな味なのかかなり気になります。っ...

記事を読む

2018-08-30 カップ麺
東京荻窪の「勝浦タンタンメン」の名店「ビンギリ」監修のカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ビンギリ 花椒激辛タンタン麺」。2018年8月27日に発売された新商品です。東京荻窪にある勝浦タンタンメンの名店、「ビンギリ」監修によるカップ麺です。 「ビンギリ」は、東京荻窪にある担々麺専門店で、看板メニューは「勝浦タンタン麺(激辛)」。今回はその看板商品の再現商品かと思われますが、「勝浦...

記事を読む

2018-08-11 カップ麺
二郎インスパイア店「らーめんバリ男」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油」。2018年8月6日に発売された新商品です。東京新橋の二郎インスパイアラーメン店「らーめんバリ男」の味を再現した、名店再現系のカップ麺です。 「らーめんバリ男」は東京都心のど真ん中にある二郎インスパイアのラーメン店 「らーめんバリ男」は、東京新橋にある二郎...

記事を読む

2018-07-31 カップ麺
サンヨー食品のレギュラー「塩カルビ味焼そば」の派生商品 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ネギ塩ダレカルビ味焼そば」。2018年7月30日発売の新商品です。 スーパー等で売られるサンヨー食品のレギュラー商品「サッポロ一番 塩カルビ味焼そば」の派生商品と思われ、今回の商品には「ネギの旨味がきいた塩ダレ」が入っているとのこと。もともとの「塩カルビ味焼そば」が正直あまり塩カルビっぽいと感じたこと...

記事を読む

宮崎辛麺のカップ麺は辛いだけではなかった!!サンヨー食品 「サッポロ一番 東京 一輪 旨辛麺」



東京にある宮崎辛麺のお店「辛麺屋 一輪」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 東京 一輪 旨辛麺」。2018年9月3日に発売された新商品で、東京で目黒などに3店舗構える宮崎辛麺のお店、「辛麺屋 一輪」の味を再現したカップ麺です。

宮崎辛麺とは?

宮崎辛麺」とは、主に宮崎県のラーメン店で供されている辛いラーメンで、にんにくの旨みを効かせた唐辛子のたくさん入った辛いラーメンです。地元では「辛麺」と呼ばれているそうです。具にはかき卵やニラが入り、こんにゃく麺と呼ばれる弾力のある麺なのも大きな特徴です。「宮崎辛麺」は比較的新しいご当地ラーメンであり、スープ、麺、具それぞれ韓国のラーメンとよく似ていることから、元を辿ると韓国のラーメンと何かしら関係があるのかもしれませんね。

これまでカップ麺化された宮崎辛麺

それほど多くはないもののこれまでにカップ麺化もされています。おそらく最も早くカップ麺化されたのは、エースコックから2012年に発売された「ご当地探訪 宮崎でみつけた 旨辛麺」で、エースコックからはその後同じ2012年に「B級グルメ探訪 宮崎県編 旨辛麺」も出ています。2017年に入ってサンヨー食品や明星食品も「宮崎辛麺」を発売し、サンヨー食品からは「サッポロ一番 ご当地マシマシ 辛すぎて旨い 宮崎 旨辛麺」、明星食品からは「明星 チャルメラどんぶり 宮崎辛麺」が製品化されました。今回はサンヨー食品による2度目の「宮崎辛麺」のカップ麺化で、1度目の商品がたたき台になっているものと思われます。

「辛麺屋 一輪」とは

そして今回のカップ麺の元になったお店、「辛麺屋 一輪」は、東京の目黒、渋谷、池袋にある宮崎辛麺を供するお店です。宮崎に本店のあるラーメン店「宮崎辛麺 和」の流れを汲むお店のようです。宮崎では有名な「辛麺」が全国的な認知度が低いことに驚いたのが始まりで、東京から「辛麺」を世界に広げていきたいと立ち上げたお店だそうです。お店の味がカップ麺で商品化されたので、その目標に一歩近づいている感じですね。果たしてどんなカップ麺に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:サッポロ一番 東京 一輪 旨辛麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

濃厚なあさりバター!!セブンプレミアム 「わかめたくさん あさりだし塩らーめん」



「あさり」と「わかめ」が主役の「セブンプレミアム」のカップ麺新商品

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「わかめたくさん あさりだし塩らーめん」。製造は太平食品工業で、販売はサンヨー食品。2018年8月28日に新発売の「セブンプレミアム」のカップ麺です。

低価格で高品質の商品の多い「セブンプレミアム」のタテ型カップ麺ですが、今回は「わかめ」と「あさり」が主役の一杯で、どんな味なのかかなり気になります。ってか、セブンプレミアムで「あさり」を使った商品なんて、もうおいしくないわけがないというか、信頼できすぎるというか。私の信じたカップ麺を信じろって感じです。パロディの原型をとどめておらず意味不明ですがそんな感じです。カップ麺に留まらず、セブンプレミアムの商品って、何を食べてもおいしいという信頼感がありますよね。

今回の商品は、サンヨー食品関連会社の太平食品工業製造。サンヨー食品では以前に「サッポロ一番 極出汁あさり ガーリックバター風味醤油ラーメン」という、あさりを使用した商品が出ていたことがあり、今回はそれの発展形なのかなと考えましたが果たしてどうなのでしょうか。わかめが入っていないことと、しお味ではなくしょうゆ味ということを除くと、ガーリックやバターを使っていることも共通項としてあげられ、似ているような気がしています。



商品概要



品名:わかめたくさん あさりだし塩らーめん
メーカー:セブンプレミアム(サンヨー食品販売)
発売日:2018年8月28日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税込138円
取得価格:税込138円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花椒大量でシビレと香りがすごいことに!!サンヨー食品 「サッポロ一番 ビンギリ 花椒激辛タンタン麺」



東京荻窪の「勝浦タンタンメン」の名店「ビンギリ」監修のカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ビンギリ 花椒激辛タンタン麺」。2018年8月27日に発売された新商品です。東京荻窪にある勝浦タンタンメンの名店、「ビンギリ」監修によるカップ麺です。

ビンギリ」は、東京荻窪にある担々麺専門店で、看板メニューは「勝浦タンタン麺(激辛)」。今回はその看板商品の再現商品かと思われますが、「勝浦タンタンメン」は商標登録されているため使用が難しいものと思われ、今回の商品にはパッケージ、サイトの商品説明いずれにも「勝浦」もしくは「勝浦タンタンメン」の文字は書かれていませんでした。パッケージに描かれているラー油たっぷりの真っ赤なスープ、そして玉ねぎものっているため、「勝浦タンタンメン」で間違いないと思います。

勝浦タンタンメン」は千葉県勝浦市のご当地ラーメンで、カップ麺でも商品化されているのでおなじみですよね。一般的な担々麺とは異なり練りごまや芝麻醤がベースとして用いられておらず、しょうゆベースのスープに大量のラー油が入った真っ赤なスープが大きな特徴となっています。また、炒めた玉ねぎも大きな特徴です。

今回の「ビンギリ」の店主は勝浦出身だそうで、本格的な勝浦タンタンメンが期待できそうです。「花椒激辛」とのことなので、勝浦タンタンメンの現代風のアレンジといったところでしょうか。果たしてどんな一杯なのか非常に楽しみです。今週は激辛商品の発売が目白押しで胃がかなり参ってしまいそうですが、この商品にも激しい味に期待したいです。



商品概要



品名:サッポロ一番 ビンギリ 花椒激辛タンタン麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年8月27日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(あといれ特製スープ・かやく・あといれ特製調味油・特製ふりかけ)
定価:税別240円
取得価格:税込246円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二郎インスパイア店の再現カップ麺!!サンヨー食品 「サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油」



二郎インスパイア店「らーめんバリ男」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油」。2018年8月6日に発売された新商品です。東京新橋の二郎インスパイアラーメン店「らーめんバリ男」の味を再現した、名店再現系のカップ麺です。

「らーめんバリ男」は東京都心のど真ん中にある二郎インスパイアのラーメン店



らーめんバリ男」は、東京新橋にある二郎インスパイア系のラーメン店で、日本橋とハワイにも支店があります。東京都心のど真ん中に存在するお店で、二郎インスパイア系で都心に根を下ろしているお店はそう多くないと思いますが、そのうちの一軒となっています。新橋と言いつつも西新橋の内幸町や虎ノ門に近い一角にあり、話題となっていた虎ノ門ヒルズと新橋駅の中間くらいの位置にあります。私は今年2月の東京出張の際にたまたまこの店でラーメンを食べているので、今回カップ麺になったのを知って楽しみにしておりました。

私はとんこつラーメンのおいしいお店と聞いて「らーめんバリ男」に伺ったのですが、それはそれはもう二郎インスパイアそのままのお店で、太いとんこつスープと、それに勝る強力な背脂が特徴的な一杯でした。場所柄、ビジネスマンが昼食をとるにに利用されているようですが、私なんかがこの店で昼食を取ると、もう午後からの仕事はお腹がキツくて厳しくなるんじゃないかと思います。文句なくバリバリの二郎系でした。

カップ麺で二郎の味を再現するのはなかなか難しいことだと思いますが、サンヨー食品はカップ麺メーカーの中にあって、二郎系のカップ麺を比較的多く出してきた実績があります。今回の一杯の再現性は果たしてどうなのでしょうか。楽しみです。



商品概要



品名:サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 ネギ塩ダレカルビ味焼そば」



サンヨー食品のレギュラー「塩カルビ味焼そば」の派生商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ネギ塩ダレカルビ味焼そば」。2018年7月30日発売の新商品です。

スーパー等で売られるサンヨー食品のレギュラー商品「サッポロ一番 塩カルビ味焼そば」の派生商品と思われ、今回の商品には「ネギの旨味がきいた塩ダレ」が入っているとのこと。もともとの「塩カルビ味焼そば」が正直あまり塩カルビっぽいと感じたことはないのですが、こちら「ネギ塩ダレ」は果たしてどうでしょうか。焼肉屋のネギ塩カルビうまいですよね。

私はそんなに多くは焼肉屋行かないのですが、行ってもカルビはあまり食べません。というのも、脂の多い肉を食べてしまうとその後あんまり食べられなくなっちゃうんですよね。昔は好きだったんですが・・・年齢のせいかもしれませんね。赤身とかハラミとか、あんまり脂身のない、赤身の味の強い肉を好んで食べます。脂より肉の味が重要だなんて、昔は脂とタレが命だったんですけどね。



商品概要



品名:サッポロ一番 ネギ塩ダレカルビ味焼そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ調味だれ・かやく・特製だれ)
定価:税別220円
取得価格:税込228円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加