やきそば弁当の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:やきそば弁当

やきそば弁当のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2012-01-06 カップ麺
どうもオサーンです。 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん がんばれ!受験生 やきそば勉当で必勝祈願!しょうが焼味」。受験シーズンが迫った今時期の商品です。こういう商品は、受験生本人ではなく、親御さんとかが買われることが多いみたいですね。軽い気持ちで受験生に買ってあげるのはプレッシャーになるのでやめたほうがいいし、周りの人が藁にもすがる思いで買ったものなら受験生はそれを無碍にしちゃいけないとい...

記事を読む

2011-07-26 カップ麺
今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」。北海道限定発売の商品です。北海道で無類の強さを誇る東洋水産と、北海道のジャガイモを売りに商品を作るカルビーの北海道強者連合といったところでしょうか。カルビーにどういうメリットがあるかわかりませんが、北海道民からすればしっくりとくるダブルネームですね。 オススメ度(標準は3です) ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2) 麺にジャ...

記事を読む

2011-02-03 カップ麺
日本代表のアジアカップ制覇の余韻も覚めやらぬうちに、長友選手のインテル移籍というビッグニュースが飛び込んできましたね(ちょっと話題に乗り遅れましたがw)。中堅クラブでビッグクラブ叩きをする長友選手も見てみたかったですが、一段階段を飛び越えてしまった感じがします。右にマイコン左に長友って・・・我々にとっても、マイコン選手を目標にする長友選手にとっても、夢のような舞台ですねぇ。 今回のカップ麺は、東...

記事を読む

2010-07-08 カップ麺
相手攻撃を自陣で受け止めカウンターで何点も奪って優勝候補たちをなぎ倒してきたドイツが、スペインのパス回しによる中盤支配の前に点差以上の差で負けてしまいました。ほぼ一方的に攻撃していながら、守備もある程度機能的に働いていたスペインの試合運びは、おそらくは岡田ジャパンが本来目指していたサッカーだろうし、今後の日本にとってもお手本のようなものだと思います。にわかサッカーファンの私は今回のW杯を見ていて、...

記事を読む

2010-02-05 カップ麺
年々寒さに耐えられなくなってきていて、昨冬辺りから下に履くタイツを愛用しております。今冬はユニクロのヒートテックを履いていて、何となくおしゃれな感じで良いんですが、よくよく形状を見るとただの股引きなんですよね。前は股引きを履くかどうかでオッサンかそうじゃないかの線引きをしてみていたので、その基準では私は完璧オッサンということになりますが、まぁ現実、若々しいナイスガイなんですけどね(なんかむなしい)...

記事を読む

2010-01-12 カップ麺
今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 焼うどん弁当」。北海道限定発売のはずの「やきそば弁当」シリーズですが、北海道以外でも売っているところ多いみたいですね。当ブログでは大盛商品を除いて今回の焼うどんでシリーズ制覇です。 オススメ度(標準は3です) ★★★★★☆☆☆☆☆(5) かつお風味でやや甘さのあるしょうゆ味のソースは後を引くおいしさでした。鰹節ではなくかつお味のソースというところがミソですかね。...

記事を読む

2009-02-18 カップ麺
今回のカップ麺は、北海道限定発売の「やきそば弁当」シリーズから、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 塩」です。当ブログでは第6のやきそば弁当ですが、シリーズ初の大当たりとなるのかとても楽しみです。 ソースは、オイスターソースの優しい中華風の味付けで、同じ東洋水産の「俺の塩」をはじめとする他のしお焼そば製品としっかり差別化できていました。他製品に比べると味の押しが弱く、やわらかいあじになって...

記事を読む

2009-02-13 カップ麺
今回のカップ麺は、北海道限定発売の東洋水産「やきそば弁当」シリーズから、「やきそば弁当 おかか風味」。東洋水産のHPを見ると、すでに現行ラインナップにはないようですが、まだ北海道のスーパーには売っているし、食べてしまったので一応書いておきます。 ソースは、かつおダシの漂う、ノーマルのやきそば弁当よりやや甘めできつさのない味で、本物のやきそばらしい味がします。ただ、やっぱりかつおはソースに溶け...

