日清食品の記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

タグ:日清食品

日清食品のタグが付いた記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2017-07-25 カップ麺
「UFOビッグ極太」シリーズ第5弾はキムチマヨ 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」。「UFOビッグ極太」シリーズの第5弾商品となります。通常のUFOよりも太い麺で、そして大盛で供されるシリーズですが、UFOのあの上品なストレート麺とはちょっと違う太い麺なので、UFOと冠してはいるもののまったく別物のように思えます。しかも正統派なソースを味の中心にも据えていないので、正...

記事を読む

2017-07-21 カップ麺
今回で5回目となる夏の定番「レッドシーフードヌードル」 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル レッドシーフードヌードル」。毎年の夏の恒例商品として、今回で5回目の登場となります。今回はこの前記事にもした初登場の「汁なしシーフード」との同時発売。先輩としての貫禄を見せてもらいたいところです。前回発売時はこのブログで★6を付ける高評価な一杯でした。多少、昨年出たものとは栄養成分等に違いが見られるの...

記事を読む

2017-07-18 カップ麺
シーフードヌードルの焼そばバージョン!! 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 汁なしシーフード」。「夏ドキッ シーフード」のパッケージアイコンで発売されたカップヌードルシーフードシリーズ3品のうちの1品で、今回の汁なしシーフードは焼そばタイプの商品となります。「汁なし」という言葉はこのブログでも最近はたびたび登場していますが、今回のような焼そばタイプでも「汁なし」と書く方が売れるのでしょうか...

記事を読む

2017-07-18 カップ麺対決食べ比べ
「蒙古タンメン中本」は激辛カップ麺の定番商品 今回は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」と「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べ比べます。どちらも同じラーメン店「蒙古タンメン中本」のラーメンの再現商品で、製造はどちらも日清食品が担当。「辛旨味噌」がレギュラー商品として通年で購入できるのに対し、「北極ラーメン」は夏の時期の季節商品として7月12日にリニューアル発売されました。この激辛カッ...

記事を読む

2017-07-14 カップ麺
日清ラ王PREMIUM第3弾は人気の「台湾まぜそば」 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」。「日清ラ王PREMIUM」シリーズとしては、今までに「日清ラ王PREMIUM 海老濃厚白味噌豚骨」と「日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味」が出ていました。今回で三作目となります。おいしいんだけど高い、高いんだけどおいしいという「PREMIUM」の名の通りのシリーズで、今回は初の汁なし麺、「台湾まぜそば」です。「台湾...

記事を読む

2017-07-09 カップ麺
山頭火がアレンジするハワイのラーメン「サイミン」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「山頭火 ハワイ サイミン」。製造は日清食品です。山頭火&セブン&日清食品の組み合わせはセブンゴールドの山頭火と同じですね。今回の商品は山頭火のハワイにあるお店のメニューである「サイミン」を再現したとのことで、いわば逆輸入ってやつですね。「サイミン」とはハワイのラーメンのことで、海老でスープの味を作ることが特徴で、そ...

記事を読む

2017-07-05 カップ麺
熱帯U.F.O.は2002年に発売された商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そば熱帯U.F.O.」。7月3日発売の「日清の黒歴史トリオ」3品のうちのひとつです。タイのビーフンを使った焼そば「パッタイ」をイメージした商品です。メーカーは「2002年の発売当時、商品名から味の想像がつかずに売れなかった」としていますが、確かに当時は熱帯UFOとかタイ風甘辛屋台ソースと言われてもなんのことやらでしょうね。パッタイはタイ料理店...

記事を読む

2017-07-04 カップ麺
どん兵衛だし天茶うどんは2002年に発売された商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」。「日清の黒歴史トリオ」3品のひとつです。「2002年の発売当時、だし、天ぷら、お茶づけを組み合わせた商品コンセプトが伝わらずに売れなかった」とのことですが、確かに「天茶」が天ぷらをのせたお茶漬けというのは一般的にはわかりづらく、商品のコンセプトがボヤけた一面はあるんじゃないかと思います。また、...

