エースコックの記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:エースコック

エースコックのタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2018-06-04 カップ麺
2016年にもセブン限定で販売されていた「味覇」使用の野菜タンメン 今回のカップ麺は、エースコックの「廣記商行監修 味覇使用 中華風野菜タンメン」。2018年6月4日発売の新商品です。「味覇」の「廣記商行」監修による商品。2016年8月に、同じエースコックからセブン限定商品として「廣記商行監修 中華風野菜タンメン 味覇味」という商品が出ていました。また、昨年7月には「廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば」というカップ焼...

記事を読む

2018-06-03 カップ麺
「食品ヒット大賞」で「優秀ヒット賞」を受賞した「焼そばモッチッチ」の新商品 今回のカップ麺は、エースコックの「五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て」。2018年6月4日発売の、「焼そばモッチッチ」シリーズの新商品です。「焼そばモッチッチ」シリーズは大ヒットして、同じく大ヒット商品だった「JANJAN」焼そばに置き換わる形で、もう言わずと知れたカップ焼そばの定番商品に成長しています。平成29年度の「第3...

記事を読む

2018-05-30 カップ麺
「レモン」に着目したその名も「シゲキング」!! 今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」。2018年5月28日発売の、「EDGE」シリーズの新商品です。「驚き」と「やりすぎ」をテーマにした「EDGE」シリーズですが、エースコックにはコンセプトの被る「MEGA」シリーズもあり、ここまで出た商品ではあまり独自性を発揮できていないように感じていました。今回は「MEGA」シリーズでは絶対やらな...

記事を読む

2018-05-26 カップ麺
「海軍割烹術参考書」を用いた「よこすか海軍カレー」のカップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「よこすか海軍カレーラーメン」。2018年5月21日発売の新商品です。「よこすか海軍カレーうどん」と同時発売です。まだ日本の家庭にカレーライスという料理が広まっていない明治時代に既に日本帝国海軍が糧食としてカレーライスをいち早く取り入れており、その海軍の横須賀鎮守府があった経緯から、日本にカレーを広めたのは横須...

記事を読む

2018-05-23 カップ麺
ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くら...

記事を読む

エースコック 「廣記商行監修 味覇使用 中華風野菜タンメン」



2016年にもセブン限定で販売されていた「味覇」使用の野菜タンメン

今回のカップ麺は、エースコックの「廣記商行監修 味覇使用 中華風野菜タンメン」。2018年6月4日発売の新商品です。「味覇」の「廣記商行」監修による商品。2016年8月に、同じエースコックからセブン限定商品として「廣記商行監修 中華風野菜タンメン 味覇味」という商品が出ていました。また、昨年7月には「廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば」というカップ焼そば商品も販売されていました。今回はセブン限定販売の時と同じ野菜タンメンで、バケツ型大盛りサイズも共通していますが、定価が税別200円から220円に値上げになっており、中身の進化が問われます。前回は「味覇」使用というインパクトで★を上乗せしましたが、今回はもう目新しさはないので手心は加えられません。中華だしの定番「味覇」を使った一杯、今回はどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:廣記商行監修 味覇使用 中華風野菜タンメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年6月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価:税別220円
取得価格:税込235円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て」



「食品ヒット大賞」で「優秀ヒット賞」を受賞した「焼そばモッチッチ」の新商品

今回のカップ麺は、エースコックの「五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て」。2018年6月4日発売の、「焼そばモッチッチ」シリーズの新商品です。「焼そばモッチッチ」シリーズは大ヒットして、同じく大ヒット商品だった「JANJAN」焼そばに置き換わる形で、もう言わずと知れたカップ焼そばの定番商品に成長しています。平成29年度の「第36回食品ヒット大賞」において、一般加工食品部門で「優秀ヒット賞」を受賞しています。カップ麺業界だと日清食品の「カレーメシ」や東洋水産の「QTTA」シリーズと同時の受賞です。日清食品や東洋水産といった常連に混じっての受賞は素晴らしいこと。今回はその「焼そばモッチッチ」から新味の「五目中華焼そば」の登場です。通算3つめの味ですね。手軽なサイズとカップ焼そばにしては低カロリーであること、そして何と言っても油揚げ麺ながらチルド麺のようなしっとり食感の「真空仕立て麺」が魅力のシリーズ、今回はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て
メーカー:エースコック
発売日:2018年6月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味たれ)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」



「レモン」に着目したその名も「シゲキング」!!

今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」。2018年5月28日発売の、「EDGE」シリーズの新商品です。「驚き」と「やりすぎ」をテーマにした「EDGE」シリーズですが、エースコックにはコンセプトの被る「MEGA」シリーズもあり、ここまで出た商品ではあまり独自性を発揮できていないように感じていました。今回は「MEGA」シリーズでは絶対やらないと思われる「レモン」に着目し、「シゲキング」と称して酸っぱいスープを作ってきました。これはなかなか面白そう。実は個人的に今週いちばん楽しみな商品でした。あっと驚く刺激的な味に期待したいですね。全然関係ないですが、「シゲキング」で検索してみると、スマホゲームの「魔界ウォーズ」に登場する「シゲキング」がたくさん出てきます。砂漠の騎将だそうです。騎将と言えば私オサーンは竜騎将バランを思い浮かべるわけですが、きっとオッサンの証拠なんでしょうね。



商品概要

品名:EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年5月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・シゲキングの素ふりかけ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【横須賀鎮守府】エースコック 「よこすか海軍カレーラーメン」【海軍割烹術参考書】



「海軍割烹術参考書」を用いた「よこすか海軍カレー」のカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「よこすか海軍カレーラーメン」。2018年5月21日発売の新商品です。「よこすか海軍カレーうどん」と同時発売です。まだ日本の家庭にカレーライスという料理が広まっていない明治時代に既に日本帝国海軍が糧食としてカレーライスをいち早く取り入れており、その海軍の横須賀鎮守府があった経緯から、日本にカレーを広めたのは横須賀だという多少ぶっ飛んだ論理のもと、横須賀市は「カレーの街」宣言をし、「よこすか海軍カレー」は今やすっかり定着したご当地カレーとなっています。今回の商品はその「よこすか海軍カレー」の定義のひとつである「海軍割烹術参考書」を用い、ラーメンにアレンジしたものとなっています。



商品概要

品名:よこすか海軍カレーラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年5月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」 (ローソン先行発売)



ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くらいにこの店の激しい行列に並んだのは鮮明に記憶しています。今回のカップ麺は鶏と魚介のWスープ。鶏と節粉の組み合わせというのは比較的珍しいんじゃないかなと思います。Wスープという言葉が最初に脚光を浴びたのはおそらく中野の「中華そば 青葉」のスープで、「青葉」も「麺屋武蔵」もラーメン界の花の「96年組」として長く一線で活躍を続けています。Wスープという言葉が既に歴史を感じるものでもあります。今回の一杯は果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺
メーカー:エースコック(ローソン先行発売)
発売日:2018年5月22日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・ふりかけ)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加