記事を読む

2009-02-12 カップ麺
ちょいと食べた数に更新が追いついてません。というのも、私の中で空前の「勝手にカップ焼そばブーム」が訪れており、明けても暮れてもカップ焼そばばかり食べているからです。焼そば+新商品を毎日食べる生活なので、少々端折り気味に更新を急ぎます。 今回のカップ麺は、北海道限定発売の「やきそば弁当」シリーズから、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 ちょい辛」です。「やきそば弁当」シリーズは北海道限定発売にもか...

記事を読む

2009-02-10 カップ麺
今回のカップ麺は、北海道限定発売の「やきそば弁当」シリーズから、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 ガーリック醤油」です。せっかく北海道に住んでるんだから、北海道の人気商品やきそば弁当シリーズを全制覇したいと思います。っていうか、最近カップ焼そば病を発症しまして、明けても暮れてもカップ焼そばが食べたくて食べたくてしょうがなくなっています。カップ焼そばはカロリー高いからホントは避けたいんですが、残念...

記事を読む

東洋水産 「マルちゃん がんばれ!受験生 やきそば勉当で必勝祈願!しょうが焼味」



どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん がんばれ!受験生 やきそば勉当で必勝祈願!しょうが焼味」。受験シーズンが迫った今時期の商品です。こういう商品は、受験生本人ではなく、親御さんとかが買われることが多いみたいですね。軽い気持ちで受験生に買ってあげるのはプレッシャーになるのでやめたほうがいいし、周りの人が藁にもすがる思いで買ったものなら受験生はそれを無碍にしちゃいけないという、なんとも微妙な商品だと私は思っています。それに乗っかってブログの記事にしてしまう私はもっと微妙な奴だと思いますが・・・。私が受験生の時は今回の商品のような語呂あわせにイラッとした記憶がありますが、これくらい軽い気持ちで受験した方がうまくいくってことなのかもしれませんね。





ソースは、「ポークエキスをベースに爽やかな生姜の風味と甘いオニオンエキスのコクをつけた、生姜焼きをイメージしたソース」で、「DHA入り」とのこと。いや、私の舌がおかしいのかもしれませんが、しょうが焼きの味がした気がしません。確かに生姜の香りはするんですが、肉の焼けた風味とかタレの風合いは出てなかったです。結局のところ、しょうがの風味はするけどしょうが焼きとは程遠い、何の料理だかよくわからない中途半端な印象でした。

は、「丸刃で切った、細めのなめらかな麺」とのこと。ノーマルやきそば弁当より細いと思われる油揚げ麺で、コシがなく油揚げ麺特有の匂いが強いです。生姜焼きの味がよくわからなかったのはこの麺の風味が強すぎるからかもしれません。

は、「キャベツ、紅生姜」とのこと。肉なしのしょうが焼き味とはなかなか思い切ったことをしましたね。かなり貧弱な具で、一応キャベツは入っているものの、厳しいですね。定価170円の商品ですが、定価で買ってしまうと損した思いが強いかもしれません。

オススメ度(標準は3です)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1)
私はこの手の受験便乗商品は好きではありませんが、評価はそこは考慮に入れず判断しました。久々にボロクソに書いた気がします。味が値段に見合ってない上、何の味かもよくわからず、これは厳しい評価を付けざるをえませんでした。ついでに言うと、添付の「中華風のしょうがスープ」ですが、しょうが味の焼そばと一緒に食べてしまうと、しょうがの味がしてるんだかしてないんだかわかりません。焼そばとは別の機会に飲んだ方が良いと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」



今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」。北海道限定発売の商品です。北海道で無類の強さを誇る東洋水産と、北海道のジャガイモを売りに商品を作るカルビーの北海道強者連合といったところでしょうか。カルビーにどういうメリットがあるかわかりませんが、北海道民からすればしっくりとくるダブルネームですね。





オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
麺にジャガイモが練り込まれ、カルビーののりしおがトッピングに使われているということですが、それを知らずに食べたならただのり塩のかかった塩焼そばと感じると思います。ポテトチップスらしさは感じられず、カルビーの味であることもよくわかりません。塩焼そばとしてみても、それほど特徴的な味は見出せず、拍子抜けしました。話題性で一回食べればあとはいいかなという感じでですね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「やきそば弁当 たらこ味」



