サッポロ一番の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:サッポロ一番

サッポロ一番のタグが付いた記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-10-09 カップ麺
2017年発売時よりキムチが30%増量した「豚キムチ」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」。2018年10月8日発売の、「サッポロ一番みそラーメン」のアレンジ商品です。2017年10月にも同名商品が出ていましたが、今回はその当時よりキムチが30%増量しているとのことです。 「サッポロ一番 BESTレシピ」は、袋麺のサッポロ一番シリーズにアレンジを加えておいしく仕上げ...

記事を読む

2018-07-17 カップ麺
「創味シャンタン」使用の「八宝菜風」カップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 創味シャンタン 八宝菜風塩ラーメン」。2018年7月16日に発売された新商品です。スーパー等でよく見かける中華調味料「創味シャンタン」を使用したカップ麺です。「サッポロ一番 創味シャンタン かに玉風醤油ラーメン」も同時発売となっています。 「創味シャンタン」は、創味食品から出ている中華調味料の定番商品で、もともと...

記事を読む

2018-07-07 カップ麺対決食べ比べ
同時発売された「サッポロ一番」のしお系袋麺に辛味をつけたアレンジカップ麺2品 今回は、今週サンヨー食品から同時発売された、「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ」と「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ」の2品を食べてみたいと思います。ともに2018年7月2日発売の、定番袋麺「サッポロ一番」をアレンジした商品です。どちらもしお系スープに辛味をつけたカップ麺でかなりキャラが被っています。...

記事を読む

2018-06-20 カップ麺
昨年発売時よりほたて風かまぼこの厚みが増したという「ほたてバター風」 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」。2018年6月18日発売の「サッポロ一番BESTレシピ」の新商品です。昨年2017年3月にも同名商品が発売されていました。 「サッポロ一番BESTレシピ」シリーズは、サッポロ一番袋麺の味をベースにアレンジを加えた商品で、今回で6商品めとなります。ここ...

記事を読む

2018-04-22 カップ麺
北海道の「岩田醸造」が製造した「北海道醸造赤味噌」使用の商品 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン」。2018年4月16日発売で、前回レポした「サッポロ一番 千葉醸造醤油使用 帆立浜焼き風焦がし醤油味ラーメン」と同時発売の商品です。前回は「千葉醸造醤油」でしたが今回は「北海道醸造味噌」を使用しているのが強調されたパッケージとなっています。味を強調する...

記事を読む

サンヨー食品 「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」



2017年発売時よりキムチが30%増量した「豚キムチ」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」。2018年10月8日発売の、「サッポロ一番みそラーメン」のアレンジ商品です。2017年10月にも同名商品が出ていましたが、今回はその当時よりキムチが30%増量しているとのことです。

サッポロ一番 BESTレシピ」は、袋麺のサッポロ一番シリーズにアレンジを加えておいしく仕上げるレシピをカップ麺で再現したシリーズです。これまでに既に6商品が発売されており、「サッポロ一番みそラーメン」が3つ、「サッポロ一番塩ラーメン」が3つで、今回「みそラーメン」なのでひとつみそラーメンが多くなります。袋麺の代表選手は「みそラーメン」、「塩ラーメン」とともに「サッポロ一番 しょうゆ味」もあるのですが、なぜか「しょうゆ味」はこれまでレシピの再現がされていません。そろそろ来るんじゃないかといつも思っているものの、今のところ不遇です。販売数的には「みそラーメン」「塩ラーメン」「しょうゆ味」の順だと聞いたことがあるので、「しょうゆ味」は実は他2つと比べてレシピの蓄積が少ないのかもしれませんね。

今回の「豚キムチ」は、2017年10月発売時よりキムチが30%増量されているとのことですが、正直、2017年の商品ではキムチの量が少なかったので、今回の増量には期待したいところです。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



30%増量したキムチですが、こう見るとそんなに多くない印象です。もともと少ないものが30%増えたところでそれほど劇的には増えているように見えないというところでしょうか

品名:サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年10月8日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 創味シャンタン 八宝菜風塩ラーメン」



「創味シャンタン」使用の「八宝菜風」カップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 創味シャンタン 八宝菜風塩ラーメン」。2018年7月16日に発売された新商品です。スーパー等でよく見かける中華調味料「創味シャンタン」を使用したカップ麺です。「サッポロ一番 創味シャンタン かに玉風醤油ラーメン」も同時発売となっています。

創味シャンタン」は、創味食品から出ている中華調味料の定番商品で、もともとは業務用調味料として販売されていたものが、2015年から家庭用としても販売されるようになりました。もともとは業務用一本で、家庭用には創味食品が廣記商行にOEM供給して「味覇」ブランドで販売されていました。契約上のもつれから「味覇」への供給が終了し、「創味シャンタンDX」として新たに創味食品から販売されるに至りました。現在の「味覇」はアリアケジャパンから供給を受け、もともとの「味覇」の内容物だった「創味シャンタン」とライバル関係にあります。スーパーで見かける中華調味料と言えば以前は「味覇」一辺倒でしたが、今では「創味シャンタン」しか置いていないお店も結構見かけます。もちろん、「味覇」しか置いていないお店もたくさんあります。詳しいことはわからないですが、結構勢力図は拮抗しているんじゃないですかね。