記事を読む

2017-07-03 カップ麺
サマーヌードルは1995年に発売された商品 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル サマーヌードル」。「日清の黒歴史トリオ」として。過去に発売したものの思うように売れなかった商品を自虐的に復活させた商品のうちの一つになります。メーカー曰く、「1995年の発売当時、"レモングラス" がレモン味と誤解されたために売れなかった」としていますが、果たしてそうなんでしょうかね。1995年当時はトムヤムクンがまだまだ認...

記事を読む

2017-07-01 カップ麺
蒙古タンメン中本のごはんバージョン 今回のカップ麺は、いや麺じゃないですが、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 旨辛飯」。製造は日清食品。セブンプレミアムとしてセブンイレブンなどセブン&アイグループ各店で販売されている「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」をベースに、ごはんを合わせた商品です。今回は「其ノ弐」ということで、今まで販売されていたもののブラッシュアップ版ということになります。前回時は水入れてレ...

記事を読む

日清食品 「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」



「UFOビッグ極太」シリーズ第5弾はキムチマヨ

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」。「UFOビッグ極太」シリーズの第5弾商品となります。通常のUFOよりも太い麺で、そして大盛で供されるシリーズですが、UFOのあの上品なストレート麺とはちょっと違う太い麺なので、UFOと冠してはいるもののまったく別物のように思えます。しかも正統派なソースを味の中心にも据えていないので、正統派のUFOからはだいぶ外れたいわば邪道なシリーズになりますね。今回はキムチマヨということで、前回のわさびマヨといい、なんだかどんどん明星一平ちゃん化してきている気がしないでもありません。さて今回はどんな味でしょうか。



商品概要

品名:日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく2袋・ふりかけ)
定価:税別205円
取得価格:税込188円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル レッドシーフードヌードル」 (5回目 2017年)



今回で5回目となる夏の定番「レッドシーフードヌードル」

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル レッドシーフードヌードル」。毎年の夏の恒例商品として、今回で5回目の登場となります。今回はこの前記事にもした初登場の「汁なしシーフード」との同時発売。先輩としての貫禄を見せてもらいたいところです。前回発売時はこのブログで★6を付ける高評価な一杯でした。多少、昨年出たものとは栄養成分等に違いが見られるので、昨年とまったく同じものが今回も出てきたというわけではないようです。当然ながら今回も期待しています。それにしてもカップヌードルの他の味に比べて、シーフードヌードルはアレンジされる機会が多いですね。「ミルクシーフード」もそうですし、今回も「汁なしシーフード」が新たに出てきた。そして再来週には「イカ墨ブラックシーフード」なんてものまで登場します。人気の高さに加えてアレンジのしやすさって部分もあるんでしょうね。



商品概要

品名:カップヌードル レッドシーフードヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル 汁なしシーフード」



シーフードヌードルの焼そばバージョン!!

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 汁なしシーフード」。「夏ドキッ シーフード」のパッケージアイコンで発売されたカップヌードルシーフードシリーズ3品のうちの1品で、今回の汁なしシーフードは焼そばタイプの商品となります。「汁なし」という言葉はこのブログでも最近はたびたび登場していますが、今回のような焼そばタイプでも「汁なし」と書く方が売れるのでしょうか。台湾まぜそばや広島汁なし担々麺といった汁なし系のラーメンがブームになっているので、それに乗っかった形となっています。商品名はそんな感じですが、シーフードヌードルの焼そばバージョンは結構王道な味のように思えるため、むしろどうして今まで出てこなかったのか不思議なくらいに感じています。果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:カップヌードル 汁なしシーフード
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・ふりかけ)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン蒙古タンメン中本の「北極ラーメン」と「辛旨味噌」を食べ比べ