日本代表のアジアカップ制覇の余韻も覚めやらぬうちに、長友選手のインテル移籍というビッグニュースが飛び込んできましたね(ちょっと話題に乗り遅れましたがw)。中堅クラブでビッグクラブ叩きをする長友選手も見てみたかったですが、一段階段を飛び越えてしまった感じがします。右にマイコン左に長友って・・・我々にとっても、マイコン選手を目標にする長友選手にとっても、夢のような舞台ですねぇ。

今回のカップ麺は、東洋水産の「やきそば弁当 たらこ味」。北海道限定発売商品です。たらこの焼そばといえば、同じ東洋水産から以前に「マルちゃん 俺の塩 たらこ味」が発売されていましたが、それとの違いがどんな感じなのかも楽しみです。





ソースは、「たらこ加工品をベースに、醤油・チキンエキスで仕上げたたらこ味ソース」で、「たらこ風味が利いた別添オイル付き」とのこと。確かにたらこ風味なんですがとても弱く、オイルも含めて何を主張したいのかよくわからない味でした。前述の「俺の塩」に比べるとだいぶたらこが弱い印象です。

は、「丸刃で切った細めのなめらかな麺」とのこと。「細め」とのことですが、ソースの弱いたらこ風味を活かすにはもっと細い方がよく、麺のやわらかさがいっそうたらこを消している印象でした。ソースが弱いため、油揚げ麺特有の風味が強く前に出てしまっている感じがしました。油揚げ麺の味が好きな人にとっては気にならないかもしれませんが、私にはちょっとソースと麺のバランスが悪く感じられました。

は、ネギ、あおさふりかけ、別添の中華スープ。ソースのたらこがメインの具扱いなので、具は少ないですがそれほど気になりませんでした。ってか、ネギ入ってた?w

オススメ度(標準は3です)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1)
たらこの弱いソースと油揚げ麺特有の主張の強い麺のバランスが悪く、私には正直あまり良さが感じられませんでした。同じ東洋水産から発売されていた「俺の塩 たらこ味」はそれなりにおいしかったんですけどね。両者の大きな違いは麺にあって、より細くて硬い「俺の塩」の方がたらこの味が前に出やすかったからことが明暗を分けたと思われます。これは改良版が出て欲しいですね~。★9付けた後の★1って、帳尻合わせしてるみたいでなんだか嫌ですね(汗)もちろんそんなつもりはないです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 担担麺」



相手攻撃を自陣で受け止めカウンターで何点も奪って優勝候補たちをなぎ倒してきたドイツが、スペインのパス回しによる中盤支配の前に点差以上の差で負けてしまいました。ほぼ一方的に攻撃していながら、守備もある程度機能的に働いていたスペインの試合運びは、おそらくは岡田ジャパンが本来目指していたサッカーだろうし、今後の日本にとってもお手本のようなものだと思います。にわかサッカーファンの私は今回のW杯を見ていて、ぼんやりと強国のカウンターこそ最強の戦術だと感じていましたが、今回のスペインの試合運びを見ていると、攻撃重視とか守備重視とか、そういう二元論的なものの次元を超えているような気がしました。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 担担麺」。北海道限定商品となります。さすがやきそば弁当王国の北海道、コンビニだろうがスーパーだろうがどこに行ってもこの商品を見かけるし、そしてよく売れています。





ソースは、「味噌、醤油をベースにねりごまの風味と豆板醤、唐辛子のコクのある辛みが利いた担担麺風ピリ辛ソース」とのこと。辛さは少なく、尖った部分もほとんど感じられない、東洋水産の商品によくある万人受けを目指した感のある味でしたが、焼そばとしての体裁を崩さずその上でゴマ風味がほのかに効いていて担々麺らしさもある、やきそば弁当のバリエーションとしてありな味でした。個人的には辛さはいいからもうちょっとゴマ風味が強い方が好みでした。

は、「北海道産米粉を練りこんだ、やや焦がした風味のめん」とのこと。やきそば弁当のいつものやや細めの油揚げ麺です。「焦がした風味」というのは正直ソースにかき消されてよくわからなかったですが、普段のやきそば弁当の麺よりも少し堅めだったように思いました。もちろん、単にお湯の加減でそうなっただけかもしれませんが。