以前、エースコックから「味覇」のカップ麺が出ており、今回サンヨー食品から「創味シャンタン」のカップ麺が出たことで、サンヨー食品グループは「味覇」と「創味シャンタン」の中華調味料のライバル関係にある2つをどちらも引き入れたことになります。傍から見るとこの状況は大丈夫なのかとちょっと心配になりますが、どうなんでしょうかね。

私が心配したところでおそらく問題ないんだろうし、余計なお世話なこと甚だしいので、早速食べてみたいと思います。





商品概要

品名:サッポロ一番 創味シャンタン 八宝菜風塩ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同時発売の「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛」と「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛」を食べ比べ



同時発売された「サッポロ一番」のしお系袋麺に辛味をつけたアレンジカップ麺2品

今回は、今週サンヨー食品から同時発売された、「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ」と「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ」の2品を食べてみたいと思います。ともに2018年7月2日発売の、定番袋麺「サッポロ一番」をアレンジした商品です。どちらもしお系スープに辛味をつけたカップ麺でかなりキャラが被っています。それなら一緒に食べて違いを見ていこうと思い立ちました。

写真左の商品、「サッポロ一番 塩らーめん」は定番中の定番の袋麺で、今回はその定番袋麺に青唐辛子の辛みを加えているそうです。なんか容易に味が想像できますね。おいしそう。

一方写真右が、袋麺の「サッポロ一番 塩とんこつらーめん」にコチュジャンの辛みを加えた商品。「サッポロ一番 塩とんこつらーめん」は2015年1月に発売された「サッポロ一番」袋麺の末っ子的な商品で、知名度はそれほどないですね。「サッポロ一番」袋麺の取り扱いのあるスーパーでも「塩とんこつらーめん」は売っていない場合も多いです。今回、「サッポロ一番 塩らーめん」と抱き合わせることで、実は「塩とんこつらーめん」って商品もありますよというメーカーの販促活動なのではないかとちょっと推測しています。

実はこの両者、袋麺で食べ比べてみると全然味違うんですが、それは置いておいて、しお系スープで辛味のついた商品という括りとして、メーカーの意図通り?ゴリ押しで同じ記事内で抱き合わせて書いてみたいと思います。



内容物の比較



左が「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ」で右が「サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ」。しお系スープで辛味がついているという共通項で無理矢理括りましたが、中の具や麺はまったく異なっています。具は「塩らーめん」の方がかなりボリュームがありますが、「塩らーめん」が肉そぼろなのに対し、「塩とんこつらーめん」はコストがかかりそうな細切れチャーシューを使用しています。画像からは少し見にくいですが、「塩らーめん」に比べて「塩とんこつらーめん」の麺は黄色味が強いです。

商品概要

品名:サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテ型カップ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

品名:サッポロ一番 塩とんこつらーめん 旨辛 タテ型カップ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

どちらも同じサイズで同じ価格。「塩とんこつらーめん」の方がスープにコストがかかっているため具が少ないのかもしれませんが、そのあたりは食べているだけの私にはよくわかりません。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地味に名作カップ麺だった!!サンヨー食品 「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」



昨年発売時よりほたて風かまぼこの厚みが増したという「ほたてバター風」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」。2018年6月18日発売の「サッポロ一番BESTレシピ」の新商品です。昨年2017年3月にも同名商品が発売されていました。

サッポロ一番BESTレシピ」シリーズは、サッポロ一番袋麺の味をベースにアレンジを加えた商品で、今回で6商品めとなります。ここまで「サッポロ一番みそラーメン」が3品、「サッポロ一番塩らーめん」が2品で、今回で両者並びます。「サッポロ一番 しょうゆ味」のBESTレシピがひとつもないのが少し気になりますね。袋麺でもいちばん地味な存在ではあるのですが。

今回は、昨年出ていた同名商品に比べて、ほたて風味かまぼこの厚みが増しているとのこと。もともとかまぼことしてはとても良くほたての味と食感を再現していましたが、それがパワーアップしていると思うと楽しみです。今回の「ほたてバター風」はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。





商品概要

品名:サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年6月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン」



北海道の「岩田醸造」が製造した「北海道醸造赤味噌」使用の商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン」。2018年4月16日発売で、前回レポした「サッポロ一番 千葉醸造醤油使用 帆立浜焼き風焦がし醤油味ラーメン」と同時発売の商品です。前回は「千葉醸造醤油」でしたが今回は「北海道醸造味噌」を使用しているのが強調されたパッケージとなっています。味を強調する方がわかりやすいしインパクトもある気がしますが、余計なお世話でしょうがちょっと地味ですよね。今回の商品には北海道の「岩田醸造」製造の「北海道醸造赤味噌」を使用しているとのこと。どんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年4月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加