「蒙古タンメン中本」は激辛カップ麺の定番商品

今回は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」と「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べ比べます。どちらも同じラーメン店「蒙古タンメン中本」のラーメンの再現商品で、製造はどちらも日清食品が担当。「辛旨味噌」がレギュラー商品として通年で購入できるのに対し、「北極ラーメン」は夏の時期の季節商品として7月12日にリニューアル発売されました。この激辛カップ麺2種を比較していこうというのが今回の目的なんですが、「北極ラーメン」の方が辛い!はい結論!となってしまいかねない題目で、辛さだけではなくもうちょっと掘り下げた内容を書きたいなと思っています。やりたいのとやれるのとは別の話なんですけどね。

通年商品である「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」はすでにセブンのカップ麺コーナーの中にあって定番化しており、発売当初は鮮烈な激辛カップ麺として注目を集めました。ただここ数年は、季節商品である「北極ラーメン」の登場により、多少存在感は小さくなっているかなという印象。なにせ「北極ラーメン」の方が数段辛いので、インパクトが強いのは当然です。また季節商品で期間限定であるため、プレミア的な要素もあるものと思われます。そして「北極ラーメン」が季節商品として発売されて数年経ちますが、今も発売される度に話題となっています。人気のある激辛カップ麺の中でも「北極ラーメン」は最も辛い商品の一角とされており、人気実力ともに抜けた存在となっています。

一方で、実店「蒙古タンメン中本」は東京上板橋にある激辛系ラーメンのパイオニアとも言える有名店で、メディアへの露出も多いため、東京近辺に住んでいなくても知っている人は多いのではないでしょうか。そしてこのセブンのカップ麺もまた、カップ麺業界では大変メジャーな商品として、お店の知名度向上にかなり貢献しているものと思われます。実際、お店に行ったことがなくてもカップ麺は食べたことがあるという人は、私含め非常に多いはずです。カップ麺への評価は結構ばらつきがあり、お店の方が断然うまい!という人もいれば、カップ麺の方がおいしいという意見も見られます。どちらかと言うと後者の方が多く見る気がしますが、私がカップ麺寄りな立場にいるから目についてしまうのかもしれません。どちらにせよ良くも悪くもお店の一杯とカップ麺は別物ということになると思います。



上が「北極ラーメン」で下が「辛旨味噌」。ぱっと見で分かる違いは、「北極ラーメン」の赤さと「辛旨味噌」の具の豊富さでしょうか。特に豆腐が目立っていますねぇ。

商品概要

品名:蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカー:セブンプレミアム(日清食品)
発売日:2017年7月12日(水)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(極辛オイル)
定価:税込213円
取得価格:税別213円(セブンイレブン)

品名:蒙古タンメン中本 辛旨味噌
メーカー:セブンプレミアム(日清食品)
発売日:2016年6月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(辛味オイル)
定価:税込204円
取得価格:税込204円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」



日清ラ王PREMIUM第3弾は人気の「台湾まぜそば」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」。「日清ラ王PREMIUM」シリーズとしては、今までに「日清ラ王PREMIUM 海老濃厚白味噌豚骨」と「日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味」が出ていました。今回で三作目となります。おいしいんだけど高い、高いんだけどおいしいという「PREMIUM」の名の通りのシリーズで、今回は初の汁なし麺、「台湾まぜそば」です。「台湾まぜそば」の人気はすでに本家である台湾ラーメンを上回っている感がありますね。同じく人気の広島汁なし担々麺とともに、ラーメン業界に汁なし麺の一大ムーブメントになっています。カップ麺でもずいぶんとよく発売されるようになってきました。その中でも今回は価格がすごいので、当然おいしいものを期待してしまいます。果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月10日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体だれ・かやく2袋・ふりかけ)
定価:税別290円
取得価格:税込300円(イトーヨーカドー)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアム 「山頭火 ハワイ サイミン」