は、キャベツ、味付け挽肉、ごまふりかけ。それに戻し湯で作る中華スープが付きます(私は塩分摂取を抑えるためこの中華スープはいつも作りません)。ソースのゴマがちょっと弱い分、ふりかけのゴマは担々麺らしさを残すのに効果的でした。また、キャベツや挽肉はちょっと量が少なめでしたね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
この商品は夏季限定とのことですが、やきそば弁当のバリエーションのひとつとして常に並んでいても良い安定感みたいなものがありました。強く感じ入った部分はないものの、誰が食べてもそれなりにおいしいと思えるデキにあると思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん あんかけ風やきそば弁当」



年々寒さに耐えられなくなってきていて、昨冬辺りから下に履くタイツを愛用しております。今冬はユニクロのヒートテックを履いていて、何となくおしゃれな感じで良いんですが、よくよく形状を見るとただの股引きなんですよね。前は股引きを履くかどうかでオッサンかそうじゃないかの線引きをしてみていたので、その基準では私は完璧オッサンということになりますが、まぁ現実、若々しいナイスガイなんですけどね(なんかむなしい)。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん あんかけ風やきそば弁当」。北海道限定発売の商品です。「やきそば弁当」シリーズは北海道ではさすがの定番ブランドということで、すでに何人もの人がこの商品を買ったり食べたりしているのを目撃しました。今回はあんかけということで、一回お湯を捨ててからもう一度あんかけの素を溶かすお湯を入れるという変り種です。なんかしょっぱいなぁと思いながらも普通のカップ焼そばのようにお湯を入れずに食べてしまった人がいるとかいないとか。そんでもって2個食べる羽目になってブログを更新する日が一日遅れてしまった人がいるとかいないとか(悲)。





ソースは、「醤油をベースにポークエキス、オイスターソース、チキンエキスの旨味のあんかけの素」で、「生姜、にんにくなどの香辛料を利かせ、食べ飽きしない味に仕上げ」たとのこと。オイスターソースが香ばしく、最初の方はおいしいなぁと思いながら食べていたんですが、途中からやや味が単調に感じられるようになり、最終的には油揚げ麺の味を強く感じるようになってしまいました。出来上がったあんかけではなく、あんかけの素をお湯で溶かすというアイデアは素晴らしいと思うので、次のリニューアル時にはぜひ味の深化も欲しいです。

は、「北海道産米粉を練りこんだ、やや焦がした風味の丸麺」。北海道米粉が入っているとか焦がした風味があるとかは残念ながら私にはよくわかりませんでしたが、いつものやきそば弁当に比べて麺が太いため、私的にはやきそば弁当シリーズの欠点だと思っている麺のコシのなさがなく、しっかりとした食感がありました。この麺をいつものソースで食べるとおいしいと思うんですけどねぇ。

は、キャベツ、挽肉、キクラゲ、ニンジン。高級カップ麺のあんかけものに比べて具はかなり足りないのであまりあんかけっぽくないんですが(だから商品名があんかけ「風」なんでしょうね)、キクラゲの食感良かったです。やきそば弁当シリーズとしては頑張っている具なんじゃないかと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
味的には★3かなぁと思いますが、お湯を入れてあんかけの素を溶かすというアイデアが面白かったのでプラス評価しました。定番シリーズの異端児として今後も継続販売して欲しい商品です。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん 焼うどん弁当」



今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 焼うどん弁当」。北海道限定発売のはずの「やきそば弁当」シリーズですが、北海道以外でも売っているところ多いみたいですね。当ブログでは大盛商品を除いて今回の焼うどんでシリーズ制覇です。





オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
かつお風味でやや甘さのあるしょうゆ味のソースは後を引くおいしさでした。鰹節ではなくかつお味のソースというところがミソですかね。また、やきそば弁当の欠点(と私は思っている)である麺のふにゃふにゃ感は、この商品に関しては麺が太いので感じられず、もちもち感があって良かったです。私としては「やきそば弁当」シリーズで一番おいしかったかなと。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 塩」



今回のカップ麺は、北海道限定発売の「やきそば弁当」シリーズから、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 塩」です。当ブログでは第6のやきそば弁当ですが、シリーズ初の大当たりとなるのかとても楽しみです。





ソースは、オイスターソースの優しい中華風の味付けで、同じ東洋水産の「俺の塩」をはじめとする他のしお焼そば製品としっかり差別化できていました。他製品に比べると味の押しが弱く、やわらかいあじになっていますが、濃い味が好きな人にとっては少し物足りなく感じると思います。かくいう私もこってり党なので、ちょっと物足りなかったですね。

麺は、細い油揚げ麺で、ノーマルやきそば弁当と違い丸麺となっています。ソースのやわらかい味にあわせて麺も主張の弱い細麺となっていますが、それでもやっぱりちょっと麺の味が勝ちすぎていて、油揚げ麺特有の匂いが気になりました。油揚げ麺の場合、ソースやスープが優しすぎると、どうしても麺の味が目立ちすぎてしまいます。

具は、キャベツ、きくらげ、カニカマ、青海苔や紅ショウガの入ったふりかけ。やきそば弁当シリーズは全般的に具が物足りないのですが、今回もご多分に漏れず、特にカニカマは細すぎて何を食べているのだかよくわかりませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
中華風しお味のソースは独自性が出ていましたが、ソースの味が優しすぎるために、油揚げ麺特有の匂いが気になる一杯でした。スパイスか何かでもうちょっと油揚げ麺の匂いを消してもらいたかったですね。あとは可もなく不可もなく、値段相応といった感じでした。

品名:マルちゃん やきそば弁当 塩
メーカー:東洋水産(北海道限定発売)
発売日:2007年3月12日(月)
カロリー:580kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価:税別170円
取得価格:税込138円(マックスバリュ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 おかか風味」



今回のカップ麺は、北海道限定発売の東洋水産やきそば弁当」シリーズから、「やきそば弁当 おかか風味」。東洋水産のHPを見ると、すでに現行ラインナップにはないようですが、まだ北海道のスーパーには売っているし、食べてしまったので一応書いておきます。





ソースは、かつおダシの漂う、ノーマルのやきそば弁当よりやや甘めできつさのない味で、本物のやきそばらしい味がします。ただ、やっぱりかつおはソースに溶け込ますよりも、鰹節が上にのっている方が良いかなと思います。ふりかけの粉末にも鰹粉が入っているようですが、ちょっと物足りない印象です。

麺は、いつものやきそば弁当の麺とは違う、いつもより少し太い油揚げ麺。ソースに絡める前の色も違ったのですが、味についてはよくわかりませんでした。ノーマルやきそば弁当は麺が細すぎてソースを絡みすぎると私は思っているので、これくらい太い方が良いと思うし、お湯で戻してもコシが残るので良いですね。私はこっちの麺の方が好きです。

具は、小えび天、キャベツ、鰹粉などが入ったふりかけ。小えび天が入っているのは目新しかったですが、ありがたみを感じるにはちょっと量が少ないのと、口に入れても期待した香ばしさはあまり感じませんでした。

やきそば弁当のバリエーションのひとつとしては良いのかもしれませんが、おかか風味でありながら鰹節を使っていなかったり、ソース自体のダシのきかせ方が少し弱かったりと、同じコンセプトの商品であろうサンヨー食品の「だしがおいしいソース焼そば」と比較するとかなり貧弱に映ります。しかも今回の商品の方が定価が高いですから、もうちょっと徹底的にコンセプトを追及してもらいたかったですね。決してまずくはないんだけど、どうも満足できない一杯でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ノーマルやきそば弁当よりまろやかなソースと太めな麺が食べやすかったが、具にもソースにももっと徹底的におかかを追及してもらいたかった。

品名:マルちゃん やきそば弁当 おかか風味
メーカー:東洋水産(北海道限定発売)
カロリー:561kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価:税別170円
取得価格:税込138円(ホクノースーパー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 ちょい辛」



ちょいと食べた数に更新が追いついてません。というのも、私の中で空前の「勝手にカップ焼そばブーム」が訪れており、明けても暮れてもカップ焼そばばかり食べているからです。焼そば+新商品を毎日食べる生活なので、少々端折り気味に更新を急ぎます。

今回のカップ麺は、北海道限定発売の「やきそば弁当」シリーズから、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 ちょい辛」です。「やきそば弁当」シリーズは北海道限定発売にもかかわらず、たくさん種類が出ています。どれだけ売れるのかは知りませんが、相当売れているんでしょうねぇ。探しても探しても見つからない「イタリアン焼そば」が北海道で発売されていないのもしょうがないのかもしれませんね。ってか全国発売ってHPに書いてるのに売られてないっておかしいですよね?(スンマセン愚痴です)





ソースは、「どろソース」使用とありながらも、ノーマルのやきそば弁当に比べてきつくなくまろやかな味で、食べやすくておいしかったです。別添のブラックペッパー入りのふりかけをかけることによって、あんまり辛くないもののなかなかソースとマッチするスパイシーな味わいとなりました。ノーマル焼そば弁当にふりかけではなくスパイスを付けたくらいのものかと思っていましたが、まったく異なる味でした。ただ、ソース自体にも香辛料が入っているとのことでしたが、それはよくわからなかったですかね。

麺は、ノーマルやきそば弁当の麺と同じ細くてやや平たい油揚げ麺。私にとってノーマルやきそば弁当の嫌いなところは、きつめのソース味なのに麺が細いので、ソースびたしの麺を食べているような感じになるところでしたが、今回は麺は同じながらもソースがまろやかなので、麺とソースのマッチングはそれほど悪くないと思いました。

具は、キャベツ、肉ミンチ、ニンジン。ニンジンが入っているのは面白かったですが、なぜニンジンなのかはよくわかりませんでした。肉ミンチが程好いジャンク感を出していておいしかったです。

スパイスも良かったですが、それよりもソースのまろやかさが印象に残っていて、細い麺にマッチしてなかなかおいしかったです。こっちの方をノーマルやきそば弁当にして欲しいくらいでしたね。バリエーションとして上手に作った一杯だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スパイシーながらまろやかなソースが好印象な一杯。これならばやきそば弁当特有の細い麺でもソースの味がきつくならずにおいしかった。

品名:マルちゃん やきそば弁当 ちょい辛
メーカー:東洋水産(北海道限定発売)
発売日:2007年2月5日(月)
カロリー:570kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+コンソメスープ)
定価:税別170円
取得価格:税込99円(マックスバリュ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 ガーリック醤油」



今回のカップ麺は、北海道限定発売の「やきそば弁当」シリーズから、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 ガーリック醤油」です。せっかく北海道に住んでるんだから、北海道の人気商品やきそば弁当シリーズを全制覇したいと思います。っていうか、最近カップ焼そば病を発症しまして、明けても暮れてもカップ焼そばが食べたくて食べたくてしょうがなくなっています。カップ焼そばはカロリー高いからホントは避けたいんですが、残念ながら1日2個食べちゃったりしています。ヤヴァいですね。





ソースは、しょうゆ味の和風味で、ガーリックと唐辛子が効いています。東洋水産のサイトにはバターの香りもすると書いてあるのですが、バターはあまり感じませんでした。なんだかペペロンチーノを食べているみたいでおいしかったですが、何が足りないのかはわからないけどもうワンパンチ欲しい感じがしました。辛さかな。

麺は、ただでさえ細いノーマルのやきそば弁当よりさらに細くて丸い油揚げ麺。焼そばとしてはもう少し太い方が良いと思いますが、ソースのしょうゆ味がきつくないので、細い麺でソースをいっぱい拾っても食べやすかったです。細いので規定の3分では戻しすぎの感があり、2分くらいでお湯を捨てたほうがコシがしっかり残って良いように思います。3分ではちょっとフニャフニャになってしまいますね。

具は、肉、キャベツ、しいたけ、唐辛子、ふりかけの青海苔の紅ショウガ。しいたけ入っていたのが面白かったですが、もう少し大きくしてもらわないと存在感が薄かったです。肉は挽肉を固めたようなものなんですが、焼そばの具独特のジャンキーな味がしておいしかったです。

ガーリックしょうゆ味の焼そばは、無難においしかったですが、もうワンパンチ何か独自性が欲しかったです。激辛にすると良かったかもしれません。また、麺が細すぎてすぐフニャフニャになってしまうのはちょっといただけませんね。ただ、ある程度誰が食べてもおいしいと思える味に仕上がっていると思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ガーリックと唐辛子のほどよく効いた無難においしい味だが、もうワンパンチ欲しくなる突き抜けない味だった。麺のコシももう少し欲しいところ。

品名:マルちゃん やきそば弁当 ガーリック醤油
メーカー:東洋水産(北海道限定発売)
発売日:2008年7月21日(月)
カロリー:537kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価:税別170円
取得価格:税込138円(マックスバリュ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加