サンヨー食品の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:サンヨー食品

サンヨー食品のタグが付いた記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-11-14 カップ麺
東京府中の人気ラーメン店「麺創研 紅」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2018年11月12日発売の新商品で、東京府中にある人気の辛みそラーメン店「麺創研 紅」のメニュー「紅らーめん」を再現したカップ麺です。 「麺創研 紅」は、東京府中にあるラーメン店で、昼時には行列のできる人気店です。おとなりに「麺創研 紅 BLACK」という別業態のお店が...

記事を読む

2018-11-08 カップ麺
キムチ「ご飯がススム」の味を再現したカップ麺2種を食べ比べ!! 今回のカップ麺は、サンヨー食品から発売された2つのカップ麺、「サッポロ一番 ご飯がススム 豚キムチ味ラーメン」と「サッポロ一番 ご飯がススム キムチチゲ味ラーメン」を食べ比べてみたいと思います。ともに2018年11月5日に発売された新商品で、ピックルスコーポレーションとのタイアップによる、家庭用定番キムチ「ご飯がススム」の味をカップ麺で再現した商...

記事を読む

2018-11-03 カップ麺
カルディオリジナルノ広島式担々麺 今回のカップ麺は、カルディコーヒーファームで買える、「カルディオリジナル 広島式 汁なし担担麺」。2018年10月12日発売の商品です。製造はサンヨー食品系の太平食品工業で、カルディの運営会社であるキャメル珈琲とサンヨー食品の共同開発商品となっています。事実上サンヨー食品のカップ麺ですね。 今回はサンヨー食品によるノンフライ汁なし麺商品で、サンヨー食品はこのカテゴリで実績...

記事を読む

2018-10-31 カップ麺
東京新宿御苑の人気店「金色不如帰」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」。2018年10月30日発売のローソン限定新商品です。東京新宿御苑の人気店「SOBA HOUSE 金色不如帰」の味を再現したカップ麺です。おそらくお店のメニュー「真鯛と蛤の塩そば」の味を再現しているものと思われます。 「金色不如帰」は、蛤だしとトリュフのスープで人気のお店で、今年本店を東京幡ヶ谷...

記事を読む

2018-10-15 カップ麺
「和ラー」シリーズに新しく加わった「北海道 かにすき風」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」。2018年10月15日発売の、「和ラー」シリーズの新商品です。継続販売の「サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風」と「サッポロ一番 和ラー 三重 伊勢海老汁風」のリニューアルと共に、今回新たに「和ラー」シリーズのラインナップに加わりました。 「乃木坂46×和ラー」のキャンペー...

記事を読む

「麺創研 紅」の「乱切り麺」を再現したカップ麺!!サンヨー食品 「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」



東京府中の人気ラーメン店「麺創研 紅」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2018年11月12日発売の新商品で、東京府中にある人気の辛みそラーメン店「麺創研 紅」のメニュー「紅らーめん」を再現したカップ麺です。

麺創研 紅」は、東京府中にあるラーメン店で、昼時には行列のできる人気店です。おとなりに「麺創研 紅 BLACK」という別業態のお店があり、国分寺にも支店があります。太さや長さの違う麺が混在する自家製の「乱切り麺」を使用した激辛のみそラーメン「紅らーめん」が看板メニューです。麺には相当なこだわりがあるようで、自家製麺所を構え、製粉会社と共同開発したオリジナル配合の小麦粉を使用、さらには乱切り麺で混在させる麺は全部で7種類もの太さがあるそうで、ここまでくるともうこだわりを通り越したある種の執念のようなものを感じずにはいられません。この乱切り麺をカップ麺で再現するのは至難の業のように思えますが、どうなんでしょうか。



今回はお店のメニュー「紅らーめん」を再現しており、辛さのレベルは【3】とのこと。さすが紅だけあって、彗星のごとく3倍なわけですね。3にこだわることにかけては赤い彗星か3の倍数の人かってくらい、3といえば紅、紅といえば3。お店のラーメンには「鬼紅」という、辛さレベル【5】のメニューもあるため、ひょっとすると3倍とはいえ今回の商品はそれほど辛くはないのかもしれません。赤黒のパッケージはいかにも辛そうなんですけどね。果たしてどんな味の一杯なのでしょうか。激辛ラーメンには目がないので楽しみです。



商品概要



うっ・・・この具の少なさは・・・大丈夫なんだろうか。前回食べた「SKE48」カップ麺の具がかなり多かったので、今回はいっそう少なく見えてしまいます。その分スープや麺が頑張っているはず!!

品名:サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用キムチ「ご飯がススム」のカップ麺2種類を食べ比べてみました!!

キムチ「ご飯がススム」の味を再現したカップ麺2種を食べ比べ!!

今回のカップ麺は、サンヨー食品から発売された2つのカップ麺、「サッポロ一番 ご飯がススム 豚キムチ味ラーメン」と「サッポロ一番 ご飯がススム キムチチゲ味ラーメン」を食べ比べてみたいと思います。ともに2018年11月5日に発売された新商品で、ピックルスコーポレーションとのタイアップによる、家庭用定番キムチ「ご飯がススム」の味をカップ麺で再現した商品です。



こちらは「ご飯がススム 豚キムチ味ラーメン」。中央の緑色が目印でしょうか。



こちらは「ご飯がススム キムチチゲ味ラーメン」。こちらは紫色が目印。

どちらの商品も「ご飯がススム」の味を再現した商品なので当然といえば当然ですが、同じキムチ味で被っています。正直、2種類も出す必要あるのか?と思わなくもないですが、出すからには当然、両者まったく違う味なんだと思われます。RX-78-2とRX-78-3じゃ同じガンプラでもぜんぜん違うんだよ!というような感覚と同じ感じでしょうかね。料理としての「豚キムチ」と「キムチチゲ」はまったく違うものですが、果たしてカップ麺としても味の違いをしっかり見出だせるのか、しっかり食べ比べてみたいと思います。

ピックスルスコーポレーションの「ご飯がススム」は、ここ数年であっという間に家庭用キムチの定番商品化した大ヒット商品です。スーパーならどこ行っても売ってますよね。その特徴はなんと言っても甘くて濃い味。りんごを使った甘みが何より特徴的で、コアなキムチファンが唸る味というよりは、キムチの購買層をかなり広げた食べやすいキムチだと感じています。本格的なキムチとはまた違った魅力があるように思っています。

ご飯がススム」とサンヨー食品のタイアップは今回が2度目で、今年2018年2月に「サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て」という商品が発売されていました。今回と違いタテ型大盛タイプで、やや物足りなさはあったものの「ご飯がススム」の特徴をよく踏まえた一杯でした。今回はどうでしょうか。

商品概要



ご飯がススム 豚キムチ味ラーメン」の内容物。キムチとともに肉そぼろが入っています。肉そぼろは確かに肉ではありますが、あんまり豚キムチっぽくはない気もします。



こちらは「ご飯がススム キムチチゲ味ラーメン」の内容物。こちらもキムチの量は同じくらい入っていますが、肉そぼろではなく豆腐が入り、ちょっと鍋っぽくなっています。

品名:サッポロ一番 ご飯がススム 豚キムチ味ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込180円
取得価格:税別108円(ドン・キホーテ)

品名:サッポロ一番 ご飯がススム キムチチゲ味ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込180円
取得価格:税別108円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルディで手に入る広島式汁なし担々麺!!「カルディオリジナル 広島式 汁なし担担麺」



カルディオリジナルノ広島式担々麺

今回のカップ麺は、カルディコーヒーファームで買える、「カルディオリジナル 広島式 汁なし担担麺」。2018年10月12日発売の商品です。製造はサンヨー食品系の太平食品工業で、カルディの運営会社であるキャメル珈琲サンヨー食品の共同開発商品となっています。事実上サンヨー食品のカップ麺ですね。

今回はサンヨー食品によるノンフライ汁なし麺商品で、サンヨー食品はこのカテゴリで実績があるメーカーなので、今回の商品にも大いに期待ができそうです。反面、カルディが間に入っているからなのか、定価税込253円というのはやや高めの価格設定で、カップを持った感じちょっと軽かったこともあり、これはあんまり期待できないかもなぁなんて思ってもいます。

サンヨー食品のノンフライ広島式汁なし担々麺といえば、2017年4月発売の「サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺」と、2018年7月にローソンで発売された「キング軒 広島式汁なし担担麺」があり、どちらもしっかりシビレを効かせるとともに、本格的なノンフライ麺の食感でおいしい商品でした。今回はその流れを汲む商品なので、失敗はまずないものと思われます。定価税込253円という価格設定が許容できるかが鍵となりそうです。

話題の広島式汁なし担々麺なので、カルディに立ち寄って見かけたら「おおぉっ!」と手に取る人は多いのではないかと思います。そして価格を見てそっと棚に戻す人も多そうw 私もこんなブログをやってなければ間違いなくそっ閉じしています。このブログが背中を押せるのか、もしくはそっ閉じを推奨するのかはわかりませんが、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:カルディオリジナル 広島式 汁なし担担麺
メーカー:キャメル珈琲
発売日:2018年10月12日(金)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ特製調味だれ・あといれ特製スープ・かやく)
定価:税込253円
取得価格:税込253円(カルディコーヒーファーム)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【トリュフ香る】ローソン限定の「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」を食べてみました!【貝だし】



東京新宿御苑の人気店「金色不如帰」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」。2018年10月30日発売のローソン限定新商品です。東京新宿御苑の人気店「SOBA HOUSE 金色不如帰」の味を再現したカップ麺です。おそらくお店のメニュー「真鯛と蛤の塩そば」の味を再現しているものと思われます。

金色不如帰」は、蛤だしとトリュフのスープで人気のお店で、今年本店を東京幡ヶ谷から新宿御苑に移転し、移転先でも行列ができるお店になっているそうです。新宿御苑には私のお気に入りのお店もあって、こんな有名店が来てしまうとお客さんが取られて閉店しちゃうんじゃないかと心配していますが、まぁ東京だしおいしいもの出していれば大丈夫ですかね。

金色不如帰」のカップ麺は過去、2015年に今回と同じサンヨー食品からどんぶり型ノンフライ麺商品が2回、2017年にローソン&サンヨー食品でタテ型油揚げ麺商品が2回発売されていて、ローソン&サンヨー食品でどんぶり型ノンフライ麺商品が出るのは初めてとなります。今回のスープはしお味なので、最初に出たカップ麺「サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば」が近い味なのかなと推測しています。今回もトリュフの香る一杯のようですが、商品名でそれを強調していないところがなんとも奥ゆかしいというか、自信の現れでしょうか。果たしてどんな一杯に仕上がっているのか楽しみです。



商品概要





麺は全粒粉入りとのことですが、全粒粉の粒がみえるというよりは、全体的に褐色がかっているのが特徴です。具にぶなしめじと白髪ネギが入っているのも面白いですね。

品名:金色不如帰 濃厚貝だし塩そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年10月30日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく2袋)
定価:税込258円
取得価格:税込258円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「和ラー」の新味登場!!サンヨー食品 「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」



「和ラー」シリーズに新しく加わった「北海道 かにすき風」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」。2018年10月15日発売の、「和ラー」シリーズの新商品です。継続販売の「サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風」と「サッポロ一番 和ラー 三重 伊勢海老汁風」のリニューアルと共に、今回新たに「和ラー」シリーズのラインナップに加わりました。



乃木坂46×和ラー」のキャンペーンで、和ラーのフタについているバーコードを4枚集めて応募すると、抽選で「乃木坂46 2019春ライブ」のチケットが抽選で当たるそうです。私なんか、アイドルの顔と名前が一致していたのはモーニング娘。の初期メンバーくらいまでで、今となっては世間的に一般常識と思われるレベルの知識すら持ち合わせていませんが、決して否定的に見ているわけではなく、誰を見ても「あぁかわいいなぁ」と陳腐な感想を持って眺めています。みんなキラキラしてるなぁ若いっていいなぁみたいな。顔の区別はつかないけどとりあえずみんなかわいいなんて反応は、もう完全にオッサンそのものですよね。こんなハズじゃなかったのに。以前、通りがかりに「乃木坂46」のイベントに出くわしたことがあってちょっと覗いてみたら、まぁみんななんとかわいいこと。特にショートカットの子が輝いていたのを覚えています。もうだいぶ前の話なので今いるのかどうかはわかりませんが、オサーン的乃木坂46の思ひ出はこれくらいです。

さて今回新たに加わった「和ラー」新商品は、「北海道かにすき風」。甲殻類を鍋にする時ってみそ味だというイメージを勝手に抱いていますが、今回はしょうゆ味のとのこと。北海道に住んでいながら「かにすき」なんていうブルジョワな料理は食べたことがないのでよくわからず調べてみたところ、しょうゆ味はみそ味と並んで一般的な味のようです。ついでに、「かにすき」とはだしで味をつけたかに鍋のことで、「かにすき」と「かに鍋」を分けて供している場合は、かにすき=味付、かに鍋=ポン酢等で食べる鍋、という分け方になるそうです。すべての店で共通するわけでもなさそうなので、食べに行かれる際は鵜呑みにせずにお店に確認することをおすすめいたします。

それでは、北海道に住んでても遠くの存在である「かにすき」風の一杯。果たしてどんな味なのでしょうか。「和ラー」シリーズらしい安定感ある味に期待したいです。



商品概要



ダイス状と線状の2種類のかにかまが入っています。ダイス状が本丸のようです。やたらとキャベツがたくさん入っているのが目に付きました。結構具だくさんな印象です。

品名:サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加