山頭火がアレンジするハワイのラーメン「サイミン」

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「山頭火 ハワイ サイミン」。製造は日清食品です。山頭火&セブン&日清食品の組み合わせはセブンゴールドの山頭火と同じですね。今回の商品は山頭火のハワイにあるお店のメニューである「サイミン」を再現したとのことで、いわば逆輸入ってやつですね。「サイミン」とはハワイのラーメンのことで、海老でスープの味を作ることが特徴で、その「サイミン」を山頭火流にアレンジしたのがお店のメニューであり今回の商品ということになります。山頭火といえばクリーミーなしおラーメンですが、逆輸入されてきたものは海老だしのしょうゆラーメンという、まったく違うものが返ってくるのが面白いですね。さてさて、山頭火のサイミンは果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:山頭火 ハワイ サイミン
メーカー:セブンプレミアム(日清食品)
発売日:2017年6月26日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製シュリンプオイル)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清焼そば熱帯U.F.O.」



熱帯U.F.O.は2002年に発売された商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そば熱帯U.F.O.」。7月3日発売の「日清の黒歴史トリオ」3品のうちのひとつです。タイのビーフンを使った焼そば「パッタイ」をイメージした商品です。メーカーは「2002年の発売当時、商品名から味の想像がつかずに売れなかった」としていますが、確かに当時は熱帯UFOとかタイ風甘辛屋台ソースと言われてもなんのことやらでしょうね。パッタイはタイ料理店なら定番メニューですが、今でも焼そばならタイのパッタイよりインドネシアのミーゴレンの方が私たちには馴染みがありそうですね。タイ料理が一般化した今なら売れそうな商品ですが、果たして味はどうでしょうか。



商品概要

品名:日清焼そば熱帯U.F.O.
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・かやく・調味オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」



どん兵衛だし天茶うどんは2002年に発売された商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」。「日清の黒歴史トリオ」3品のひとつです。「2002年の発売当時、だし、天ぷら、お茶づけを組み合わせた商品コンセプトが伝わらずに売れなかった」とのことですが、確かに「天茶」が天ぷらをのせたお茶漬けというのは一般的にはわかりづらく、商品のコンセプトがボヤけた一面はあるんじゃないかと思います。また、天茶が一般的ではない上に、天茶(てんちゃ)の音は「甜茶」と同じなので、混同して手を出しにくいというのもあったのかなとちょっと思いました。これが「どん兵衛天ぷら茶漬け風」だったなら普通に売れたんじゃないかと思いますがどうでしょうか。



商品概要

品名:日清のどん兵衛 だし天茶うどん
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・のり天)
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル サマーヌードル」



サマーヌードルは1995年に発売された商品

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル サマーヌードル」。「日清の黒歴史トリオ」として。過去に発売したものの思うように売れなかった商品を自虐的に復活させた商品のうちの一つになります。メーカー曰く、「1995年の発売当時、"レモングラス" がレモン味と誤解されたために売れなかった」としていますが、果たしてそうなんでしょうかね。1995年当時はトムヤムクンがまだまだ認知されていなかったどころか、エスニックな味とかパクチーとかにすごくとっつきにくいイメージがあったように思います。今は確かにトムヤムクンが広く認知されているので、当時とは違った評価になるかもしれませんね。



商品概要

品名:カップヌードル サマーヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 旨辛飯」



蒙古タンメン中本のごはんバージョン

今回のカップ麺は、いや麺じゃないですが、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 旨辛飯」。製造は日清食品。セブンプレミアムとしてセブンイレブンなどセブン&アイグループ各店で販売されている「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」をベースに、ごはんを合わせた商品です。今回は「其ノ弐」ということで、今まで販売されていたもののブラッシュアップ版ということになります。前回時は水入れてレンジでチンする商品でしたが、今回は他の日清のごはんシリーズ同様、お湯を注ぐだけの手軽なものに変わりました。カップ麺版の味も踏まえながら食べてみたいと思います。



商品概要

品名:蒙古タンメン中本 旨辛飯
メーカー:セブンプレミアム(日清食品)
発売日:2017年6月26日(月)
麺種別:-
かやく・スープ:1袋(辛旨オイル)
定価:税込257円
取得価格:税込257円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます